バイトの手引き

気まずい空気にさせない!バイトを辞めるときのマナーを学ぼう!

「バイトを辞めたいのに言いづらくてなかなか話を切り出せない!」とお悩みの方って結構いらっしゃいますよね。バイト先の店長から信頼されていたり、店長が怖かったり、辞めると伝えた後もしばらくはバイトに行くので気まずい空気になるのが絶えられない等理由は様々だと思いますが、ではどのようにバイトを辞めることが適切なのかを考えていきましょう!

決して行き当たりばったりでバイトを辞めるのではなく、しっかりと事前準備をして計画を立ててから然るべき対応を実行していきましょうね!

※ なおアルバイトを探すならマッハバイトがおすすめ。マッハバイトなら採用時に最大1万円が受け取れます。

また、アルバイトに応募するなら3件の応募をしましょう。無理のない面接スケジュールで、安心してアルバイトを始められます。

>>祝い金をすぐに貰えるのはマッハバイト。最短1日で受け取れます。

気まずい空気にならないための辞める前の準備って何?

「今日でバイト辞めます!」なんて突然言ってしまったら、バイト先も迷惑ですし店長や周りのスタッフの印象も最悪ですよね!気まずい空気にならないようにするためには、しっかりと計画や準備をしておく必要がありますよ!

バイトを辞めると心に決めたら、いつ辞めるのかを明確にし、その日から逆算した辞めることを伝える時期や伝え方を決め、円満にバイトが辞められるようするための事前準備をしていきましょう!円満にバイトを辞めるポイントは、バイト先のことを考えるという点ですね!

本音と建前が重要!辞める理由をしっかりと考える!

ますは、バイトを辞める理由を「決定」しましょう。例えば、バイトを辞める本音の理由が、店長が嫌いだとかバイトスタッフが嫌だとかバイトの雰囲気が嫌だとしましょう。

でも、それをストレートに伝えてしまうと、バイト先の人の気分を害してしまいますよね。そんな場合は、「自分のやりたいバイトが他に見つかった」とか「将来の夢が見つかったのでその夢に向けて勉強したい」などとバイト先の人の気分を損ねない理由に「変換」していくんです!

目的はあくまで円満にバイトを辞めることであって、バイト先の人の気分を損ねることではありませんよね。円満に辞められるように、バイト先の人の気持ちを考えて過剰な嘘にならない「うまい」理由を見つけていきましょうね!

言いにくいから後回しにせず伝える日を設定する!

バイトの退職については辞めたい日の2週間前までにバイト先に申し出るよう法律で定められているんですよ。急に明日辞めたいという希望がバイト先に受け入れられないまま欠勤したり無断欠勤する場合は、トラブルや訴訟の原因にもなりますので注意が必要ですね。

退職願は1ヶ月前の申告と独自に定めている職場もあるようですので事前に自分のバイト先の取り決めを調べておく必要がありそうですね。いずれにしても、既に辞めると決めている日がはっきりしているのであれば、あなたの代わりのバイトを探す時間を考慮してできるだけ早くバイト先に伝えておくことがベストですね!

言いにくいからといって後回しにせず、辞めたい日から逆算して少なくとも2週間前には上司等の然るべき人にきちんと辞める意思を伝える準備をして、伝える日を設定しておきましょうね。

誰にどうやって伝えるのかをシミュレーションする!

バイトを辞めることについて誰にどのようにさらに伝えるかをしっかりとシミュレーションしておくことも大切ですね。

伝える時間帯としては、忙しい時間帯や仕事が始まる前は避けましょう。忙しい時に大事な話をしても相手にしっかりと伝わりませんし、相手にも迷惑がかかりますよね。空いている時間や、仕事が終わってから改めて時間を作ってもらう等落ち着いて話せる状況の時に伝えた方がしっかりと気持ちが伝わりますよ。

また、バイト仲間の先輩に伝言してもらうのではなく、上司等然るべき人に直接会って伝えるようにしましょう。直接会って伝えるのはと勇気がいることですが、その方がきちんと誠意が伝わるはずですから、事前に決めておいた辞める理由や辞める日についてはっきりと伝えましょうね。

これは怒られる!やってはいけない辞め方って何?

「もうバイトに行かないからどうだっていいや!」という気持ちで、バイト先のスタッフや店長を怒らせて辞めてしまう人も少なくありませんよね!

たとえ普段からバイトに不満を持っていたとしても辞める前に適当な対応を取ってしまうことは、好ましいことではありません。今後のバイトや今後の社会人生活を充実させていくためには、円満に解決する能力は必要不可欠なんです!

