バイトの手引き

やっぱり染めたい!髪色が自由なバイトの豆知識に迫る

街を歩いていると、「やっぱり茶髪が落ち着くよね」、「黒髪は垢抜けない感じがしてイヤ」そんな声がちらほらと聞こえてくることがあります。

しかし、そんな皆さんは髪色を染めても良いバイトをしているのでしょうか?それとも染めてもダメなのにもかかわらず染めているのですか?それともバイトをしていないのでしょうか…?

まぁ、色々なケースが考えられると思うのですが、今回は「バイトもしたいけど、髪も染めたい!」という方のためにどんなバイトなら髪を染めても良いのかということなどについて様々な豆知識をご紹介していこうと思います!どうぞご覧ください!

※ なおアルバイトを探すならマッハバイトがおすすめ。マッハバイトなら採用時に最大1万円が受け取れます。

また、アルバイトに応募するなら3件の応募をしましょう。無理のない面接スケジュールで、安心してアルバイトを始められます。

>>祝い金をすぐに貰えるのはマッハバイト。最短1日で受け取れます。

髪を染めちゃダメな理由は企業イメージと合わないから

大前提として髪を染めてはいけない理由についてちゃんと考えたことはありますでしょうか?「チャラく見えるから」、「飲食店だと不潔に見える気がするから」というのが大方の予想かとは思いますが、これをもう少し難しく言うと「企業イメージと合わないから」というのが答えになるでしょう。

話のレベルとしては個人の問題ではなく、企業レベルになるわけですね。もっとわかりやすい話をすると、老舗旅館で茶髪の中居さんが出てきたらどう思いますか?「いやいやこの場の雰囲気と合わないでしょ!」と、思わずこうしたツッコミをしたくなるのではないでしょうか?

つまり髪を染めて良いバイトかダメなバイトかを判断する際には、そのバイト先が世間からどのようなイメージを持たれているのかを考える必要があるということになります!

心配なし!接客のないバイトは髪を染めてもOK

基本的には「接客のないバイトは髪を染めてもOK」と考えても良いでしょう!接客がないということは髪色を見られることもないわけで、赤色でも青色でも紫色でもほぼ問題ないでしょう。

こうした接客のないバイトにも色々ありますが、交通量調査のバイト、運送会社でのバイト、工場等での流れ作業のバイトなどが良い例ですね。

ただ、採用担当者によっては「もう少し暗くしてくれないかな?」とお願いされる可能性もあるかもしれませんね…。これは正直当たり外れが激しい部分ではあります。

大定番!髪を染めても良い接客バイトは居酒屋

接客のあるorなしが髪を染めても良いかどうかの分かれ目になることは前項でお話させていただきました。しかし、接客があるとはいっても居酒屋バイトなら特別注意されることは少ないでしょう。その理由は早い話、「居酒屋でお客さんが重視しているのは接客ではないから」です。

それに居酒屋バイトは髪を染めたい盛りの若い学生などが多く働いていますし、そうした学生をバイトとして確保するためには、「茶髪はダメ!」、「金髪は染め直してこい」なんて言えないわけですよ…!

もちろんこの居酒屋が高級料亭的なものになってくると話は別かもしれませんけどね…。皆さんがよくイメージするタイプの居酒屋であれば、大抵は染めても問題ないでしょう。

あの問題で起きるかもしれない変化!生まれつき茶髪は要相談

以前ある高校で生まれつき茶髪であるのにもかかわらず、学校側が黒染めを強要したという問題が大きな騒動になりましたね…。このように生まれつき髪色が黒髪でない場合、バイトをする際にはどのような影響があるのか考えてみたことがあるでしょうか?

結論から言えば、「バイト先・採用担当者にあらかじめ説明しておくことで雇ってくれる可能性が高まる」というのが答えになります。上記の一件以来、こうした問題はかなりデリケートになってきており、生まれつき持っているその人の特性を安易に否定することは難しくなってきているようですね。

しかし、バイト先・採用担当者によっては「やはりうちとはイメージが合わない」と言い、採用を断られてしまう可能性がゼロであるとも言い切れません。まだまだ今の日本では「髪の色が黒ではないこと」「髪を染めて働くということ」に対して悪いイメージを持つ方が多いようです…。

バイトの時だけヘアカラースプレーでごまかそう

「バイト先からなんと言われても染めたい!」、「待ちに待った彼氏とのデートで黒髪は嫌だ!」っていう方多いと思うんですよ…!もちろんあなたは黒髪のままでも可愛いと思うんです、十分に…。

でもやっぱり髪を染めてオシャレがしたいという気持ちもよくわかる…!そんな方は「1日限定で染められるヘアカラースプレー」を使用することをおすすめしますよ!ヘアカラースプレーはその名前の通り髪を染められるスプレーで、シャンプーをすれば簡単に色を落とせるのが特徴です。

これを使えば「普段は茶髪、バイトの時だけ黒髪!」ということが可能になりますね!ただ、バイトのシフトが多い方の場合だと、その分髪が傷みやすくなってしまう点には注意が必要です…。そのため、短期バイトをしている方にこそおすすめの方法かもしれませんね!

客観的な観察と一応の相談で髪色問題をクリアしよう!

今回、「企業イメージによりけり」、「接客があるかどうかがポイント」、「居酒屋バイトは人材確保のためにも髪染めOK」といったように、髪色とバイトに関する豆知識や問題を複数ご紹介させていただきました!

こうした髪色に関する問題は、あなた自身が客観的な立場で、「自分がやろうとしているバイトは世間から見てどんなイメージを持たれているのか」を考えたり、「あらかじめ相談」をしたりすることによってクリアされる可能性が高くなります。

また、バイト先からNGが出されても「ヘアカラースプレーでバイトの時だけごまかす」というのも対策の1つではありますが、髪が痛む可能性がある点には注意しましょうね!

今回の豆知識を活かして、皆さんが楽しく働けることを応援しています!

※ なおアルバイトを探すならマッハバイトがおすすめ。マッハバイトなら採用時に最大1万円が受け取れます。

また、アルバイトに応募するなら3件の応募をしましょう。無理のない面接スケジュールで、安心してアルバイトを始められます。

>>祝い金をすぐに貰えるのはマッハバイト。最短1日で受け取れます。

RELATED POST