バイトの手引き

掛け持ちバイトうまくこなして上手に稼ぐためのポイントを学ぼう!

1つのアルバイト先でお金を稼ごうと思っても、思うようにシフトを増やせなかったり、時給が安いからお金も貯まらないことってあるんですよね!そんな時は、掛け持ちでバイトして時間を効率的に使ってお金を増やしたり、様々な経験を積むことができるんです。

そんなメリットのある掛け持ちバイトは魅力的ですが、体力的な面や稼ぎすぎによる税金の面等、デメリットもあるんですよ。メリット・デメリットを考慮しながら、1つのバイトだけにするか掛け持ちにするかをしっかりと考えていきましょうね!

※ なおアルバイトを探すならマッハバイトがおすすめ。マッハバイトなら採用時に最大1万円が受け取れます。

また、アルバイトに応募するなら3件の応募をしましょう。無理のない面接スケジュールで、安心してアルバイトを始められます。

>>祝い金をすぐに貰えるのはマッハバイト。最短1日で受け取れます。

掛け持ちバイトのメリット・デメリットって何?

まずは、掛け持ちバイトのメリット・デメリットについて詳しく説明していきますね。掛け持ちバイトは、ダブルで収入が入ってくるので単純にテンションが上がりますよね!ダブル収入によってただテンションが上がるだけでなく、その他のメリットも生まれるんです!

メリット・デメリットを充分に把握すると、バイトに対するやる気や選択も変わってくるかもしれませんので、自分は掛け持ちでバイトをやっていけるかどうかじっくり考えていきましょうね!

様々なスキルが身に付きダブル収入による様々なメリット!

掛け持ちでバイトを行うことによるメリットはたくさんありますよ。まずは一つのバイトだけでは得られない様々なスキルアップの効果が期待できるし、自分自身の経験値も高めてくれますよね。

そして、2つのバイト先からダブル収入を得ることにより、一つのバイト先だけに収入を頼ることがなくなるため、例えば一つのバイト先の会社の業績悪化した影響で勤務シフトが減らされてバイト代が減ってしまったとしても、もう一方のバイト先のシフトを増やすことによって収入をカバーすることができるようになるんですよ!

いわゆる収入の保険的な役割を果たすことによって、「片方のバイトがダメになってももう一方のバイトで頑張ればいいや」という気持ちの余裕も生まれるんですね!

覚えることが2倍!精神的にも体力的にもきついデメリット!

掛け持ちバイトのデメリットについて挙げられるのは、やはり体調管理ですね!

バイトの数が増えることにより、覚えることは2倍に増え、労働時間が長くなるため、精神的にも肉体的にも負担が増えますよね?そのため、体調も崩しやすくなったり、無理をして病院に行く時間が取れず体調不良の時期が長引くということもあるかもしれません。しっかりとした体調管理ができることが、掛け持ちバイトを継続するための条件になりますね!

また、こうしたデメリットを解消する対策として、メインのバイトの他に掛け持ちするサブのバイトをできるだけ体の負担にならないような楽なバイトにしたり、時間に余裕を持てるシフトにしていくことが重要になってきますよね!

高校生・大学生向けでおすすめの掛け持ちに向いているバイトって何?

高校生や大学生向けの掛け持ちバイトに適したバイトを紹介していきますね。掛け持ちに向いているバイトのポイントとしては、シフト調整がしやすいことと、体力の消耗が少ないということの2点ですね。自分の性格によってもバイトの向き不向きはありますので、具体的にバイトの仕事内容をイメージしてみて、やれるかどうか判断していきましょう!

また、せっかく掛け持ちでバイトをするんですから、嫌々我慢してするバイトを選択せずに、バイトの中に楽しみが見つけられるものを選ぶことがベストですね。

授業シフトが空いた時に掛け持ちバイトが可能な塾講師バイト!

塾講師バイトは、その名の通り塾の講義を受け持つことが仕事内容になりますね。受験で培った知識や勉強方法を、バイトに活かすことが出来るので、大学生から圧倒的な支持を得ている人気のバイトの一つです!高校生のバイトも受け付けているバイト先もあるようですよ!

