職種・業種別バイトの評判

国勢調査バイトのおすすめ度は何%?楽?きつい?評判を徹底解説!

「国勢調査」と聞くと、なにやら難しい調査を行っているイメージがあるかと思います。そんなイメージのある国勢調査ですが、バイトのように働くことが出来るんです!

今回は、そんな国勢調査について、おすすめポイントや業務内容、報酬のこと、面接を合格するためのポイントを紹介します!これから国勢調査の仕事に応募してみようか考えている人には必見ですよ!

※ なおアルバイトを探すならマッハバイトがおすすめ。マッハバイトなら採用時に最大1万円が受け取れます。

また、アルバイトに応募するなら3件の応募をしましょう。無理のない面接スケジュールで、安心してアルバイトを始められます。

>>祝い金をすぐに貰えるのはマッハバイト。最短1日で受け取れます。

国勢調査はぶっちゃけきつい?楽?やりがいやおすすめのポイントとは?

どんな仕事でも、きついと思うことや、やりがいを感じることってあると思います。そんななかで、国勢調査のおすすめポイントは、あらかじめ報酬額が決まっていることです。

きついことは何度もお宅に伺う必要があることです。楽な事は顔見知りが多い地域だと働きやすいところ!やりがいも加えて、これから一つ一つを説明していこうと思います。

国勢調査のおすすめポイントは、あらかじめ報酬額が決まっていること!

国勢調査のおすすめポイントは、あらかじめ報酬が決まっているので安心して働ける点です。よく見るアルバイトになると、時給制が多いです。

カフェや倉庫でアルバイトしても、1時間○○円と決められているものばかりではないでしょうか?しかし、この国勢調査バイトになりますと、世帯数に合わせて報酬が決められています。そのため、時給から働く時間を計算して、シフトを入れる必要がなくなりますよ!

調査票の配布のために何度も家にうかがうのは国勢調査バイトのきついところ

このバイトのきついところは、調査票の配布を手渡しで行うために、不在宅にはなんども伺わないといけないことです。調査票を渡しにいくのですが、夜勤の仕事をしている人や外出しがちであまり自宅にいない人は、家にいないことも非常に多いです。

その人に対しても、調査票をわたさないといけないので、時間をずらしたり、しながら伺わないといけません。相手に合わせて動ける人であれば、このバイトは向いているでしょう。

国勢調査バイトの楽なポイントは、顔見知りが多い地域だと仕事がしやすいところ!

国勢調査のバイトは、担当エリアが知っている人が多いエリアだと仕事がしやすいです。このバイトは人に会いに行き、説明をするのも仕事になります。

知っている人が多いエリアだと自分の気分的にも行きやすいですし、訪問される相手にとっても受け入れやすいです。そのため説明したり、調査票を回収するのも、とてもやりやすくなります。

重要な個人情報を扱っている責任感がやりがいにつながる!

このバイトは、個人情報を取り扱う責任感のある仕事になります。そのため、自然と気持ちが引き締まってきます。バイトを行う上でかかわってくる調査票の中には、大切な情報が記載されています。その大切な書類を扱うことで、感じることのできる責任感は、他のアルバイトでは味わえないかもしれません。社会に貢献できる感じがしますので、社会貢献をしたい人にはおすすめです。

国勢調査の仕事内容とは?苦労するポイントと慣れるまでの時間を解説!

国勢調査の仕事内容は、主に調査票を一軒一軒に配布することです。また苦労するポイントとしては、体力が必要な仕事になるので、へとへとに疲れてしまうかもしれないことです。慣れてしまえば体力もつき健康になりますよ!

そこで、これから仕事内容と苦労するポイントについて、一つ一つ説明をしていこうと思います。

主な仕事内容は調査票の配布!

国勢調査バイトの主な仕事内容は、担当エリアのお宅一軒一軒に伺い、調査票を渡しにいき説明をすることです。回答を郵送できないお宅に関しては、バイトの調査員が伺い受け取りにいきます。基本的に、人とあって話をする仕事になるため、どんな人とでも話すのが得意であったり、人が好きだと言う人には向いている仕事になると言えます。

一軒一軒回るのは苦労するかも…でもしばらくすればすぐ慣れるよ!

このバイトは、ひょっとしたら考えていた以上に、体力を使うかもしれません。

担当エリアにエレベーターの無いマンションが当たってしまったら、階段を徒歩で上がって向かわないといけません。もしマンション等があたらなくても、体力が必要な仕事になることには変わりません。日ごろから、運動をしている人であれば大丈夫だとは思いますが、もし運動が苦手でしたら頑張らないといけませんね。

しかし、このバイトでは、自然に体力もついてくるので、自然とつらいと思わずに説明に向かえるでしょう!

国勢調査のバイトは実際のところ稼げる?稼げない?

国勢調査のバイトは、エリアによっては稼げない可能性もありますが、時給に換算すると800~1000円程度になるので安心して働けます!

このバイトは担当エリアによって報酬が違います。そして、報酬も時給制度ではなく固定報酬になります。そのため、調査票が効率的に配ることが出来たり、回収できた場合は、働いた時間も短いままで報酬がもらえますが、そうでなければ長く働かないといけないこともあります。

ただ、時給換算すると普通のバイトと変わらない額になりますので、安心して働けます。

時給を上げるためにはどうしたらいい?ポイントは(時給アップのポイント)!

このバイトでは前に書いた通り、固定報酬のため時給が上がりません。その代わり、効率的に出来れば、短い労働時間で済みます。

調査票を配る人たちには、一人暮らしや、既婚者・高齢者のご家庭など、様々な人がいて生活のリズムも変わってきます。多くの人たちが、自宅に居そうな時間帯を考えて、訪問するとうまくいくかもしれません。休日や夕方ごろは比較的、家にいる人が多いのでそこを狙っていくと、効率的にできますよ!

国勢調査バイトの一日をご紹介!

国勢調査バイトの、調査書配布の流れとしては

  1. 対象のお宅に伺う
  2. 人がいたら、説明をして調査票を渡す

を繰り返します。対象のお宅に誰もいなければ、また後日お宅の訪問を行います。調査書の回収については、郵送でも出来るようになりましたので、お宅に伺わないこともあります。基本的に、一軒一軒回っていく仕事になります。

国勢調査バイトの面接は突破しやすい?合格率向上の秘訣はこれだ!

国勢調査のバイトは、多くの人を必要とするため突破しやすいと言えます!調査のためには全国で多くの人が必要になるので、調査員の大量募集がかかります。地域によっては調査員が集まらなく、人手不足になっている場所もあります。また合格率を上げるために、面接時に責任感が強いことや、人当たりがいいことなどもアピールするとより突破しやすくなります。

まとめ 責任感が強く人とかかわるのが好きな人ならおすすめ度は90%以上!

国勢調査の仕事は、調査票の配布以外にもすることはありますが、基本的には配布をします。重要なものを扱うので、責任感がある人だとやりがいを感じるでしょう!

また説明も必要なので、人とかかわるのが好きな人には向いている仕事だと言えます。大量に募集がかかるので、採用されやすい仕事になります。

責任感が強く人とかかわるのが好きな人であれば、国勢調査の仕事のおすすめ度は90%以上です!気になる人は応募してみてくださいね!

※ なおアルバイトを探すならマッハバイトがおすすめ。マッハバイトなら採用時に最大1万円が受け取れます。

また、アルバイトに応募するなら3件の応募をしましょう。無理のない面接スケジュールで、安心してアルバイトを始められます。

>>祝い金をすぐに貰えるのはマッハバイト。最短1日で受け取れます。

RELATED POST