店舗・会社別バイトの評判

丸亀製麺のおすすめ度は何%?楽?きつい?評判を徹底解説!

全国展開するうどんチェーン店、丸亀製麺。街を歩いているといろんなところに店がありますよね。

丸亀製麺のバイトってどんなことをしているのか気になってる方も多いはず。

今回は、そんな丸亀製麺のおすすめポイントや業務内容、平均時給、合格のためのポイントを紹介します。これから丸亀製麺でバイトをしてみようかなと思う人には必見です!

丸亀製麺はぶっちゃけきつい?楽?やりがいやおすすめのポイントとは?

丸亀製麺では、店内でうどんを作ってそれを調理して販売します。そのため、マニュアルも多く、さらには新商品もどんどん出てくるため、とにかく覚えることが多くて大変です。

逆に楽なポイントとしては、その日担当するポジションが決まっているので、いろんなことを一気に任されるのではなく、業務に集中できるところです。

丸亀製麺で働いている人は学生から70代くらいまでと幅広く、週一からのシフトからでも大丈夫なため、それぞれに合った働き方ができます。飲食店の中でも働きやすい環境が揃っています!

それぞれの特色などをひとつずつ紹介していきます!

丸亀製麺のおすすめポイントはシフトの融通が効くところ!

丸亀製麺では、週一回からのシフトでも可能です。平日は学校で土日だけ働きたい学生でもOK!

他の飲食店では平均して週に3~4日は入って欲しいというところが多いので、週1からのシフトでも大丈夫な丸亀製麺は珍しいかもしれません。

勤務してから半年経つと有給休暇もあるので、それぞれに合った働きやすい環境の中、仕事をすることができます!

覚えることが多いところは丸亀製麺バイトのきついところ

一年を通してずっと置いてある定番商品以外にも、期間限定のものや季節ごとに様々な商品を出しています。

メニューが豊富なところが丸亀製麺の大きな魅力ではありますが、従業員にとっては覚えることが多くて大変だと感じるかもしれません。ですが、定番商品さえ覚えてしまえば、あとはそれを応用するだけなので、最初に集中して覚えるようにしましょう!

しっかりと作り方や材料が書かれた写真付きのマニュアルが用意してあるので、慣れない人にも分かりやすい内容になっています。まずは基本となる定番商品を覚えていきましょう!

丸亀製麺の楽なポイントは一つの業務に集中できるところ!

丸亀製麺では、4つのポジションに分かれています。うどんを作る「製麺」、調理をする「調理場」、天ぷらを揚げる「揚げ場」、洗い場なども兼任する「レジ」です。

それぞれ担当が決まっていて、最初はレジからスタートすることが多いです。そこから段階を踏んで他のポジションも覚えていきます。

店によっても違いますが、その人の適性を見極めてずっと同じポジションで仕事をすることも多いのが特徴です。

いろんな業務を一気に担当するのではなく、完全に分担することによって仕事を効率化しています。都心の小さい店舗だとポジションを兼任することも多いようですが、郊外の店になると店舗の広さもかなり大きくなってきて移動も大変なので、基本的にはひとつのポジションを担当します。

じっくりと仕事に取り組みたい人に向いていることでしょう!

どんどんポジションを覚えていくことがやりがいにつながる!

先ほども書いた通り、丸亀製麺では4つのポジションに分かれています。最初はレジからスタートし、しばらく経つと他のポジションも覚えていくようになります。

今、どの段階までの仕事ができるようになっているのかが分かりやすく表などになっているので、自分がどれだけステップアップしていっているのかも目に見えて分かります。やれる仕事が多くなっていくとそれだけ時給も上がってきます。

段階を踏みながら少しずつステップアップしていくので、それぞれのポジションの仕事をどんどん覚えていくことがやりがいにつながります!

丸亀製麺の仕事内容とは?苦労するポイントと慣れるまでの時間を解説!

主な仕事内容は調理です。 ポジションごとに覚えることも違い、入った最初の頃はレジからスタートすることが多いです。レジは商品をタッチするだけでいいので、2週間もすれば覚えることができることでしょう。

そこから他のポジションの仕事を覚えていくのですが、うどんを生地から作る「製麺」という仕事は、その日の気温や湿度も見極めて生地を作っていかなくてはいけないので覚えることがたくさんあります。

その他のポジションもメニューや作り方など覚えることがたくさんあります。

最初はそれを覚えるためにマニュアルを渡されますが、仕事をしていくうちに1ヶ月ほどで慣れていくことができるでしょう。

主な仕事内容は調理や接客以外にも品質管理がある!