独自の勉強方法も必要ですが、最新の受験事情や勉強の方向性等の情報収集をする必要がありますし、生徒に教えることが仕事なので、講師もある程度の予習復習は必要になってきますよね。授業は基本的にコマ単位で行われていて時間がはっきりと分かれるので、掛け持ちバイトがしやすいポイントになっていますね。

塾によっては専任の科目を持つので、掛け持ちバイトをしている人は自分の授業がない時に掛け持ちバイトのシフトを入れているようですね。また人数の多い科目では授業のシフトにあまり入れないこともあるようなので、掛け持ちでバイトしなければ塾講師だけのバイト代では厳しいという人もいるようですね。

デスクワークで体力は温存できるコールセンターバイト!

コールセンターバイトは、インバウンド(電話を受信するだけ)とアウトバウンド(電話を発信するだけ)が仕事内容になりますね。

デスクワークは精神的な疲労は溜まりますが、体力は温存できますので、掛け持ちバイトに適しているんです。

コールセンターバイトは高時給な上、週一からでも働ける所が多く掛け持ちを希望する方に人気がありますよ。最初のうちは電話を受信するだけのインバウンドの仕事がほとんどですが、経験を積み時給が高くなればなるほどアウトバウンド中心の仕事になるようです。電話応対は、間違いなくコミュニケーション能力が身につきますよね!

電話営業は自信が無かったり、クレームが怖い場合は、インバウンドのコールセンターを選ぶと働きやすいでしょう。掛け持ちバイトとして注意すべき点は、他のバイトに支障が出ないようにノルマがないタイプのテレアポを選ぶことですね。

慣れれば楽にこなせるレジ打ちや品出し等のスーパーバイト!

スーパーバイトは、レジ打ちや商品の品だし等が仕事内容になりますね。レジ打ちは、最初こそ戸惑うことはあるかもしれませんが、慣れてくればうまくこなせる業務ですよね。そして、スーパーの品出しは、品物を売場の商品棚に置いていき、賞味期限が切れている商品を下げ、期限が近くなっている商品は、割引シールを貼っていきます。

一通り商品の品出しと割引が終わったら、今度は発注をして、発注が終わったら、売り場を整えていきます。そして減っている商品があれば奥の商品を一番前に出し補充をして、きれいな売場にしていくという流れの繰り返しになります。

商品の発注は、社員が行いバイトに任されることはないため、特別なスキルがいらない品出しは、手順さえ覚えれば初心者でも楽にこなすことができます。スーパーバイトは、力仕事もなく体力の消耗も少ない仕事なので、掛け持ちしてバイトを行うには、ちょうどよいバイトですね!

稼ぎすぎると確定申告が必要!「103万円の壁」って何?

年間所得が103万円以上あると確定申告が必要になるってご存知でしたか?年間所得が103万円を超えると、親の扶養から外れたり、所得は増えても自分で保険料を納めたり、税金を払う義務がでてきてしまうんです!

また、平成28年1月からマイナンバー制度が導入され、誰がどこからいくらの収入を得たかがすべて税務署に把握されることになりダブルワークでの年間所得の「ごまかし」が難しい現状なんですよ!自分が損をしないためにも、制度をしっかりと理解したうえで、適切な判断をしていくことが求められますね!

年間所得が103万円以上あると確定申告が必要になる!

掛け持ちバイトをして得た収入の合計が103万円を超えてしまった場合は家族の扶養から外れて課税対象となるため、確定申告を行わなければならないという手間と時間がかかるデメリットが存在するんですよ!多少面倒なことがあってもとにかく稼ぎたいのか、あるいは手続きは面倒だから扶養の範囲内で調整して働くのか、103万円を基準にどのくらい稼ぐかを考えながら働くようにしましょうね。

また、掛け持ちバイトをして得た収入の合計が103万円を超える場合は必ず確定申告が必要です!掛け持ちしている人のほとんどは、多く稼いでいるメインのバイト先から年末調整をしてもらっているはずですが、年末調整が終わると、年末調整された源泉徴収票があなたの手元に残りますよね。逆に、本業以外のバイト先からは年末調整をされていない源泉徴収票をもらうことになりますので、年末調整された源泉徴収票とされてない源泉徴収票の2つを用意して、確定申告を行いましょうね!

掛け持ちの収入がバレる!マイナンバーの仕組みを理解する!