バイト先の人を不快にさせてしまう辞め方の具体的な事例を見ながら改善点をシミュレーションしてみましょうね。

無断欠勤や電話やメールで辞めることを伝える

無断欠勤や一方的に辞める意思を伝えて出勤しなくなったりといった辞め方する方もいらっしゃるようですが、このやり方は絶対にダメですよ!

気まずい思いをしたくないので、このような行動をとってしまうという気持ちは理解できますが、バイト先に多大な迷惑をかけてしまうことになりますよね。数日後や数年後、もしかしたらバイト先の人と再会する機会があるかもしれませんので、再会したときにも快く話せるような関係性で辞めていくことがベストです。

また、辞めることについて職場の同僚に伝言してもらうことや、電話やメール・LINE等で伝えることもやめましょうね。気まずくなったり怒られることを恐れて更に状況が悪化するパターンですよ!辞める時には理由や辞める時期などを相談するためにも会って伝えることが重要なんです。

店長やスタッフとケンカしたり不満をぶちまけて辞める

ケンカをしたりバイトの不満をぶちまけて一方的に辞めることも残念なケースですね。意見の食い違いでスタッフや上司とケンカをしてしまうことは仕方のないことですが、引くに引けなくなりそのまま辞めてしまう人もいるようです。バイトの勤続年数が長ければ長いほどせっかく今まで頑張ってきたことが水の泡になってしまうようで、バイトを勢いで辞めてしまうということはとても残念なことですよね。

また、バイト先やバイトスタッフの悪口を散々言って辞めることや仕事がつまらないと言って辞めることもとても残念なことです。本人は、様々な不満を持っていたかもしれませんが、みんなが同じ意見ではなく中にはそのバイトにやりがいをもって仲間とともに楽しく働いている人もいるかもしれませんよね。

バイトに不満がある場合は、ケンカや悪口を言って辞める前に、然るべき人に相談したり話し合いの場を設けてもらったりして解決する努力をして、それでも解決できない場合はバイト先に迷惑が掛からないように速やかに辞めることが適切な方法です。後を濁して辞めるやり方は人として最低ですよ!

辞めることを伝えても辞めさせてもらえない時の対応

誠意をもって辞める意向を伝えたにもかかわらず、バイトの人手が足りなかったりしてなかなか辞めさせてもらえない場合もありますよね。今までお世話になったバイト先なのでできる限り協力したいという気持ちがあるのであれば、辞める時期を延ばしたり等バイト先に自分にできる範囲で妥協案を提示してみても良いかもしれませんね。

しかし、優しい人や気が弱い人はそこで言いくるめられてしまい辞められなくなってしまうこともあります。自分の辞める気持ちが明確なのであれば、「この日までには必ず辞めます!」と辞める意思をきっぱりと伝えましょう。それでも受け入れられず辞められない状況が続くのであれば、労働基準監督署や弁護士無料相談などに相談してみましょうね。

最後は今までお世話になった感謝の意を伝え円満に辞める!

辞めることが決まった後は、お世話になった気持ちを伝えることはとても大切ですよ。上司だけでなく、同僚にも感謝の意を伝えてから辞めるようにしましょうね。バイト先に不満があった人もそうでない人も、今までバイトしてバイト代をいただいていたわけですから、「勤めさせてもらった」という気持ちを忘れずに誠実に対応していきましょうね!

また、長年勤めたバイト先であれば、最後に出勤する日に、感謝の気持ちを込めてバイト先に菓子折りを持参するとより一層喜ばれるでしょう。もちろん気持ちなので、あまり高価な品でなくても問題ありませんよ!「終わりよければ全て良し」で最後の辞め方が礼儀正しくしっかりとしていれば、みんな快く見送ってくれるでしょうし、自分自身も快く次のスタートを切ることができますよね!

まとめ

バイト先と気まずい関係にならない円満なバイトの辞め方が見つかりそうですか?今回ご紹介した内容を考慮しながら、自分に合った円満な辞め方を見つけて着々と準備を進めていきましょうね!

バイトを辞めるということ決して悪いことではありません。自分自身の「旅立ち」だったり、やむを得ない事情で辞めることは、仕方のないことですよね。問題なのは、自分がバイトを辞めることによって、代わりのバイトを見つけなければならない労力等のバイト先が受けるデメリットをいかに緩和できるかということなんです。

なるべくバイト先に迷惑をかけないような辞め方を心がけていけば、円満に辞められるはずですよね。あとは「立つ鳥跡を濁さず」で円満に辞めることができれば、あなた自身の印象も非常に良くなりますよ!

※ なおアルバイトを探すならマッハバイトがおすすめ。マッハバイトなら採用時に最大1万円が受け取れます。

また、アルバイトに応募するなら3件の応募をしましょう。無理のない面接スケジュールで、安心してアルバイトを始められます。

>>祝い金をすぐに貰えるのはマッハバイト。最短1日で受け取れます。

RELATED POST