店舗・会社別バイトの評判

びっくりドンキーバイトのおすすめ度は何%?楽?きつい?評判を徹底解説!

ハンバーグレストランとして全国に店舗を展開しているびっくりドンキー。木製の大きなお皿にハンバーグ、サラダ、ライスを盛り付けた、看板メニューのハンバーグディッシュをはじめ、人気メニューが数多く存在します。

びっくりドンキーでは各店舗でアルバイトを随時募集しているので気になっている方もいるのではないでしょうか。

今回はびっくりドンキーでバイトをするとしたらどれぐらいおすすめか、楽な部分やきついポイント、評判についてまとめたので徹底解説していきます!気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

びっくりドンキーバイトはぶっちゃけきつい?楽?やりがいやおすすめのポイントとは?

びっくりドンキーのバイトといえばウエスタン風の制服を着て働ける、ランチ・ディナーの時間帯は忙しそう、などといったイメージがあります。

実際に働くとなるとどういう所が楽なのか、あるいは大変なのかは気になりますよね。

ここからはびっくりドンキーのバイトで楽なところやきついところについて、やりがいやおすすめポイントと合わせてご紹介します!

びっくりドンキーバイトのおすすめポイントは店内のメニューを割引価格で食べられること!

びっくりドンキーバイトのおすすめポイントは、店内のメニューを割引価格で食べられることです。

びっくりドンキーでは従業員割引制度があり、スタッフ向けに毎月配布される割引券を使って、店内のメニューを30%オフで食べることができます。

熱々ジューシーなハンバーグや大容量のドリンク、パフェなどのデザートも全てお得に食べられるので、びっくりドンキーが好きな人や食費を節約したい人にとっては魅力的なポイントです。

休日やランチ・ディナータイムが忙しいのはびっくりドンキーバイトのきついところ

土日祝日、ランチ・ディナータイムは特に多くのお客様が来店されるため、びっくりドンキーは非常に忙しくなります。

各テーブルから次々にオーダーが入るので、一つ一つ正確に内容を確認しながらテキパキと食事を提供する必要があります。

びっくりドンキーでは同じハンバーグでもディッシュとステーキで付け合わせやセット内容が異なるため、聞き間違えてオーダーを通すとクレームに繋がってしまいます。慣れないうちはこの忙しさが特に大変と感じます。

びっくりドンキーバイトの楽なポイントはシフトの融通が利くこと!

びっくりドンキーのスタッフはシフト制で勤務していて、シフトは1週間単位で決められています。

多くの店舗において最低勤務時間・日数が1日2時間、週2日からと少なめに設定されているため学業やプライベートとも両立しやすく、空いた時間に少しだけバイトをするということも可能です。

急な予定が入った場合も柔軟に対応してもらえることが多いので、びっくりドンキーで働くのが楽だと感じている人は多いです。

お客様への対応力を身につけられることがやりがいにつながる!

びっくりドンキーには日々たくさんのお客様が来店されます。店内は広いのでホールスタッフの場合、店内全体を常に見渡しながら料理の配膳などを行う必要があります。

常連のお客様も多く、それぞれのお客様に合った対応をするためのコミュニケーション力や対応力を身につけられるのがやりがいにつながります。

またバイトを通じて基本的な接客マナーを学ぶこともでき、バイト以外の様々なシチュエーションで活かすことができます。

びっくりドンキーのバイトの仕事内容とは?苦労するポイントと慣れるまでの時間を解説!

びっくりドンキーのバイトと聞くと、アナタはどんな仕事を思い浮かべますか?お客様の接客や配膳?ハンバーグの調理?

いずれもびっくりドンキーで行う仕事の一つですが、びっくりドンキーでバイトがする仕事は他にもたくさんあります。ここではびっくりドンキーのバイトが実際にする仕事の内容についてご紹介します。

主な仕事内容は職種によって異なる!

びっくりドンキーのアルバイトはホールスタッフとキッチンスタッフの2つに分かれています。ホールスタッフがする主な仕事内容は以下のとおりです。

  • お客様からオーダーを取る
  • 料理、ドリンクの配膳
  • お客様が食べ終えた食器類を下げる
  • レジ打ち
  • ドリンクの調理補助

キッチンスタッフの主な仕事内容は以下の通りです。

  • 食器やコップの洗浄(ウォッシャー)
  • ハンバーグの調理補助(グリドル)
  • サイドメニューの調理補助
  • 料理の盛り付け
  • キッチン内の清掃

びっくりドンキーには未経験の状態からバイトスタートした人も多いです。先輩スタッフの人たちが丁寧に教えてくれる制度が整っているのでバイトデビューもしやすいですよ!

