職種・業種別バイトの評判

飲食店バイトのおすすめ度は何%?楽?きつい?評判を徹底解説!

街中でたくさん見かける飲食店。初めてのアルバイトとして飲食店を選ぶ方も多いのではないでしょうか。

お客さんで行くことがあってもどんな仕事をしているのかはわからないですよね。今回は飲食店バイトのおすすめポイントや業務内容、平均時給、合格のためのポイントを紹介します!

これから飲食店バイトをやりたいなと考えている人は必見です!

飲食店バイトはぶっちゃけきつい?楽?やりがいやおすすめのポイントとは?

飲食店バイトのきつい点は、忙しさです。どんなバイトも忙しいと思いますが、飲食店バイトはその中でも特に忙しいバイトです。

楽なポイントとしては、立地によっては忙しいのは決まった時間帯だけで、それ以外の時間は比較的余裕を持って仕事できるところです。

やりがいとしては、将来どんな仕事についても活かせる接客を身につけることができます。それに加えて、ほとんどの飲食店バイトにはまかないがついているのでおすすめです。

これらのことをひとつずつ紹介していきます!

飲食店バイトのおすすめポイントはまかないがあること!

飲食店バイトの最大の魅力はまかないがあること!チェーン店のような店ではメニューになる商品が低下の3割ほどで食べられます。居酒屋や、個人経営のような店ではまかないが無料で食べられることも!

店で出しているメニューがそのまま、まかないとして出されるところもあれば、残った食材を使って食べたいまかないを作ってくれるところもあります。また、一人ずつまかないを食べるところもあれば、昼と夜の営業の間にみんなで一緒に食べるところもあります。

たくさん働いた後に食べられるまかないはいつも以上においしく感じます。食事がバイト先で済ませられるので、一人暮らしなどにはとてもありがたいですよね。

飲食店バイトのきついところ

このバイトのきついところといえば、なんといってもその忙しさです。平日であってもお昼のランチ時や夕食時、土日などは一日を通してお客さんがたくさん来店します。

ホールであれば注文や料理の提供、レジ、片付けなどをいかに効率よくできるかがポイントとなってきます。キッチンであれば、料理の最大提供時間が決まっているとこともあるので、それをオーバーしないように調理をしていかなければなりません。

どちらとも、その間はずっと立ちっぱなしで動き回ることになります。最初は足や腰がとても痛くなってしまいますが、慣れるとあまり苦には感じなくなってきます。

ずっと動き回って仕事をしている分、時間が過ぎていくのはあっという間です。バイトの時間中に手持ち無沙汰になることはあまりないでしょう。

いわゆる「暇疲れ」という状態はあまりないので、集中力が切れずに仕事をすることができます。

飲食店バイトの楽なポイントは!

都心部はどこも人が多く、飲食店もとても忙しいところが多いです。ですが、同じ都心部でもオフィス街にある飲食店は狙い目です。忙しくなるのはビジネスマンが多く食事に出るランチだけと考えていいでしょう。

それ以外の時間帯はあまり混み合うことはなく、会社が休みの土日や祝祭日などはそれに合わせて店も休みのところが多いです。そのため、平日しかシフトに入れない人は、オフィス街の飲食店が狙い目です。

また、同じ飲食店よりも仕事量は少なく、常に仕事に追われるようなことはないので、余裕をもって仕事をすることができることでしょう!

店を上手く回すことがやりがいにつながる!

飲食店は常に忙しいため、どれだけ上手に店を回すことができるかが重要になってきます。

ホールは常に店内のお客さんの数を把握しておかなくてはいけません。それによってキッチンの仕込みや調理のスピードも変わってくるからです。

ホールとキッチンで連携を取り、なるべくお客さんを待たせないで料理を提供できるかがポイントです。最初はそのスピードに慣れるのが大変かもしれませんが、上手に店を回すことができるようになってくるとやりがいを感じられるようになってきます。

テキパキと仕事をこなすことができる人が向いています。

飲食店バイトの仕事内容とは?苦労するポイントと慣れるまでの時間を解説!

飲食店バイトは、注文や料理の提供をするホールと、調理を担当するキッチンに分かれます。

ホールでは、メニューを覚えたり、注文の取り方を覚えるまでは苦労するかもしれません。キッチンでは、たくさんあるメニューの作り方や、そもそも料理経験のない人は、最初は包丁を握るのも緊張してしまうことでしょう。キッチンでもよっぽどな高級店や専門店でなければ、少しずつやっていくうちに必ずできるようになっていきます。

未経験者でも、1~2か月もあれば仕事に慣れることができます!

