店舗・会社別バイトの評判

充実した環境の墨田病院で治験バイトをしてみよう!

「治験バイトをやってみようかな?」と思っている方は多くいらっしゃると思いますが、治験バイトをするにあたって一番大切なことってご存知ですか?それは「治験先の環境」なんです!

治験バイトの案件については、報酬額の違いはありますが、治験内容はほとんど同じです。でも、治験先が劣悪な環境だったら、長期入院による時間拘束や行動制限等で大変なのに、さらにストレスになってしまいますよね!治験バイトが嫌いにならないためにも充実した環境の治験先を選ぶことが重要です!

そんな充実した環境の治験先の一つである墨田病院での治験バイトについて紹介していきますね!

墨田病院で治験を行うことによるメリットって何?

まず、墨田病院の詳細については下記のとおりです。

名称:医療法人相生会墨田病院臨床薬理センター

ホームページ:http://www.lta-med.com/rinsho-yakuri/index.html

住所:東京都墨田区本所1丁目29番1号ランダムスクウェア本所ビル

アクセス:都営浅草線・大江戸線「蔵前」駅より徒歩10分

墨田病院の治験は有名です!短期から長期まで幅広く実施していて、高齢者向けや女性向け、そして外国人治験もあります。墨田病院で治験バイトを行う様々なメリットについて紹介していきますね!

和洋様々な仕出し弁当等とにかくご飯が美味しい!

治験バイトでの一番の楽しみは、何と言っても食事ですね。案件にもよりますが、厳しい行動制限や外出禁止等の制約があると、気分が滅入ってしまいます。そんな時に、分量が決められていて思う存分食べることはできないにしても「美味しい食事」は治験を最後まで頑張ろうという気持ちにさせてくれるんです!

そんな重要な要素である食事ですが、墨田病院では、この食事がとても充実しています。朝はサンドイッチ等の軽食で昼夜は外注の仕出し弁当になり和洋様々な種類のお弁当が登場します!このお弁当がなんとも美味しい!老舗のお弁当屋さんから取り寄せているようです。有名どころでは今半のすき焼き弁当が登場することもあるんですよ!食は元気の源ですから、美味しいご飯はうれしいメリットですよね!

パソコンやゲーム機や漫画等快適に過ごす環境が整っている!

治験を快適に行う上で、病院内の環境も重要な要素になりますが、墨田病院は他の治験の病院と比べてもかなり清潔できれいなんです。ベッドもしっかりしていて寝心地も良く充分です。普段安い布団やベッドで寝ている方にとっては、治験中の方が安眠できるくらいですよ!アメニティグッズも豊富に取り揃えられています。

そして、暇をつぶすために重要になってくる「遊ぶ道具」も充実しています。ゲーム機は、PS3とPS2があり、自由に使えるノートパソコンも用意されてます。そして無線LANも完備されているんですよ。また、洗濯機と乾燥機は完備されていますし、室内できる服も用意されています。シャワー室もあり、時間を予約して使う形になっています。その他にも大きなテレビもあったり結構ゆっくり落ち着ける環境が整っています。

環境だけを見ると、治験バイトであることを忘れてしまいそうなくらい快適ですよね!

採血時のたくさんの注射が不要になる留置針の基本使用!

治験では、15分おきくらいに採血がある時間帯がありますので、注射が苦手な人にとっては、痛みはできるだけ回避したいですよね!留置針とは、その名の通り、針を腕に刺しっぱなしにして採血をする方法で、墨田病院ではこの留置針を基本使用しているんです。

普通の注射と留置針でどちらが痛いかというと、一般的には留置針のほうが痛くないと言われていますね。中には全く痛みを感じない人もいるそうですよ。留置針の場合、常に針が刺さってるので、腕にずっと違和感があることは仕方ありませんが、普通の注射の場合、何度も針を刺さなければいけないので痛くなってくる可能性は高いですから、体に負担がなくリスクが少ない留置針は普通の注射よりもおすすめですね!

いざ墨田病院の治験バイトへ!治験はどのように進むの?

墨田病院の治験環境がとても良いことはお分かりいただけましたよね。次にどのような流れで治験バイトが進んで行くのかを入院での治験を例にして説明していきますね!

初めて治験バイトをする方は、何もわからず不安が多いですよね!実際の治験がどのように進んでいくかをイメージしながら、不安を解消していきましょう!先にご紹介した墨田病院の治験環境も一緒にイメージしながら流れを見ていくとより具体的になり、治験バイトに耐えられるかどうかの判断がしやすいと思いますよ!

治験バイトの流れをイメージしてみよう【治験事前検診編】

まずは、治験バイト前の事前検診の事例を挙げて流れをイメージしてみましょうね。

まずは治験の事前検診当日までの制約させる注意事項があります。内容は2週間前から薬の服用は禁止・1週間前から激しい運動やマッサージは禁止・2日前からアルコールの摂取・前日は喫煙・カフェインの摂取の禁止と21時以降の飲食の禁止等です。

そして事前検診に臨むことになるのですが、事前検診の内容は、アンケート記入・身長体重測定・問診、医師による治験の説明、心電図・血圧測定・採血の後、今後のスケジュール説明を行い解散する流れです。だいたい2時間くらいで事前検診は終了します。もちろん事前検診の協力費は3,000円程度もらえますよ!合否発表は10日後くらいのようですね。見事に合格すれば、いよいよ治験バイトがはじまります!

治験バイトの流れをイメージしてみよう【入院編】

次は4日間の入院治験の事例を簡単に紹介しますので流れをイメージしてみましょうね。

入院初日は、採血・心電図の測定・採尿・体重測定で終了です。夕食とシャワーを済ませて消灯の23時までは自由時間です!2日目は投薬日になります。起床後に、朝食抜きで採血と心電図・脈拍測定を行い最終的に投薬されるかどうかが決定します。この採決時に留置針が刺されます。

そして問題がなければ投薬スタート!投薬の時間が秒単位で決まっていて、決められた時間に決められた数量の薬を飲んでいきます。投薬後は、頻繁に採血と心電図・脈拍測定を繰り返しで測定も全て分単位で決められています。測定以外の時間は自由時間で23時に消灯で2日目終了です。

3日目は起床後採血と心電図・血圧の測定です。測定後、朝食を採り、その後はずっと自由時間で23時に消灯します。最終日は起床後採血、心電図・血圧の測定があり、朝食後退院の準備をし、朝の測定で問題がなければ午前中で解散となります!内容だけ見ると本当に簡単な内容ですよね!

まとめ

墨田病院の治験バイトについての具体的なイメージができ、治験バイトに対する不安が少しは解消されたでしょうか?

治験バイトは長期入院のように拘束時間や行動制限が厳しくなればなるほど、食事が美味しいや居心地が良い等の治験先の環境が治験バイトを続けるうえで重要なポイントになってくるんです!精神的ストレスが伴う治験バイトにとって、その精神的ストレスをいかに緩和できるかで治験バイトの辛さが大きく変わりますよ!

これから治験バイトで報酬を得ていきたいとお考えの方は、長期の治験バイトを快適にやり遂げるために、そして治験バイトを嫌いにならないために充実した環境で実績と評判の良い「墨田病院」から治験バイトをスタートさせることをおすすめしますよ!

※ なおアルバイトを探すならマッハバイトがおすすめ。マッハバイトなら採用時に最大1万円が受け取れます。

また、アルバイトに応募するなら3件の応募をしましょう。無理のない面接スケジュールで、安心してアルバイトを始められます。

>>祝い金をすぐに貰えるのはマッハバイト。最短1日で受け取れます。

RELATED POST