主な仕事内容なポジションごとでも違いますが、調理や接客以外にも品質管理という大事な仕事があります。店内のいたるところにタイマーが設置され、それが鳴るごとにそれぞれのポジションに置いてある食材の品質管理を行います。

うどんや天ぷら、おにぎりなども消費期限が決まっているため、基準に満たないものはすぐに破棄します。手洗いも1時間に一回するなど徹底しています。

最初は1時間の間にやるべきことが多くて混乱してしまうかもしれませんが、すぐに慣れることができるでしょう。

お客さんのスピードに苦労するかも…でも1か月もあればすぐ慣れるよ!

丸亀製麺はお客さんが入口から並んで商品を持っていくセルフ方式ですが、ピーク時になるとお客さんの回転数のスピードが一気に上がります。

特に忙しいのは、メインのうどんを調理するポジションです。ここではお客さんに注文を聞いていき、調理をしていきます。

お客さんが事前に食券を買って注文するわけではないので、注文を記憶していかなくてはいけないのですが、調理をしている間に次のお客さんの注文を聞かなくてはいけないので、オーダーミスをしないように気を付けなければなりません。

それぞれ注文する商品も異なるので、最初はそのスピードについていくのが大変かもしれませんが、徐々にそのスピードにも慣れていきます。

1ヶ月もあればそのスピードにも慣れて、お客さんを捌く回転数もどんどん上がっていきます!

丸亀製麺は実際のところ稼げる?稼げない?平均時給は950円が相場!

全国展開している丸亀製麺では、地域によって時給も違ってきますが、950円が平均となります。高い時給で働きたいと考えている人は新しくオープンする店舗がおすすめです。

ずっとその時給ではありませんが、研修期間も含めて3ヶ月間は1300円になることも!丸亀製麺のホームページには全国の店舗の求人情報が載っているのでぜひチェックしてみましょう!

シフトは比較的自由に組みやすいので、平日は3~4時間、土日は8時間勤務など、働ける時にガッツリと稼ぐこともできます!

時給を上げるためにはいろいろなポジションををなせるようになること!

4つあるポジションは、それぞれ覚えることも多く、やる業務もたくさんあります。なので、すべてのポジションができる人はかなり重宝されます。

丸亀製麺では昇給のシステムがとても明確で、何ができるようになったらどれくらい時給が上がるのかというのが表になっています。「この仕事を覚えたら時給が○○円アップ」とかなり明確なのでやる気につながります。

最初から一気に覚えていくことは難しいですが、勤務年数に関係なく昇給していけるところが丸亀製麺の魅力です。どんどんできる業務を覚えて時給アップを狙いましょう!

丸亀製麺の一日をご紹介!

シフトに入る時間によっても違いますが、大まかな一日の流れを紹介していきます。

  1. 【9時か10時頃】出勤。仕込みや開店準備。
  2. 【11時】オープン。
  3. 【12時~】ランチのピーク
  4. 【14時】退勤。

オープンまでの仕込みは結構時間に追われます。ピーク時が過ぎる頃に退勤し、次のスタッフと交代します。ピークの時間帯が過ぎたら退勤というイメージですが、シフトの組み方によっては、それの前に退勤することも可能です。

丸亀製麺の面接は突破しやすい?合格率向上の秘訣はこれだ!

丸亀製麺はスタッフの年齢層が幅広いのが特徴です。そのため、シフトやその他の条件面で合うかだけでなく、いろんな年齢層の方とも上手く仕事ができる人が求められます。

面接の時は挨拶やハキハキとした受け答えで、相手に好印象を持ってもらうことが合格率向上の秘訣です!

まとめ うどんが好きならおすすめ度は90%以上!

丸亀製麺では、店内でうどんを製麺して調理をします。できたてのおいしいうどんがまかないでは3割ほどで食べられます!

また、全国に店舗がたくさんあるので、自宅や学校から近いところなど、働ける店の選択肢が多いのも特徴です。引っ越しても他の店舗で働ける制度もあるようです。

働きやすい環境の中、うどん好きな人であればなおさらおすすめできるバイトです!

※ なおアルバイトを探すならマッハバイトがおすすめ。マッハバイトなら採用時に最大1万円が受け取れます。

また、アルバイトに応募するなら3件の応募をしましょう。無理のない面接スケジュールで、安心してアルバイトを始められます。

>>祝い金をすぐに貰えるのはマッハバイト。最短1日で受け取れます。

RELATED POST