職種・業種別バイトの評判

試験官バイトのおすすめ度は何%?楽?きつい?評判を徹底解説!

英検や漢検などの試験を受けたときに、試験会場にスーツを着て、試験について案内を行っている人を見たことはないでしょうか?

その人たちのことを試験監督といいます。そして、その仕事はアルバイトでも募集がかかっていることが多いですよ。あまり身近ではないアルバイトですが、おすすめできるポイントがたくさんあるんですよ!

今回は、そんな試験監督のアルバイトについて、おすすめポイントや業務内容、平均時給、合格のためのポイントを紹介します。これから試験管のバイトをしてみようかなと思う人には必見です!

試験監督バイトはぶっちゃけきつい?楽?やりがいやおすすめのポイントとは?

バイトによって、つらいことや、楽なことってそれぞれ違いますよね。試験監督のアルバイトでのおすすめポイントは、自分の都合に合わせて働けること!そして辛いことは、何もしない時間が非常に長いことです。また、楽なところは仕事が簡単なところです。

これから、試験監督のアルバイトでのきついところ、楽なところ、やりがいやおすすめポイントなどを一から説明していきます!

試験監督のバイトのおすすめポイントは、都合に合わせて働けること!

試験監督のバイトのおすすめポイントは、自分の都合に合わせて働けること!

単発のアルバイトだからこそ、試験日以外の日は働かなくていいのです。部活やサークル・勉強で忙しい人にとっては働きやすいのではないでしょうか。

勤務地も自宅から近い場所を選べるので、大規模な試験のときは、自分の通いやすい場所から選ぶこともできるかも!また単発のアルバイトのため、試験監督バイトではたらけば、まとまった収入が手に入るのも魅力です。

「何もしない時間が長い事」は試験監督バイトのきついところ

試験監督のバイトのきついところは、試験時間が長いので何もしない時間が長いこと。そのため、試験中は退屈になってしまします。

試験監督の仕事内容のため、試験会場内から離れることができません。不正行為がないか見張りをおこなったり、受験生からの質問に答えるのも試験監督の仕事。

そのため試験会場で、何もない時は、静かに時間が過ぎるのを待ちます。接客などが好きなや、何か動いていないと気が済まない人にとっては向いていない仕事かもしれません。

逆を返すと、何もしなくてもいい時間が長いので、それが平気な人にとっては、試験監督のアルバイトは向いていると言えるでしょう!

試験監督バイトの楽なポイントは、仕事が簡単な事!

試験監督バイトの楽な点は、仕事が簡単なことです。試験監督のアルバイトは、指示されたことを確実に行っていれば問題がありません。仕事も試験用紙の配布・回収や、監視などをしていればいいので、複雑なことがありません。

接客業と同じで、人を相手にした仕事なのですが、クレームなどもないので、気楽に働くことが出来ます。

また、業務に追われて疲れ果ててしまうこともありません。身体もあまり動かさないので、精神面でも身体の面でも楽に働くことができるのもこのバイトの良い点です!

試験内容によっては大変なところがあるかも知れませんが、たいていの試験ではストレスがありません。他のバイトと比べると本当に楽で拍子抜けするかもしれません。

回収資料の確認スピードが速くなるのが、やりがいにつながる!

試験監督でのアルバイトのやりがいは、自分の回収資料の確認スピードが速くなったときに達成感を感じることです。記入漏れのチェックや回収用紙の枚数のチェックを、回収した際に行います。

慣れてくると以前よりも素早く出来るようになります。試験監督のアルバイトは、枚数などを正確にチェックすることが大切なので、それが以前よりも早く行えるようになると、次も頑張ろうという気持ちになれます。

このような小さいことを、やりがいとして感じることができる人が、この試験監督アルバイトに向いています!

試験監督のバイトの仕事内容とは?苦労するポイントと慣れるまでの時間を解説!

試験監督のバイトは、基本的には試験用紙の配布と回収、そして見回りを行うのが仕事内容です。大体は、この仕事だけを行うのですが、他の仕事も行うときもあります。

そこでこれから試験監督の仕事内容や、苦労するかもしれない点について説明をしていきます。

主な仕事内容は、試験用紙の配布・回収と見回りです!

