職種・業種別バイトの評判

交通量調査バイトのおすすめ度は何%?楽?きつい?評判を徹底解説!

よく道路上で交通量を調査している人をみかけますよね。こうした人たちは、交通量調査のアルバイトを行っています。この交通量調査のアルバイトは、比較的高時給で、楽なアルバイトです。

そこでここでは、交通量調査バイトのおすすめポイントや楽なポイントから苦労するポイントといった交通量調査バイトのお仕事について紹介していきます!

交通量調査バイトはぶっちゃけきつい?楽?やりがいやおすすめのポイントとは?

交通量調査のバイトは、時期や天候に左右されますが、楽であることがいえます。

忙しさは全くないことが多く、座って数を数えるだけであるため、体力も必要ありません。やりがいとして、交通量調査のバイトは楽な仕事であるにもかかわらず高収入であることでしょう!

そこでここでは、おすすめのポイントやきついところ、楽なポイントややりがいといった事を紹介します!

交通量調査バイトのおすすめポイントは楽な仕事で高時給なこと!

交通量調査のバイトのおすすめポイントは、楽な仕事で高時給なことです!

なぜ楽な仕事であるにもかかわらず時給が高いのでしょうか。それは、調査を行うたびに行う必要のあるバイトであるため、雇用する会社は確実に人を集めなければならないからです。つまり、時給を多くすることで、人を確実に集めるということをしているのです!

そのため、継続的に仕事をすることはできませんが、単発での仕事で多くの収入を得たいといった人にはおすすめのバイトであることが言えます!

このように、交通量調査のバイトのおすすめポイントは、楽な仕事であるにもかかわらず、時給が高いことです。

天候は交通量調査バイトのきついところ

交通量調査のバイトは、屋外で行われますだけに、天候に大きく左右されることは想像がつきますよね。

交通量調査バイトは、身だしなみなどについて言われることはほとんどありません。基本的には自由な服装です。

しかしながら、寒い日や暑い日、雨の日といった天候の日であっても、業務は通常通り行われます。それゆえに寒い日はしっかりと着込む必要がありますし、ホッカイロなどは必須アイテムになるでしょう!

それに加えて業務の途中から雨が降ってくるといった事も考えると、雨具なども必要になります。暑い日は涼しい恰好で行く必要がありますが、道路などの照り返しはかなり強いため、日焼け止めなどが必須になるでしょう。

このように、交通量調査バイトのきついところは天候に左右されることです!

交通量調査バイトの楽なポイントは単純な作業であること!

交通量調査のバイトで楽なポイントは、単純作業である点です!交通量調査のバイトは、多くの場合複数人で現地へ赴きます。

しかしながら、車通りの激しい道などでは、気を抜く時間があまりなく、ひたすら数えるという作業を行います。この時は、人を数えたり、車の種類によって車の数を数えたりするため、変にコミュニケーションを取る必要もなく、作業に集中して取り組むことが出来ます。

このように、交通量調査のバイトは、単純作業であるため、楽なバイトであることが言えます!集中力がある人や淡々と作業をしてお金を稼ぎたいといった人にとってはおすすめのバイトでしょう!

短い時間で高収入を得ることがやりがいにつながる!

交通量調査のバイトは、長い時間働くこともあれば、短い時間で働く場合もあります。

しかし、給与形態として日給で行われる場合が多いです。それ故に、短い時間で働いた場合であっても、高収入を得ることが出来ます。それに加えて、長い時間働く場合でも、給料の設定は高くしてある場合が多い事から、時給換算すると非常に高い時給として給料を得ることが出来ます!

長期間働くといった継続的な仕事ではないですが、単発で一気に稼ぎたい人にとってはやりがいがあるおすすめのバイトであると言えます!

このように、交通量調査のバイトは短い時間で高収入を得ることができるため、これがやりがいになるでしょう!

交通量調査のバイトの仕事内容とは?苦労するポイントと慣れるまでの時間を解説!

交通量調査のバイトは、町中で多く見かけることがあるのではないでしょうか。

しかしながら、何をどのように数えているのか、具体的にはどういった業務であるのかということはあまり知られていないかもしれません。そこでここでは、交通量調査のバイトの仕事内容と、苦労するポイント、慣れるまでの時間を解説していきます。

主な仕事内容は対象を数えること!

交通量調査のバイトでは、調査の目的を説明されたうえで、カウンターで数える仕事が主な仕事内容です。

例えば、各車別に分けて計測を行う場合であれば、乗用車・バス・小型貨物・普通貨物・二輪車といったように分けられます・この際は、車のナンバーに注目します。

車のナンバーの地名の右側に書いてある部分が3・5・7の場合は乗用車で、4・6は小型貨物、2の場合はバスで8・9・0の場合は普通貨物といったように分類されるため、それを見て判別して数えることとなります。

またそのほかにも単純に道を通った数を数える場合や、特定の方向へ向かって通る人や車を数える場合もあります。

このように、目的を理解した上で、対象の人や車を数える仕事が交通量調査のバイトの主な仕事です。

休憩は苦労するかも…でも2週間もあればすぐ慣れるよ!