掛け持ちバイトをして得た収入の合計が103万円を超えてしまった時点で確定申告が必要になるのですが、マイナンバー制度が導入される前までは、ごまかして確定申告を行わない人も多かったようですし、今でも確定申告を行わない方もいらっしゃるでしょう。

しかし、マイナンバー制度が導入されたことにより、バイト先に自分のマイナンバーカードを提出することが努力義務とされました。掛け持ちバイトをしているバイト先双方にマイナンバーを申告すると、収入はマイナンバーで管理されることになり、双方のバイト先の収入情報が統合されることになります。

すると税務署はダブルワークで確定申告を行っていない人を簡単に探すことができるというシステムなんですね!いずれにしても収入が103万円を超えた時点で確定申告の必要がありますので、ごまかしたりせずに社会勉強も兼ねてしっかりと確定申告の手続きを行うようにしましょうね。

掛け持ちバイトをうまくこなすポイントを理解しよう!

掛け持ちバイトをうまくこなすポイントを紹介していきますね。

ポイントを簡単にまとめると、「掛け持ちバイトで身体に支障をきたさないこと」、そして「シフトのダブルブッキング等が起こらないような無理のないスケジュール」の2点ですね!1つのバイトを行っていても、バイトという「労働」はとても疲れますし、掛け持ちであれば尚更ですね!

できるだけ体に負担をかけないような工夫をしていくことが重要となります。 スケジュール管理も同様で、うまくこなすポイントを理解したうえで工夫していくことが大切ですよ!

1日1ヶ所勤務や適度な休日設定等体力的な負担を軽減する!

掛け持ちのバイトを2つ持っていたとしても、「15時からはここで20時からは場所を移動してここ」というように1日に2ヶ所もバイト先を「ハシゴ」するようなシフトは体力的にも辛いですよね!掛け持ちバイトを継続していくためにも、最初から無理なシフトは組まず、まずは1日1つのバイトに集中できるような環境を整えるようにしてみましょう。

そして、双方のバイト先の期待に応えようと自分の休日返上で毎日バイトするようなシフトも控え、適度に休日を挟みながら体の負担を軽減できるような時間を確保することも重要ですね!例え楽な業務だと思っていてもバイトをするということ自体見えない疲労が溜まっていることもありますので、資本である体を第一に考えていきましょうね!

バイトに優先順位をつけて無理のないスケジュール管理を行う!

2つのバイトを掛け持ちする場合、自分の中でどっちがメインのバイトでどっちがサブなのか、優先順位をあらかじめ考えておきましょうね。とはいってもサブのバイトは軽く考えて手を抜いて良いということではありませんよ!

例えば、将来教師になりたくて、塾講師のバイトと他に何かを掛け持ちしているのであれば、塾講師のバイトを優先させるべきですよね。また、単純に目的がお金ということであれば、時給が高いバイトを優先させるという考え方もありですよね。

メインに考えているアルバイトを軸に、他のアルバイトを探すときは、希望のシフトが通りやすくバイトの人数が比較的多い職場を優先的に探すようにしましょう。ただし、ダブルブッキングを防ぐために曜日が重ならない仕事を探すという点は守るようにしましょうね。

まとめ

バイトを掛け持ちすることは、ダブル収入により1つのバイト先だけに依存することがなくなり「このバイトがダメになっても違うバイトでカバーできる」という考えができ精神的にも楽になることや、掛け持ちのバイトの数だけスキルアップができたり、掛け持ちバイトをやり遂げた時の充実感も得られる等、魅力的なメリットが満載なんです!

デメリットである体力的疲労や無理な過密スケジュールになることを回避できる対策を立てることができて、「103万円の壁」という税金の問題をうまく調整することができるのであれば、掛け持ちバイトをやらない手はありませんよ!

忙しいスケジュールをうまくこなすというスキルは、社会人になってからも必ず必要になるスキルです!忙しい日常をうまくこなすスキルを早めに身に着けておくことは、今後のあなたの人生で間違いなくプラスになりますよ!

※ なおアルバイトを探すならマッハバイトがおすすめ。マッハバイトなら採用時に最大1万円が受け取れます。

また、アルバイトに応募するなら3件の応募をしましょう。無理のない面接スケジュールで、安心してアルバイトを始められます。

>>祝い金をすぐに貰えるのはマッハバイト。最短1日で受け取れます。

RELATED POST