職種・業種別バイトの評判

医療事務バイトのおすすめ度は何%?楽?きつい?評判を徹底解説!

病院やクリニック、薬局などで働く「医療事務」。窓口や会計などで、みなさん一度は医療事務の方に接したことがあるのではないでしょうか。医療事務は、女性に人気の高い仕事の一つですが、人気が高いのには理由があるんです。今回は医療事務という仕事について詳しくご紹介します!

医療事務バイトはぶっちゃけきつい?楽?やりがいやおすすめのポイントとは?

企業でも病院でも、事務職は縁の下の力持ちとして組織に欠かせない存在です。大規模な病院などには総務や経理、人事など企業と同じような事務職もありますが、一般的に医療事務と呼ばれるお仕事は医療に特化した事務職のことを指します。知っているようで知らない医療事務について、きついところと楽なところ、やっててよかった!と思うポイントも確認してみましょう。

医療事務バイトのおすすめポイントは手に職をつけられること!

手に職をつけることは、これからの時代とても大切なことでしょう。医療事務は、仕事内容が専門的です。正確には、一般事務と同様の仕事も行うことがありますが、健康保険や患者さんへの請求といった治療にかかる費用についてなど医療に関する知識も必要な仕事です。長く続けることで専門的な知識がつきます。

一度医療事務の経験を積むと、ブランクがあっても再度医療事務の仕事につけることがあります。病院は全国にありますので、引越しをしても仕事を探しやすいというメリットもあります。手に職をつけたいと思っている方におすすめのバイトです。

職場によっては人間関係が複雑なのは医療事務バイトのきついところ

限られた人数で仕事を進めるため、職場によっては人間関係が複雑なことがあります。性格や考え方が合わない人との付き合い方で悩む方もいるようです。

ただ、人間関係の悩みはどの職場でも起こりうることですし、医療事務の職場でも和気藹々とした職場もあります。気になる方は面接の際にさりげなく職場の雰囲気を見ておくといいでしょう。

医療事務バイトの楽なポイントは座り仕事がメインなこと!

一日中立ちっぱなしで仕事をするのは、体力的にとても大変ですよね。肉体労働が多いと、年齢を重ねると続けるのが難しくなる場合もあります。でも、医療事務は違います。

楽なポイントとして、基本的にはデスクワークが多く、肉体労働が少ないというポイントがあります。ただ、大規模な病院では窓口で座らずに立って対応したり入院病棟と事務所を行ったり来たりする場合もあります。

人の役に立っているという思いがやりがいにつながる!

病院やクリニック、薬局は、病気や怪我で苦しんだり困っている患者さんにとって欠かせない場所です。医療事務バイトは、医師のように治療をしたり、看護師のように手当をすることはありません。でも医療事務の人がいないと病院はまわりません。

必要な事務仕事をこなすことで間接的に病院や患者さんの役に立つことができ、患者さんに笑顔で接することでホッとした気持ちになってもらうこともできます。そんな人の役に立っているという気持ちがやりがいにつながるはずです。

医療事務のバイトの仕事内容とは?苦労するポイントと慣れるまでの時間を解説!

専門的な知識を必要とする医療事務のバイトは、難しそうなイメージがありますよね。実際はどうでしょうか。具体的にはどんな仕事をするのか、そして働く前に知っておきたい医療事務バイトの平均時給や資格についても詳しくご説明します。

主な仕事内容は窓口対応とレセプト作成!

医療事務バイトの仕事は窓口で患者さんの対応をすることと、レセプト作成がメインです。レセプトとは、診療報酬請求明細書の通称です。多くの場合、医療保険制度に基づき患者さんへの請求と、公的機関の両方に請求をするため、医療事務がコンピューターへ入力し、算出しています。このような計算や必要書類の作成を行うことが医療事務の最も専門性の高い仕事です。

そして、患者さんへの対応も医療事務の大切な仕事の一つです。体調の悪い時に冷たい態度や威圧的な態度をとられると普段以上に悲しい気持ちになる方も多いです。反対に、笑顔や心配そうな表情で親身に接してもらえると嬉しいですよね。窓口の方には、心遣いのある優しい対応が求められています。

繁忙期は苦労するかも…でも2ヶ月もあればすぐ慣れるよ!