主な仕事内容は、試験用紙の配布・回収と、不正行為や問題が起こった時に対応できるように、試験時間内に見回りを行うことです。

試験用紙の回収の際は、受験生が記入漏れをしていないか確認をします。確認の内容は、氏名や受験番号など。もし記入漏れしているものを見つけたら、記入するように受験生に使えます。

回収したものの枚数のチェックも行います。その他にも受験会場によっては、準備や片付けなども行います。

苦労ポイントはあまりないかも…あえて挙げるなら試験用紙を運ぶことと、暇なことです。

苦労ポイントはありません。あえて苦労点を挙げるとすると、試験用紙を運ぶ際に、用紙の保管場所と教室が離れているケースも多いです。

そのため、思い用紙を手で持って運ばないといけない点と、試験時間内の見回りの時間は、とにかく時間が流れるのが遅いため、暇になることです。

しかしながら、試験監督のアルバイトでは、それがつらくて辞めたいと思ったことはありませんでした。

試験監督のバイトは実際のところ稼げる?稼げない?平均日給は8,000円が相場!

内容によって試験監督バイトの給料は変わってきます。言えることは、多くの場合で日給にて管理されているということです。

このバイトの給料を平均すると、8,000円程度になります。基本的には、1試験につき3,000円~10,000円程度になります。

午前中・午後だけなどで終わる試験の場合は、3,000~5,000程度が相場で、午前午後とまたがって行われる試験の場合は、6,000円~10,000円程度になります。

時給に換算すると、だいたいで1,000円を越えます。そのため、試験監督のアルバイトは稼げるバイトだと言えるでしょう。

時給を上げるためにはどうしたらいい?ポイントは長く働くこと!

試験監督バイトの中でも、さらに時給が高くなるリーダーのようなポジションがあります。

何度か試験監督バイトを行うことで、その「ポジションで働かないか」と雇用元から声がかかる場合があります。試験監督バイトの仕事に慣れ数多くの試験で働くことによって、そのポジションにつけるので、試験監督バイトで長く働くことをお勧めします。

ただ登録先によっては、そのポジションが無く昇給が無い可能性もあるので、登録時に確認することが大切になります。

試験監督バイトの一日をご紹介!

試験によって、タイムスケジュールは変わってくるのですが、ここでは午前・午後を通して働く場合の1日の仕事を記載いたします。

  • 7:30~8:00業務前の全体説明
  • 8:00~8:30会場の準備机の配置を変える。試験用紙を担当教室にもっていく。黒板に試験スケジュールを書くなど。
  • 8:30~9:00担当の教室で、試験が始まるまで待機
  • 9:00~12:00試験中号令(試験開始と、試験終了数分前、試験終了と、退出可能時間などの通知)。受験生からの質問に答える。不正行為がないか見回りを行う。答案用紙の回収と、枚数チェックなどを行う。
  • 12:00~13:00昼休み
  • 13:00~16:00試験中※前述した試験中の仕事と同じです。
  • 16:00~16:30会場の片付けなど

一つの例ですが、試験監督バイトの場合、このようなタイムスケジュールで働くことになります。

朝、早い時間から会場に集まり、全体の説明を受けてから仕事が始まります。試験が終わったら、試験用紙を回収し枚数をチェックします。

試験監督のアルバイトは見回りの時間が非常に長いのが特徴です。何もしない時間の方が長いアルバイトになります。

試験監督バイトの面接は突破しやすい?合格率向上の秘訣はこれだ!

試験監督のアルバイトは、登録制の場合が多く面接自体をしない場合が多いです。その場合、登録会に行って、必要な書類を書いて提出するだけで勤務できるようになります!

有名な試験の試験監督の場合だと、大量にアルバイトの募集をかけるため、簡単に働くことが出来ます。一年を通して求人が出されている場合が多いため、求人自体も見つけやすいと思います。

「長時間何もしなくても平気な人」ならおすすめ度は90%以上!

試験監督バイトは、何もしない時間が圧倒的に長いです。そのため長時間何もしない時間があってもつらくない人にとっては非常におすすめです!

日給も他のバイトと比べると高いのも魅力です。まとまった金額が1日にアルバイトすると手に入ります。また、単発で入れるバイトなので、「この日だけ働きたい!」と言うときにも働ける可能性が高いです!

長時間何もしなくても大丈夫な人でしたら、おすすめ度は90%以上です!気になる人は応募してみてはいかがでしょうか!

※ なおアルバイトを探すならマッハバイトがおすすめ。マッハバイトなら採用時に最大1万円が受け取れます。

また、アルバイトに応募するなら3件の応募をしましょう。無理のない面接スケジュールで、安心してアルバイトを始められます。

>>祝い金をすぐに貰えるのはマッハバイト。最短1日で受け取れます。

RELATED POST