職種・業種別バイトの評判

ラブホバイトのおすすめ度は何%?楽?きつい?評判を徹底解説!

募集も比較的多く、実は人気が高いのがラブホでのバイトです。入ったことないけど応募してもいいの?と思っていた方もたくさん働いています。

使ったことがあるという方はもちろん、あまり関りのない方も、興味を仕事にするときっと楽しいですよ。

※ なおアルバイトを探すならマッハバイトがおすすめ。マッハバイトなら採用時に最大1万円が受け取れます。

また、アルバイトに応募するなら3件の応募をしましょう。無理のない面接スケジュールで、安心してアルバイトを始められます。

>>祝い金をすぐに貰えるのはマッハバイト。最短1日で受け取れます。

ラブホバイトはぶっちゃけきつい?楽?やりがいやおすすめのポイントとは?

ラブホバイトはきついと聞いたことがあるかもしれません。確かに素早さが求められたり、夜のシフトが多くて生活リズムに合わないことも。でも、楽に稼げるという意見が増えているのも事実です。おすすめなポイントもちょっときついかもしれないところも紹介するのでぜひ確認してみてください。

ラブホバイトのおすすめポイントは苦手分野を避けて稼げるところ!

ラブホバイトはフロントと呼ばれる接客担当と人と出会うことも少ない清掃担当に分かれていることがほとんどです。これは応募の時点から分かれている傾向にあります。そのため、体力に自信がなかったり掃除が嫌いな人はフロントに応募すればいいですし、人と関わるのが苦手な人は清掃に応募すれば大丈夫なんです。やっぱり働くとなると苦手なことは避けたいですよね。

でも、苦手なことを避けても、実はそのまま社員への道が開くこともあるのがラブホバイトのすごいところ。まずは自分の性格や得意分野にあった応募を選んでみるといいでしょう。

いろんなお客さんがいるところはラブホバイトのきついところ

フロントでも清掃でも、いろんなお客さんがいるなあという事態に陥ることがよくあるのがラブホバイトの面白いところでありきついところです。例えばフロントまできて喧嘩をはじめるカップルの対応に苦労したり、清掃でしたら部屋にチョコレートや生クリームが散乱していて片づけが大変だったり。

ただ、クレームは他のバイトに比べると少ない方だと言われていますし、清掃についてもペア制でなく一人で回るのが基本なので急かされてプレッシャーを感じることも少ないです。トラブルも楽しめるようなら、きついところはないと言う人もいるかもしれませんね。

ラブホバイトの楽なポイントは平日は割と暇なところ!

お客さんが来ないとフロントも清掃もかなり楽なのがラブホバイト。他のバイトよりものんびりできることも多いです。そして流行っているホテルでも週末以外は空いているというところがかなりの割合であります。なので、金曜日以外の平日に当たるように上手にシフトを組んで稼いでいる人も多いとか。

フロント業務は特に暇な時間は座っているだけでいいので本を読むなど片手間に何かすることが許されているところもあります。ただし、これはホテルによって違いますし忙しいところももちろんあるのである程度働くホテルの雰囲気を探っておくといいでしょう。

人間観察がやりがいにつながる!

仕事自体はマイペースに行えたり、黙々とした作業が多いラブホバイトです。もちろん仕事自体をひとつひとつきちんと完了させることもやりがいになりますが、普段見られない人間模様に出会えることがやりがいになるでしょう。

ラブホの中を隠されて気になる場所と思っている人も多いはず。そこに来るお客さんは様々で、訳がありそうだったり、時には警察への通報対象かもと身構えることも。お店には警察からの指導もあります。ほかの所でアルバイトをしていたら絶対に出会わなかっただろうなという場面に出会うこともしばしば起こるので、シフトに入るのが毎回楽しみになるかもしれません。

ラブホバイトの仕事内容とは?苦労するポイントと慣れるまでの時間を解説!

ラブホバイトの詳しい仕事内容も見ておきましょう。苦労するポイントもご紹介します。働き始めるは最初は辛く感じるので、どのくらいで慣れるのか気になることもあると思います。慣れるまでの時間も解説しますのでぜひ確認してみてくださいね。

主な仕事内容は接客か清掃!

前にも書いた通りバイトは主にフロントと清掃に分かれます。フロントは自動のところでなければお客さんに鍵を渡したり、注文のあった道具やフードを運んだり、終了時間案内の電話をかけたりします。監視カメラで怪しい人がいれば通報することもあります。

ベッドメイクや簡単な清掃を担当することもありますが、主な清掃は清掃の人に任せます。清掃については、研修が終われば一人で部屋を順番に清掃していきます。シーツを替えたり、ゴミを片付けたり、お風呂を洗ったりします。しつこい汚れにはスチームなどで対応することもあり大掛かりな掃除もあります。

家の掃除よりも本格的な清掃が学べるでしょう。

清掃は苦労するかも…でも一週間もあればすぐ慣れるよ!