一般事務と同じように、医療事務にも繁忙時期があります。レセプトを公的機関に提出する締切が近づいてくると、普段より忙しくなります。一般的には月末から月初が繁忙時期と言われています。お金に関する業務のため、間違いのないように慎重に、かつスピード感を持って処理していく必要があります。

最初は緊張感に負けそうになってしまうかもしれませんが、繁忙時期を何度も乗り越えていくことで、コツを掴んで少しずつスムーズにこなせるようになっていく方が多いです。

医療事務のバイトは実際のところ稼げる?稼げない?平均時給は800円〜1000円が相場!

次は、気になる時給についてです。平均時給は800円〜1000円です。経験の有無や地域、そして医療機関によっても時給が異なります。未経験の場合は800円台からスタートすることもありますが、即戦力を求める医療機関などは、実務経験がある人を1000円、1200円と比較的高時給で採用する場合もあります。

医療機関によって求めている人物像もさまざまなので、自分にあった求人を見つけましょう。医療事務バイトが気になっている人は、求人をマメにチェックしておくことをおすすめします。

時給を上げるためにはどうしたらいい?ポイントは資格取得!

時給をあげるためには、資格取得がポイントになってきます。医療事務バイトは、資格が必須ではありませんが、資格があると有利になる場合があります。

医療事務の資格は一つではありません。診療情報管理技能認定試験、診療報酬請求事務能力認定試験、医事コンピュータ技能検定などさまざまです。医療機関によっては指定の資格を持っていると資格手当がついたり、未経験でも資格があれば応募可という場合もあります。

また、勤めている医療機関に昇給制度がある場合は一つの職場に長く勤め続けることで時給アップが期待できるでしょう。そうでない場合は、経験を積んでより待遇の良い医療事務バイトを見つける方法もあります。

医療事務バイトの一日をご紹介!

医療事務バイトは、フルタイム勤務や短時間勤務、月15日出勤など働き方は色々あります。朝、患者さんを迎える準備をし、午前中から最後の患者さんの会計終了までは、受付や会計業務が主になります。レセプト業務が必要な期間は受付時間後に行います。

総合病院など大規模な医療機関の場合は外来受付、入院受付、会計など窓口が分かれていることが多く、クリニックでは医療事務の少人数であるため、受付から会計までを全て担当することもあります。出勤後にクリニックの清掃をすることもあります。ただ、総合病院は一日の来院数がとても多くスピード感を求められるため、どちらかが大変でどちらかが楽ということは無いでしょう。

医療事務バイトの面接は突破しやすい?合格率向上の秘訣はこれだ!

医療事務バイトは専門的な知識が必要な仕事なので、経験者が優遇される傾向にあります。でも、未経験だと雇ってもらえないというわけではありません。医療事務の資格を持っていることで合格することができたり、人間性を重視して採用する医療機関もあります。

必要とされる人材は医療機関によって違います。応募する前に求人の内容をしっかりと確認しましょう。病院の顔になる医療事務ですので、人当たりのいい人は好印象を持たれます。面接は緊張するものですが、適度に笑顔を見せてアピールしましょう!

まとめ 思いやりと責任感を持っている人ならおすすめ度は90%以上!

患者さんの立場に立って、思いやりを持って接することができる人に適性があります。お金を取り扱うバイトなので、責任感を持ってミスに気をつけて働くことも大切です。

慣れるまでは難しく感じることもあると思いますが、一度身につけると、結婚や出産、介護などで働ける時間が限られている時は短時間勤務のバイトをするなど、長く働きやすいバイトでもあります。人の役に立つ仕事を探している方は、この機会に求人を探してみてくださいね!

※ なおアルバイトを探すならマッハバイトがおすすめ。マッハバイトなら採用時に最大1万円が受け取れます。

また、アルバイトに応募するなら3件の応募をしましょう。無理のない面接スケジュールで、安心してアルバイトを始められます。

>>祝い金をすぐに貰えるのはマッハバイト。最短1日で受け取れます。

RELATED POST