職種・業種別バイトの評判

工場バイトのおすすめ度は何%?楽?きつい?評判を徹底解説!

一度にたくさんの募集をかけていることも多く、応募しやすいのが様々な工場でのバイトです。でも、普段立ち入ることもできないしどんなことをさせられるのか不安…という人もいますよね。

そんな方も大丈夫、実は工場はとても人気があって稼ぎやすいバイトなんです。今はそんな工場でのアルバイトについてご紹介します!

工場バイトはぶっちゃけきつい?楽?やりがいやおすすめのポイントとは?

人気があると言っても工場でのバイトは実際のところどうなのでしょうか。工場にも色々な種類がありますが共通するところで楽なところやおすすめポイントをご紹介します。

一緒に最初はちょっときついかもしれないところもご紹介しますので、少しでも気になっている人はぜひ確認してみてください。もしかしたらあなたにも向いているかもしれません。

工場バイトのおすすめポイントは黙々と作業ができるところ!

工場バイトのいいところは勤務時間中ずっと没頭して作業できる傾向にあることです。

いちいち確認を取る為に社員さんと話さなければならないとか、お客さんがいて邪魔されるとかいうことがなく淡々と作業することがほとんどです。電話を取るなどの業務も基本的にありません。目の前の仕事にひたすら集中できるので余計なわずらわしさがなく、特に黙々とした作業が好きな人にはおすすめですね。

立ち仕事もありますが座れるところも多いです。体力面に不安があるひとや座った方が集中できるというひとは募集要項に書いてあることがほとんどなので座れる仕事を選んでもいいでしょう。逆に眠くなるかもと言う人は立ち仕事もおすすめです。

息抜きが難しいのは工場バイトのきついところ

工場はきっちり休憩時間が決まっていて、それ以外はずっと作業、というところが多いです。

よく見られるライン作業ではラインが流れるので手を止めると全体が止まってしまったり、迷惑をかけてしまいますしそれ以外でも息抜きの時間が見つけにくいです。自分のタイミングで休めないので最初はきついと感じるかも。

でも、意外と慣れてくるのでそこまで心配しなくても大丈夫ですよ。あとは人と話しができないことで気が抜けない…という人も。そういう人は手さえ動かしていれば話しながら作業をしてもいいというタイプの工場もあります。募集内容を見て選んでみてくださいね。

工場バイトの楽なポイントは人付き合いが楽なところ!

勤務時間中はとにかく作業ですので、人付き合いが楽なのが工場バイトのいいところです。お昼休みなど以外では一切他人と喋らないというところも多いですね。特に食品加工の工場は会話厳禁と決まっているところさえあります。

大量募集が多いので友達と示し合わせて応募して昼休みも知った人としか会話しない、という人も。できればあまり他人と関わらずに仕事がしたい、とかコミュニケーションを取るのが苦手、とか、作業中に話しかけられると集中できないという人にもおすすめできるバイトです。

集まる人も寡黙な人が多いので落ち着く雰囲気のところが多いのもポイントです。

完成していく品物がやりがいにつながる!

工場バイトのやりがいはやっぱりモノづくりに関わっているという意識です。

完成品はこうなる、というのを見せて貰ったり、自分のしている作業が進んで品物が完成していくのを見れたりすると仕事をしているんだなあという気持ちになれます。直接完成品まで工場で作っていない場合も、自分の作業を形として見られるのでやりがいは感じやすいです。

食品だったり電化製品だったり、作っている品物が市場に並ぶものだと自分が作ったんだという実感を日常生活で得られることも。そのまま形になる仕事は少ないので他の職業ではなかなか得られない嬉しさがあります。

工場バイトの仕事内容とは?苦労するポイントと慣れるまでの時間を解説!

工場バイトの仕事内容にはどんなものがあるでしょうか。共通する主なものをお伝えします。最初は苦労するかもしれないポイントもありますので把握しておくとああこのことだな、と体験したときに気が楽になるかもしれません。

また、働き始めると気になりやすい慣れるまでの時間も紹介するのでぜひ確認してみてくださいね。

主な仕事内容はモノづくり!