メニューを覚えるのは苦労するかも…でも3週間もあればすぐ慣れるよ!

びっくりドンキーではディッシュやサラダをはじめ、パフェやドリンクなど様々なメニューを提供しています。

例えば同じハンバーグでもディッシュとステーキの2種類があり、付け合わせが異なっています。実際にバイトするとなるとこれら一つ一つのメニューや内容を覚えるのが大変かもしれません。

ですが3週間ほど仕事を続けていると慣れてきて、全てのメニューをきちんと覚えられるようになりますよ!

びっくりドンキーのバイトは実際のところ稼げる?稼げない?平均時給は1000円が相場!

実際に働くとなると、びっくりドンキーのバイトはどれぐらい稼げるのか気になりますよね。

店舗によって多少差はありますが、東京都内だとびっくりドンキーバイトの平均時給は1000円前後です。特にお客様が多い都心の店舗だと1100円スタートで募集していることもあります。

高校生や大学生など若いスタッフも多いのでスタッフ同士も仲が良く、従業員割引制度でメニューを安く食べられるなどメリットも多いので長く続ける人もたくさんいます!

時給を上げるためにはどうしたらいい?ポイントは長く働くこと!

未経験の人がびっくりドンキーでバイトを始める際、ホールスタッフはお客様の接客から、キッチンスタッフは皿洗いからスタートします。

びっくりドンキーには昇給制度があって時給は随時見直されるため、長く勤めて一通りの仕事ができるようになれば昇給につながります。

深夜の時間帯も営業している店舗が多く、22時以降は時給が25%アップするためより多く稼ぎたい人は深夜のシフトに入るのがおすすめです!

びっくりドンキーバイトの一日をご紹介!

ここでは実際にびっくりドンキーでホールスタッフとしてバイトをしている人の、ある一日のスケジュールをご紹介します!

  • 9:30 出勤。店内の清掃をします。
  • 10:00 お店の開店時間です。お客様が来られたらオーダーを受け、キッチンスタッフへ通します。
  • 12:00 ランチタイムで多くのお客様が来られます。各テーブルのオーダーを受けつつ、料理の配膳をします。お客様が食べ終えた後の食器があれば順次下げていきます。合間にドリンクを注ぐなどの補助もします。
  • 13:00 食事を終えられたお客様が順次お帰りになられます。レジが混み合うため、一人ひとりテキパキとレジ業務をこなしていきます。
  • 14:00 休憩。スタッフ向けに配布される割引券を使ってハンバーグディッシュを食べます。
  • 15:00 客足が落ち着く時間帯です。お客様の対応をしつつ、テーブルや店内の清掃をします。
  • 16:00 勤務終了。

これはあくまでも一例で、シフトに入る時間帯や忙しさによってスケジュールは変わってきます。

びっくりドンキーバイトの面接は突破しやすい?合格率向上の秘訣はこれだ!

びっくりドンキーの飲食店のため、スタッフの衛生管理は厳しいです。面接前には爪をカットしておき、髪を束ねておくなど身だしなみを整えましょう。

びっくりドンキーは比較的シフトの融通が利きやすいのがメリットですが、土日祝日やランチ・ディナータイムなど忙しい時間帯に勤務できる人は採用されやすくなります。

まとめ ハンバーグが好きならおすすめ度は90%以上!

ハンバーグが好きな人なら、びっくりドンキーでバイトをするのは特におすすめです。

びっくりドンキーには従業員割引制度があるため、スタッフはハンバーグやドリンク、デザートなど店内のメニューを30%引きで食べることができます。

シフトも1週間単位で申請できて短時間の勤務も可能なので学生スタッフも多く、プライベートとも両立しやすいです。気になる方はぜひびっくりドンキーのバイトに応募してみてはいかがでしょうか。

※ なおアルバイトを探すならマッハバイトがおすすめ。マッハバイトなら採用時に最大1万円が受け取れます。

また、アルバイトに応募するなら3件の応募をしましょう。無理のない面接スケジュールで、安心してアルバイトを始められます。

>>祝い金をすぐに貰えるのはマッハバイト。最短1日で受け取れます。

RELATED POST