職種・業種別バイトの評判

薬剤師バイトのおすすめ度は何%?楽?きつい?評判を徹底解説!

薬剤師バイトは国家試験である薬剤師資格が必須です。薬剤師バイトについて調べている方は、薬剤師資格の取得に興味があるか、すでに薬剤師資格を持っている方ではないでしょうか。薬剤師バイトは全ての職種の中でも待遇面で恵まれていると言えるバイトです。おすすめポイントや努力が必要なポイントなど詳しくご紹介します。

薬剤師バイトはぶっちゃけきつい?楽?やりがいやおすすめのポイントとは?

病院や薬局など、さまざまなところで活躍している薬剤師。正社員や契約社員だけでなく、バイトとして活躍している人も多くいます。人の命や心身に関わる仕事って、やりがいがありそうですよね。おすすめポイントや大変なことを具体的にご説明します。

薬剤師バイトのおすすめポイントは安定した収入を得られること!

薬剤師バイトの最大のメリットは高収入であることでしょう。全ての職種を含めたバイトの中でもトップクラスの収入が期待できます。

薬剤師資格を持っていることで、正社員にならなくても十分生活が成り立つほどの収入を得られることもあります。フルタイムでバイトをして豊かな生活をすることもできるし、勤務時間を短めにして趣味の時間を作るのもいいですね。

ミスが許されない緊張感が薬剤師バイトのきついところ

薬剤師は、患者さんの命や心身の健康に関わる仕事です。医療機関や調剤薬局では、患者さんが服用したり、身体に貼ったり塗ったりする薬を用意します。薬の種類や量をミスなく用意するのはとても重要なことなので、バイトであっても常に緊張感を持って取り組む必要があります。

調剤を行わないドラッグストアでもお客様の質問や相談に的確なアドバイスや正しい判断を求められます。

薬剤師バイトの楽なポイントは働き方が選べること!

募集されている勤務時間もさまざまです。自分のライフスタイルに合わせて選ぶことができます。家庭と両立したいと日中の短時間勤務を選ぶ人もいれば、夜型生活があっていて、遅くまで開いているドラッグストアで働くことことを選ぶ人もいます。年齢や体力、家庭環境に応じた働き方ができるのは魅力的ですよね。

   患者さんが元気になっていく姿がやりがいにつながる!

すでに薬剤師として活躍されている方が薬剤師を志した理由として、人の役に立てる仕事であることを挙げる方はとても多いです。診察や治療は医師が行いますが、薬剤師は薬の説明や受け渡しの時に患者さんと接する時間があります。患者さんの笑顔や「ありがとう」「楽になった」などのちょっとした一言が喜びになります。また、入院病棟に勤務していると元気に退院していく患者さんの姿を見ることもできます。そんな時は、人の健康に関わることができたと実感でき、やりがいを感じるでしょう。

薬剤師のバイトの仕事内容とは?苦労するポイントと慣れるまでの時間を解説!

薬剤師は、大学の薬学部や薬科大学薬剤師養成家庭で知識をしっかりと身につけて国家試験を受けていますので、知識が全くない状態で働き始めることはありません。それでも、実務で新しく覚えることやなれるまで苦労することはあるでしょう。ここからは仕事内容や努力が必要なポイントを見ていきましょう。

主な仕事内容は調剤、患者さんへの薬の説明!

勤務先によって仕事内容は色々ありますが、医療機関や調剤薬局に務めた場合は調剤と患者さんへの薬の説明がメイン業務になるでしょう。医師からの依頼に沿って薬の用意をします。小分けにしたり錠剤を粉砕することもあります。そして、用法・用量や副作用などを患者さんに説明します。

患者さんがすでに服用している薬との飲み合わせに問題がないかなど、薬を安全に服用してもらうために細心の注意を払います。ドラッグストアは基本的に調剤がありませんが、薬を必要としている人に接する機会があることは共通しています。

薬の勉強は苦労するかも…でも3ヶ月もあればすぐ慣れるよ!

薬に関する研究は日々行われていて、新しい薬の開発も進んでいます。病気などで苦しんでいる方を救える可能性が高くなっていくので、とても喜ばしいことですね。

薬剤師バイトでは、バイトと言っても患者さんの命や健康に関わる仕事なので、薬学部で学んだことだけでなく、新薬についてもその都度勉強し、調剤についてしっかりと把握する必要があります。患者さんにわかりやすく説明するコミュニケーション力を磨くことも大切です。でも、勉強を続ける姿勢を忘れなければ大丈夫ですよ!

薬剤師のバイトは実際のところ稼げる?稼げない?平均時給は1500円〜2000円が相場!

薬剤師の時給は、全ての職種の中でも高いです。時給1000円以上が基本で、求人によっては2000円以上の場合もあります。

結婚して、フルタイムでは働かないけど短時間で勤務したい。という時も、薬剤師免許を持っていれば、家計が潤う可能性大です!一人暮らしの方もお金の心配が少なく、時給が高い職場を選べば、旅行や趣味なども余裕を持って楽しむことができるでしょう。

時給を上げるためにはどうしたらいい?ポイントは求人の見極め!

薬剤師バイトは、どこで働くかによって時給に差があることが多いです。収入面を重視する場合は、応募の時点で時給をしっかり確認しましょう。

活躍できる職場は総合病院、クリニック、処方箋薬局、ドラッグストア、薬に関するコールセンターなどたくさんあります。ドラッグストアで薬剤師バイトをすると時給が比較的高いと言われています。昇給制度があるかも確認するといいでしょう。

薬剤師バイトの一日をご紹介!

医療機関や調剤薬局でバイトする場合は、8時〜9 時台の出勤が多いでしょう。午前中は患者さんの対応が多い時間帯です。昼休憩を挟んで午後も患者さんの対応を行います。夕方、患者さんの対応が落ち着いていきたら、薬の在庫の確認などをして片付けが終わったら退勤します。

ドラッグストアの場合は朝9時〜10時台に開店し、21時〜23時頃まで店を開けているところもありますので、シフト勤務であることが一般的です。ドラッグストアでも平日のみ勤務の募集もありますので募集内容をよく確認しましょう。

薬剤師バイトの面接は突破しやすい?合格率向上の秘訣はこれだ!

薬剤師バイトはニーズが高いので、自分自身が勤務条件を厳しくしなければ比較的面接を突破しやすいでしょう。ほとんどの職場では、患者さんに優しく穏やかに接することができるかというコミュニケーション能力があり、取り返しのつかないミスが無い、正確な仕事ができる人を求めています。

面接の時は慌てて落ち着きの無い印象では面接する人も不安になってしまうので、落ち着いて、早口になりすぎないように話し、しっかりした人だと思ってもらえるように対応しましょう。

まとめ 薬剤師資格を持っているならおすすめ度は90%以上!

薬剤師資格を持っている、もしくはこれから取得する予定がある人ならおすすめ度は90%以上です。待遇面で恵まれている薬剤師バイト。資格を持っているのに活かさないのはもったいないですよね!

もし、一度薬剤師の仕事をして辛くて辞めてしまったことがある人も、職場を変えれば楽しく働ける可能性があります!まずは求人をたくさんチェックして自分に合いそうな職場を見つけることから始めませんか!

※ なおアルバイトを探すならマッハバイトがおすすめ。マッハバイトなら採用時に最大1万円が受け取れます。

また、アルバイトに応募するなら3件の応募をしましょう。無理のない面接スケジュールで、安心してアルバイトを始められます。

>>祝い金をすぐに貰えるのはマッハバイト。最短1日で受け取れます。

RELATED POST