何を作るかは工場によって違いますが、工場バイトはとにかくモノづくりが基本です。金属加工であったり、食品製造であったり、線をつないだりネジをしめたり…いろんな作業があって何かの製品を形作っています。

ひとつの仕事を延々とすることもありますが、複数かけもちということもあります。募集欄にライン作業と書かれているところはひとつの仕事に集中することが多いですが、それでも多少は動いて人を手伝ったりすることもあります。

特に慣れてきて作業が早くなると新しい仕事も任されるということもあるようです。時間帯によって持ち場が変わることもあります。

集中力が必要で苦労するかも…でも二週間もあればすぐ慣れるよ!

特に細かい作業や失敗しやすい作業は集中力を持ち続けなければいけないので最初は苦労するかもしれません。でも、二週間もシフトに入れば一日にやる作業量も見通せるようになりますし、緊張もほぐれるので集中しやすくなりますよ。

最初は全部に集中してしまいますが、そのうち息抜きできるポイントも見つかるのであまり不安になりすぎなくても大丈夫です。ベテランになればなるほど力の抜きどころを心得ていることが多いので、なかなか慣れないなと思ったら聞きやすい人にポイントなどを聞いてみてもいいかもしれません。

工場バイトは実際のところ稼げる?稼げない?平均時給は1000円が相場!

地域差もありますが、都内では時給1000円くらいが工場バイトの相場になっています。

平日昼間6~8時間勤務のところが多いので週に数日など開いた日に丸一日シフトに入る人も多いです。丸一日働くと時間の無駄にならず集中的にできるので稼ぎやすいですね。夜も動いている工場で夜間のみ働いている人もいるようです。

特に24時間の工場などは夜間割り増しを利用して上手に稼いでいる人も。そういったところはシフト調整もできるので学生さんなどにもおすすめです。食品系では早朝だけなどの工場も。自分の都合に合わせられるように仕事をしやすい工場を選ぶと特に稼ぎやすいでしょう。

時給を上げるためにはどうしたらいい?ポイントは勤務期間!

工場バイトでは長く続けているひとは自然に時給が上がっていくというところが少なくないようです。それなりの期間は必要ですが真面目に勤務していれば結果もついてくるかも。ただ、やはりミスが多かったり勤務態度が悪かったり、欠席の多い人は時給アップが難しいこともあります。仕事をするときは集中して取り組みたいですね。

あとは機械を扱っている工場などは資格に応じて手当が出るところや時給がアップするところもあります。募集欄にも資格給が書いてあるところは多いので、ゆくゆくは取ってみようかなと決めておいてもやる気にも繋がっていいですよ。

工場バイトの一日をご紹介!

まず、朝は午前8時前からなど早めに始業のところが多いです。また、特に怪我が懸念されるところは朝礼やラジオ体操があることも。そのためシフトより少し早めに出勤するように言われることもあります。

そのあとは休憩を挟みつつお昼まで仕事、45分から1時間のお昼休憩、また仕事というのが基本の流れになります。機械やラインが止められない工場などはシフト制の交代でお昼や休憩を取るところもあります。

夕方に掃除を挟むところもありますが、社員さんが時々するだけというところもあります。月末や月初には特別に棚卸作業が入ることもあり、バイトが手伝う場合も出てきます。

工場バイトの面接は突破しやすい?合格率向上の秘訣はこれだ!

工場バイトの面接は比較的突破しやすく、中には面接がなく履歴書を持っていったら簡単に工場内の説明だけして即採用というところもあるようです。ただし、もちろんきちんと面接の上で判断というところもあります。

髪型などは自由の場合が多いですが工場によっての規定はよく確認しておきましょう。指輪やアクセサリーは安全面のため禁止のところが多いです。特に食品系の工場はネイルやアクセサリー厳禁の場合が多いですし、清潔さのある人を求めている傾向にあります。髪型や服装には十分注意しましょう。

また、小さい工場だと特に礼儀にうるさいところもあります。

まとめ黙々とした作業が好きならおすすめ度は90%以上!

工場でのアルバイトについて紹介しましたがいかがでしたか?工場バイトは髪型やピアスなどが自由なことも多く、人気の仕事です。仕事でまで人づきあいをしたくないという人や、邪魔されずに作業するのが好きという人には特におすすめです。特に黙々とした作業が好きな人、少しでも気になったらぜひ応募してみてくださいね。

※ なおアルバイトを探すならマッハバイトがおすすめ。マッハバイトなら採用時に最大1万円が受け取れます。

また、アルバイトに応募するなら3件の応募をしましょう。無理のない面接スケジュールで、安心してアルバイトを始められます。

>>祝い金をすぐに貰えるのはマッハバイト。最短1日で受け取れます。

RELATED POST