店舗・会社別バイトの評判

Uber Eatsのバイトのおすすめ度は何%?楽?きつい?評判を徹底解説!

Uber Eats(ウーバーイーツ)を知っていますか?

Uber Eatsとは最近話題の飲食デリバリーサービスで、レストランなどから個人宅に美味しいメニューを届けてくれます。そんなUber Eatsですが、実は配達員のバイトがとてもやりやすい、稼げるとのことでさらに話題を呼んでいます。

そこで今回は、Uber Eatsのバイトについて内容を詳しくご紹介していきたいと思います!

※ なおアルバイトを探すならマッハバイトがおすすめ。マッハバイトなら採用時に最大1万円が受け取れます。

また、アルバイトに応募するなら3件の応募をしましょう。無理のない面接スケジュールで、安心してアルバイトを始められます。

>>祝い金をすぐに貰えるのはマッハバイト。最短1日で受け取れます。

Uber Eatsのバイトはぶっちゃけきつい?楽?やりがいやおすすめのポイントとは?

Uber Eatsのバイトは実際どんな感じなんでしょうか?Uber Eats自体がそもそも新しいタイプのサービスなので、バイトについてのイメージも全くわかない…という人も非常に多いでしょう。

ここでは、Uber Eatsのバイトのおすすめポイントから大変な点まで解説していきたいと思いますので、ぜひまずはUber Eatsのバイトについてイメージを固めてみてくださいね。

Uber Eatsのバイトのおすすめポイントは自由なときにバイトができるところ!

Uber Eatsのバイトで一番のおすすめポイントは、自由なときにバイトができるところにあります。

Uber Eatsの働き方には非常に特徴があるんです。

どういうことかと言うと、Uber Eatsは配達エリアでアプリを開き、自由なときに自分で配達の仕事を取りに行くというスタイルを取っているからです。つまり、自分の都合に合わせて働きたいときにバイトができるというわけです。

Uber Eatsのバイトを利用して、まるでフリーランスのようにバイトをして稼いでいる人、学業や他のバイトの傍らでお小遣い稼ぎをしている人などはとてもたくさんいるものなんです。

ある程度体力がいるのはUber Eatsのバイトのきついところ

Uber Eatsのバイトは、飲食デリバリーの配達員です。交通手段はバイクや自転車などが挙げられますが、どちらもある程度は体力がいる仕事です。

特に自転車は自分の足でとにかく移動することになるので、疲れを感じる部分は大きいです。

Uber Eatsのバイトを一日やってがっつり稼ごうと思えば、一日中動きっぱなしになりますので、体力に自信の無い人はまず短時間のお小遣い稼ぎから始めるのが良いかもしれませんね。

Uber Eatsのバイトの楽なポイントは自分のペースで仕事を進められるところ!

Uber Eatsのバイトは、しっかりと時間を守ることさえできれば、自分のペースで仕事を進めることも可能です。ちょっと疲れたからコンビニに寄ろう、というのも、普通のバイトではなかなかできないですよね。

もちろん配達をほっぽり出してずっとのんびりしているのはいけませんが、最低限守るべきことを守っていれば、自分のペースでゆったりと仕事をしていくこともできてしまうんです。

上司に管理されているわずらわしさもありません。

頑張った分だけ稼げるのがやりがいにつながる!

Uber Eatsのバイトは、自分で自由な時間に配達の仕事を取ってバイトをしていくスタイルになりますので、自分自身の頑張り次第では一日だけでかなりの額を稼げてしまうこともあるんです。

実際、Uber Eatsのバイトで効率よく稼いで生計を立てている人もいます。頑張りがそのまま給料に反映されるって嬉しいですよね。しかもその給料は週払いなので、すぐに受け取れて、モチベーションアップにも繋がりやすくなります。

Uber Eatsのバイトの仕事内容とは?苦労するポイントと慣れるまでの時間を解説!

では、実際にUber Eatsのバイトではどんなことをするものなんでしょうか?

なかなかイメージのしづらい新しい働き方・Uber Eatsですが、仕事自体はいたって簡単です。

自由なペースで稼ぐことに興味がある人は、ぜひその一風変わった仕事内容や仕事の流れをチェックしてみてくださいね!

主な仕事内容はデリバリー!