主な仕事内容は調理や料理の提供以外にも清掃がある!

飲食店で何よりも大事なことは、店内の清潔さです。店内が不潔だとお客さんはもう二度とその店には来たいとは思いません。開店前や閉店後の清掃以外にも、開店中に手が空く時があれば清掃をします。

大丈夫だろうと思っている箇所でも、お客さんのように椅子に座ってみると汚れが目立つところがあったりします。快適な店内にするためにも、お客さん目線で見て清掃のできる人が向いています!

料理経験のない人は苦労するかも…でも1~2ヶ月もあればすぐ慣れるよ!

料理の提供や注文を取るホールと違って、実際に料理の調理をするキッチンの仕事は、料理経験があまりない人は苦労するかもしれません。ですが、先輩スタッフが包丁の握り方も一から教えてくれるので、1ヶ月もすれば千切りなども簡単にできるようなります。

調理の方法もマニュアルがきちんとあるので、それを読んで実践すればだんだんと慣れて仕事ができるようになっていきます。

ホールの仕事も最初はメニューを覚えることから始まります。料理やドリンクの種類によってはその特色や、おすすめのやり方などもあります。

少しずつ覚えて行けば、ホールもキッチンの仕事も1~2か月もあれば仕事になれることができます!

飲食店バイトは実際のところ稼げる?稼げない?平均時給は1000円が相場!

時給は、地域や店の特色によって変わります。大体の飲食店は1000円ほどが相場で、客単価が高い高級店や、都心の回転数がとても多い忙しい店になると1200~1300円というところも。

居酒屋などの深夜も営業する店になると、深夜時給になって1200~1300円というところが多いです。

時給を上げるためにはどうすればいい?ポイントはやれるを増やすこと!

常に人手不足な飲食店業界。そのため、シフトにたくさん入ってくれるバイトは大歓迎です。

また、チェーン店のような大きな飲食店では、細かく役職が決まっており、できることが増えていくと昇格とともに、時給もアップします。

シフトに多く入り、できる仕事が増えていくと年齢に関係なくどんどん昇給していきます!

飲食店バイトの一日をご紹介!

お店の営業時間によっても違いますが、今回はランチの時間帯から営業している店の一日を紹介していきます。

  • 【10時ごろ】 出勤し、開店に向けて清掃や準備。
  • 【11時~】 開店。お昼前なのでまだお客さんは少ないが、ランチタイムに向けてこの間に準備や仕込みを並行して行っていく。
  • 【12時~】ランチタイム。注文、調理、提供を行っていく。
  • 【14時~】ランチタイム終了。ここで一旦、閉店する店も多い。後片付けをして休憩に入る。この間にまかないを食べる。
  • 【16時~】夜の営業に向けて開店準備。
  • 【17時~】夜の営業開始。予約なども把握しておく。
  • 【23時】営業終了。後片づけをして退勤。

曜日によっても店の忙しさは違います。一日を通じて営業している場合は、ランチとディナーに分けて募集していることも多いです。

飲食店バイトの面接は突破しやすい?合格率向上の秘訣はこれだ!

常に人手不足なので、より多くシフトに入れる人が求められます。お客さんが多く来店する土日や、ゴールデンウィーク、お盆、クリスマス、年末年始などにも入れると、合格率がアップします!

ホール希望の人には元気と明るさが求められます。笑顔でハキハキと受け答えをしましょう!キッチン希望の人は、調理経験があるといいでしょう。

飲食店でのバイト経験がなくても、調理が好きならばその部分をアピールしましょう!

まとめ 料理が好きで接客が好きな人へのおすすめ度は90%以上!

飲食店では注文を取り、調理をして提供することが主な仕事です。調理が好きな人ならもっと料理の腕を上げることができますし、接客が好きな人であれば、様々なお客さんへの対応や、料理やドリンクへの知識も学ぶことができます!気になる方はぜひ応募してみましょう!

※ なおアルバイトを探すならマッハバイトがおすすめ。マッハバイトなら採用時に最大1万円が受け取れます。

また、アルバイトに応募するなら3件の応募をしましょう。無理のない面接スケジュールで、安心してアルバイトを始められます。

>>祝い金をすぐに貰えるのはマッハバイト。最短1日で受け取れます。

RELATED POST