バイトの手引き

大学生が実践したい初めてのバイト探しおすすめポイント

大学生になると多くの方が始めるアルバイト。そんなバイトも学生生活を充実させ、バイト生活も充実させる素敵な両立を図るためには、様々なポイントがあるってご存知でしたか?!今回はそんな大学生のために初めてのバイト探しに関するポイントをご紹介させていただきます。「大学生を楽しみたいけど、ガッツリ稼いで遊ぶお金も確保しておきたい」というイケイケな方も、「生活も安定させられるバイトをしたい」という堅実的な方もぜひご覧くださいね!

※ なおアルバイトを探すならマッハバイトがおすすめ。マッハバイトなら採用時に最大1万円が受け取れます。

また、アルバイトに応募するなら3件の応募をしましょう。無理のない面接スケジュールで、安心してアルバイトを始められます。

>>祝い金をすぐに貰えるのはマッハバイト。最短1日で受け取れます。

時給の高い&シフトが自由なバイトでしっかり遊ぶ!

たくさん稼いでたくさん遊びたいという大学生には、時給が高くシフト設定の自由なバイトを探すことをおすすめします。当たり前のことですが、時給が高ければ少ない時間でガッツリ稼ぐことができますよね。時給が高い分、深夜バイトだったり、体力的にキツいバイトだったりすることもありますが、たくさん稼げるのであればそんな苦労も吹き飛んじゃうはずです!またシフトの設定が自由であれば、遊ぶ予定が入っても柔軟にその予定を確保でき、逆に暇な時間が多い時はしっかりとシフトを入れてその分稼ぐことができます!飲み屋さんでのバイトなどはこの傾向が強そうです。

まかない付きのバイトで生活を支えてもらう!

バイトは何も金銭的な部分のみを支えるものではありません。まかない付きのバイトであれば、あなたの胃袋も大いに助けてくれるはずです!飲食店にもよりますが、まかないのご飯って美味しい上に量もたくさん出してくれたりしますよね。元々よく食べる方や体育会系の方には大助かりのはず…!バイト代だけでなくこのまかないもしっかりといただいて、得をしましょう。また、完璧無料とはいかなくても、お店の商品を定価よりも安く買わせてもらえるような社割制度があるバイトもあります。これでお買い物も得しちゃいましょう!

こういったバイトをすることでのサービスは面接の段階でしっかりと聞いておきましょう。サービスの内容が満足いかない場合は、別のバイト先を探すのもアリです!

とにかく楽でいい、自分のペースで働けるバイトを探す

時給にもまかないにもあまり興味がなく、「とにかく楽をして稼ぎたい」という方!まずはそんな楽な仕事はこの世の中にないことをお忘れのないようよろしくお願いします!とはいえ、仕事量が少ないバイトというのが存在するのは確かです。例えば試験会場の監督をするバイトは基本的に異常が発生しない限り待っているだけですし、お客さんの少ないお店でのレジ業務などもやはり仕事量が少ないですね。ただ、あまり暇過ぎると仕事をした達成感が得られないので、「働きたくて仕方がない!」という方は要注意です!

また、「傍から見ているととても暇そう」というバイトでも、実際にそのバイトを始めてみると「意外と仕事が多かった」、「実は目につかない裏方仕事があった」ということもありますから、その点にも注意しましょう。やはり、楽をして稼ぐのはかなり難しいのかもしれませんね!それ相応の苦労はありそうです。

モチベーション命!友達や知り合いがいるバイトで働く

「働きたくないけどお金は必要」という方は、友達や知り合いのいるバイト先を探すのがおすすめです。仕事自体に楽しさややり甲斐は見出だせなくても、友達がいるだけでも楽しいことって仕事に限らず色々ありますよね。この友達効果を駆使して、あなたのモチベーションを高く保ちましょう。しかも友達がいることで、バイトを始める時にも紹介してもらえるので、初挑戦の際のハードルもかなり下がりますよ!すでにバイトを始めている友達がいる場合はその方のツテをフルパワーで駆使しましょう。

「大学に入ったばかりでツテなんてないよ」という方は、ご自身の両親・親戚、はたまた大学の教授や事務の職員さんに聞いてみることでもバイトは見つかることがありますよ!

安全で楽な行き帰り!家の近くを歩いてバイトを探そう

バイトを探す学生のなかには、時給の金額ばかり注意がいき、バイトを始めてみると「行き帰りが遠かった」、「交通費が少ないことを知らなかった」、「行き帰りに暗い道を通る必要があって怖い」という体験をする方がいらっしゃいます。これって、とても損なばかりか危ないですよね。こういう心配をなくすためには、バイトを探すタイミングでご自身の家・下宿先・大学から近いエリアでバイトを探すことをおすすめします。徒歩でそのエリアを歩いてみて、バイトを募集しているお店を探したり、街がどういった雰囲気かを把握しておくのです。防犯のためにもこうした下見は重要ですよ。

これはむしろ、バイト探しもそうですが家探しに通ずるものもありますね。大学に入るために一人暮らしを始める必要があるという方は、このバイトの有無等も考えた上で下宿先を探すようにしましょう。バイト先から自分の家・下宿先にすぐ帰れるという方であれば、時給も高く夜遅いバイトなどもしやすくなりますよ!帰ってすぐ寝ることもできますしね!

バイト探しは1日にしてならず、自身の生活スタイルと要相談

バイトを探す際は1つの点だけにこだわらず、時給の金額、まかないなどのサービスの有無、仕事内容、友達・知り合いの有無、家・下宿先からの距離など複数の事柄を考えた上で探さなくてはなりません。ここで「時給が高いからこのバイトに即決!1日で決まっちゃったよー!」なんて言っている学生は後で後悔する可能性がありますよ…!そんな思いはしてほしくないんですよね…。だからこそ、ご自身が大学生となりどんな生活を送りたいのか、何を生活の中心に置くのかなどを考えた上で、バイトを決めてもらいたいのです!

楽しい大学生活はご自身に合ったバイトから始まります!皆さんそれぞれにピッタリのバイトが見つかるよう応援していますよ!

※ なおアルバイトを探すならマッハバイトがおすすめ。マッハバイトなら採用時に最大1万円が受け取れます。

また、アルバイトに応募するなら3件の応募をしましょう。無理のない面接スケジュールで、安心してアルバイトを始められます。

>>祝い金をすぐに貰えるのはマッハバイト。最短1日で受け取れます。

RELATED POST