Uber Eatsのバイトは、レストランなどの飲食店からメニューをお客様宅へデリバリーすることです。

いわゆる宅配ピザなどのデリバリースタッフと似ていますが、違うのは仕事を承る流れです。

仕事は専用のアプリからチェックし、自分のできそうな仕事をどんどん受注していきます。そしてお店に行き、料理を預かったら、お客様宅に向かうという流れですね。

そして配達が終われば、また次の仕事をアプリで見つけて、配達する…この繰り返しです。

もちろん、1件の配達だけで終わりにしたいのならそれも自由です。とっても自由で面白い働き方ですよね。

効率よく稼ぐのには苦労するかも…でも1週間もあればすぐ慣れるよ!

Uber Eatsのバイトで効率よく稼いでいくのには、最初苦労することもあるかもしれません。

多くのことが「自由」である働き方ですから、無駄なくお金を稼いでいくのには、自分自身もしっかりと稼いでいくという意識を高めなければいけません。

自由とはいっても、のんびりとやっているだけでは何件ものデリバリーをこなすことはできませんからね。

ですが、1週間もすれば慣れてきて、どうすれば早く効率的に配達ができるのかということが分かってくるものです。

自分の配達するエリアもある程度は限定されるはずですから、まずは道を覚えたり、効率よく配達するノウハウを編み出しつつ頑張ってみてくださいね!

Uber Eatsのバイトは実際のところ稼げる?稼げない?平均時給は1000円が相場!

Uber Eatsのバイトの時給は1000円ほどが平均となります。しかしこれはあくまで時給換算したときの相場です。

Uber Eatsは配達1件につき〇〇円と設定されています。1日8時間~10時間くらい頑張って配達をしたとすると、目安として稼げるのは自転車の配達で10000円ほどだと言われています。

つまり、これを時給換算して、大体1000円ほどというわけです。

時給を上げるためにはどうしたらいい?ポイントは効率よく配達すること!

Uber Eatsのバイトは自分がどれだけ多くの配達をしたかによって給料が変わってきます。

稼いだ給料を上げていくためには、やはり効率よく配達をして、件数を増やすのが一番です。ちなみに件数によるインセンティブもあるので、たくさん配達をすればするほど稼げるのは確かです。

ぜひ交通事故には気をつけつつ、たくさん配達件数を稼げるよう頑張りたいところですね!

Uber Eatsのバイトの一日をご紹介!

では、ここでUber Eatsのバイトの一日を見てみましょう。

  • 12:00 配達をしたいエリアに行く
  • 12:10 アプリを起動して、お店からの配達依頼を確認
  • 12:30 お店に行って料理を受け取る
  • 13:15 お客様宅到着、配達完了、その後はしばらく休憩
  • 16:00 別のお店からの依頼を受け取る
  • 17:00 お店に行って料理を受け取る
  • 17:30 お客様宅へ到着、配達完了

 

このように、Uber Eatsのバイトは、始めるのも終わるのも、休憩するのも本当に自由です。

がっつり稼ぎたい人も、お小遣い稼ぎがしたい人も、自由にペースを調整して仕事ができるので、とても面白い働き方ですよね。

Uber Eatsのバイトの面接は突破しやすい?合格率向上の秘訣はこれだ!

Uber Eatsのバイトでは、基本的に面接らしい面接はありません。

説明会に申し込んで、配達専用のバッグを受け取れば、すぐにでもUber Eatsの配達員としてバイトができてしまいます。

とても気軽に始められるので、バイトの面接が苦手という人でも安心ですね。

もちろん、説明会に行ったからといって必ずUber Eatsのバイトを始めなければいけないわけではありませんので、少しでも興味があるなら参加しておいた方が絶対に得ですね!

自分のペースで働きたいならおすすめ度は90%以上!

Uber Eatsのバイトは、自分のペースで自由に働きたい人には非常におすすめのバイトです。時間やノルマに縛られず、自由に仕事を進めていけるっていいですよね。

自分でペースをコントロールすることができれば、バイトをしながらでも自由時間が取れてしまいますし、趣味や学業、他のバイトなどともうまく両立していくことができるでしょう。

ぜひUber Eatsで、他のバイトとは違った新しい働き方を見つけてみてはいかがでしょうか?

※ なおアルバイトを探すならマッハバイトがおすすめ。マッハバイトなら採用時に最大1万円が受け取れます。

また、アルバイトに応募するなら3件の応募をしましょう。無理のない面接スケジュールで、安心してアルバイトを始められます。

>>祝い金をすぐに貰えるのはマッハバイト。最短1日で受け取れます。

RELATED POST