交通量調査のバイトでは、絶えず通る人や車を数える仕事であるため、休憩を取る事に関しては苦労するかもしれません。多くの場合1か所で複数人かけて数える作業を行います。そのため、休憩はローテーションという形になります。

仕事として集中する仕事であるため、こまめに休憩しますが、トイレは自分の休憩時間に済ませるということが基本です。トイレなどや休憩場があるわけではないため、近隣の施設に自分で行く必要があります。

昼食などは、持参する場合が多いため、近隣にコンビニが無い場合などは苦労するかもしれません。

このように休憩に関しては、慣れるまで苦労するかもしれませんが、2週間程度あればすぐになれるでしょう!

交通量調査のバイトは実際のところ稼げる?稼げない?平均時給は1000円から1500円が相場!

交通量調査のバイトでは、多くの場合日給制です。

拘束時間としては、12時間程度の場合が多いですが、集中して作業する仕事であるため、正確性が求められます。そのため、休憩時間がこまめにあり、12時間拘束されたとしても、休憩時間が多く実働時間としてはそこまで長くはありません。

日給では1万円前後が相場ではありますが、休憩時間を差し引くと1000円から1500円程度が平均時給の相場です!

1日で多く稼ぎたい人や拘束時間が長くても良いといった人にとっては交通量調査のバイトはおすすめであると言えます!

時給を上げるためにはどうしたらいい?ポイントは実績を積むこと!

交通量調査のバイトは、単発で仕事が入ってくるため、継続的に働くことは出来ません。

しかしながら、調査を請け負っている会社において、登録制を導入している会社が多いです。そのため、会社に登録しておいて、実績を積むことで比較的楽な現場で働くことが出来ます。

交通量調査のバイトは、日給制のバイトであるため、短い時間で働く場合などは、実績があることで優先的に仕事をもらえる可能性もあります。それに加えて、交通量の多い道路などは時給が高い一方で集中力が高くなければできない仕事でもあるため、交通量の多い道路なども実績を積まなければ難しいでしょう。

このように、交通量調査のバイトでは日給制を導入しているケースが多いですが、実績を積むことで、より稼ぎやすい現場を任されることもあるため、会社に登録して仕事があればこまめに実績を積むと時給が上がると言えるでしょう!

交通量調査バイトの一日をご紹介!

交通量調査のバイトは、多くの場合朝の7時から始まる事が多いです。朝会社に出勤した後に、何人かがパイプ椅子と共に現場で降ろされます。そこから勤務がスタートします。

休憩は、会社にもよりますが2,3時間に1回ある会社もあれば、1時間に1回ある会社もあります。交通量の多い道路などを担当する場合は、それだけカウントするのが忙しいため、こまめに休憩があるでしょう。一方であまり交通量のない道路などの場合は、あまり休憩がない可能性もあります。

このように、交通量調査バイトの一日は拘束時間として長いですが、実働時間としては短いです。集中する時間と休憩する時間でメリハリがあるため、仕事にメリハリがあったほうが良いという人にはおすすめのバイトです!

交通量調査バイトの面接は突破しやすい?合格率向上の秘訣はこれだ!

交通量調査バイトの面接は突破しにくいと言えるでしょう。単発で短期のアルバイトは、募集されている数が多いものの、人気であることが多いため、すぐに募集を終えてしまいます。そのため、こまめにチェックをして、面接にいくことが重要なポイントです。

また、実働時間が少ない勤務の場合は、応募が殺到することが考えられるため、面接にいくことは出来ますが、採用率でみればあまり高くないことが考えられます。交通量調査のバイトは、楽なバイトであることが多いため、短期のバイトの中でも人気度は高いです。

交通量調査バイトの合格率を上げるためには、会社のニーズなどに答えた調査が出来ることをアピールできれば、合格率は高まる事が言えるでしょう!

まとめ 単純作業が好きならおすすめ度は90%以上!

交通量調査のバイトは、比較的楽なバイトであることに加えて、拘束時間が長いものの、休憩時間が全体的に長いため、実働時間は少ない事が特徴です。

交通量調査のバイトでは、日給制である場合が多いですが、このことを考慮すると、時給として高時給になることが多いです。仕事の内容は単純で、調査の目的を理解した上で、ただ数を数えるだけであるため、誰にでも出来る仕事です。

この仕事では正確な数を数えることと高い集中力が求められる事から、単純作業が好きな人にはおすすめ度90%以上のバイトです!

短期のバイトは人気なバイトが多いため、競争率は高いことが言えますが、交通量調査のバイトにいくつか応募してみてはいかがでしょうか。

※ なおアルバイトを探すならマッハバイトがおすすめ。マッハバイトなら採用時に最大1万円が受け取れます。

また、アルバイトに応募するなら3件の応募をしましょう。無理のない面接スケジュールで、安心してアルバイトを始められます。

>>祝い金をすぐに貰えるのはマッハバイト。最短1日で受け取れます。

RELATED POST