フロントの簡単な掃除の時であったり清掃バイトについてはあまり見ない汚れに当たることもあって最初は気後れしてしまうかもしれません。血のついたタオルやティッシュが落ちていることも多いですし、その他他人の性的なものをいざ目の当たりにすると気持ち悪くなってしまう人も。

ただ、絶対に無理という人以外は何度かシフトに入るうちにただの汚れとして受け入れられたり、割と当たり前になってきますので安心してください。ただ、血などがいつまで経ってもどうしても無理という人はいますので、そういう人は触れる機会の少ないフロント業務を選んだ方がいいかもしれませんね。

ラブホバイトは実際のところ稼げる?稼げない?平均時給は1000円が相場!

地域にもよりますが都内では時給1000円前後が相場になっています。フロントも清掃も同じのところが多いですね。

ただ、清掃は昼間だけというところがかなりあるので、夜間割り増しの恩恵は受けにくくなっています。もし夜間も働きたい場合はシフトをよく確認しましょう。フロントだと夜の時間を活用して働けて、その上夜間料金で給与が貰えるのでかなり稼ぐことも可能です。

また、ラブホでは24時間シフト制を取っているところも多いです。仮眠を取りつつ24時間働く、という形なので、休みの日にがっつりシフトに入ってまとめて稼ぐという方法が取れるのもいいですね。バイトを掛け持ちするよりも時間の無駄がなく稼ぎやすいです。

時給を上げるためにはどうしたらいい?ポイントは誠実さ!

ラブホバイトでは一人の業務が多いのでリーダーシップを発揮することもあまりなく、勤務内容も基本的に決まっているので何かで目立つということも難しいです。そのため、時給を上げるのならどうしても長い期間誠実に勤め上げることが重要になってきます。

独りきりでの作業ではサボりたくなることもありますが、ひとつひとつの仕事を真面目にこなしていきましょう。そしてその中に自分なりの工夫を取り入れましょう。細かい気配りなどはきっと他の社員さんにも、そして雇い主にも少しずつ伝わっていくはずです。焦らずポイントを積み重ねて時給アップに繋げていきましょう。

ラブホバイトの一日をご紹介!

フロントのバイトの場合は、朝は朝までのお客さんに電話で延長の有無を確認したり、出ていくお客さんからから鍵を受け取ったりして少し忙しいです。その後は順次ベッドメイクをして、あとはフロントに座ってお客さんの対応が基本です。フードなどの注文があれば順次部屋まで持っていき、時間のお客さんに電話をかけ、またベッドメイク…という流れを繰り返します。清掃の場合は時間に関係なく順次掃除するべき部屋を掃除していきます。

一部屋に何分、という決まりがあることは基本的にないのでマイペースに進めます。洗濯を挟みながらひたすら掃除の繰り返しです。

ラブホバイトの面接は突破しやすい?合格率向上の秘訣はこれだ!

ラブホバイトの面接は基本的に突破しやすい傾向にあるようです。ただ、シフトに多く入れる人が優遇される傾向にはあります。24時間体制のラブホではそのシフトで問題なく入れるかをよく聞かれますし、求めている曜日や時間帯がある場合はそちらの都合が合うかの確認をされがちです。相手の条件と自分の条件が合うのかは気にしておきましょう。

髪色や髪型はある程度自由な場合も多いですが、清潔な恰好で面接には行く方が印象がよくなります。また、清掃のバイト希望でも面接ではある程度はきはきした受け答えがないと不安に思われますので対人関係が苦手であっても頑張りましょう。

まとめ黙々とした仕事が好きならおすすめ度は90%以上!

ラブホバイトについてご紹介しましたがいかがでしたか?ラブホバイトはフロントでも清掃でも、割と一人で作業することの多いお仕事です。自分のペースを保ってしっかりと働ける人ならとってもおすすめですよ。

他のバイトとは少し違ったシフトやお客さんの対応が求められることもありますが、楽しそうかもと思ったらぜひ応募してみてはいかがでしょうか?

※ なおアルバイトを探すならマッハバイトがおすすめ。マッハバイトなら採用時に最大1万円が受け取れます。

また、アルバイトに応募するなら3件の応募をしましょう。無理のない面接スケジュールで、安心してアルバイトを始められます。

>>祝い金をすぐに貰えるのはマッハバイト。最短1日で受け取れます。

RELATED POST