職種・業種別バイトの評判

花屋バイトのおすすめ度は何%?楽?きつい?評判を徹底解説!

花屋のバイトは、とても可憐で穏やかな1日を送れそうなイメージがありますよね。

なんとなく花屋というだけで「可愛い」「かっこいい」「モテそう」なんて思ってしまいますが、実際はそうでもありません。力仕事も多く、とにかくきつい面が多く表の裏のギャップが激しいのが花屋の現実です…。

そこで今回は、花屋バイトのおすすめポイントや業務内容、1日の流れ、苦労するところなどをご紹介します。花屋のバイトが気になっている方は、イメージの裏側の真実をご覧ください!

※ なおアルバイトを探すならマッハバイトがおすすめ。マッハバイトなら採用時に最大1万円が受け取れます。

また、アルバイトに応募するなら3件の応募をしましょう。無理のない面接スケジュールで、安心してアルバイトを始められます。

>>祝い金をすぐに貰えるのはマッハバイト。最短1日で受け取れます。

花屋バイトはぶっちゃけきつい?楽?やりがいやおすすめのポイントとは?

最初から花屋がきついという話をしてしまいましたが、これは本当の話で、決して楽な仕事ではありません。ですがその分やりがいは、しっかり感じることが出来るのが花屋の魅力の一つです。

おすすめなところやきつと感じる部分、やりがいを感じる瞬間やおすすめポイントを一つずつ詳しくご紹介しましょう!

花屋バイトのおすすめポイントは心が穏やかになること!

花屋バイトのおすすめポイントは、何と言っても“心が穏やかになれること”です。

花は、どんなに辛いときでも悲しいときでも、見ているだけで心を癒してくれ、穏やかな気持ちにさせてくれます。そんな花に囲まれて仕事をしていると、明るく幸せな気分になっていきますよ。

好きな花を買って帰れば、家にいても幸せな気分に包まれ、仕事でもプライベートでも穏やかな気持ちでいられます。なかなか明るくなれる仕事ってないですから、とても貴重ですよね!

手が荒れるし、冬場はとても寒い点は花屋バイトのきついところ

花屋の仕事は、予想以上に水仕事が多いです。花の水揚げや水替えを毎日行いますから、問答無用で手が荒れます。

ハンドクリームなどは香りや成分の問題もあり、業務中に付けることが禁止されているお店もありますから、なかなか対策も出来ず、冬場は特にひどく荒れます。

また、花の鮮度を保つために店内の温度は、冬場でも夏場でも低めの温度に設定され、入口を開けっぱなしにしているお店ですと、夏は暑く、冬はとても寒いので身体に堪えます。

そんな中、水仕事も加わるので尚更ですよね。花屋のバイトに興味がある方は、この辺を最低限理解して覚悟しておいた方がいいですよ!

花屋バイトの楽なポイントは残業が少なく予定が組みやすい!

花屋のバイトの楽なポイントは、残業が他の業種に比べ少ないところでしょう。

基本的に休みやシフトの時間は、ローテーションでのシフト制が多いですが、残業時間はどのシフトになってもほぼないと言ってもいいでしょう。

他の業種と異なり、1日の勤務時間内に終わらないほどの仕事が急に増えることもありませんし、花屋の閉店前になると、少しずつ花も裏に片付け始めますから、お客さんも時間を気にせずいつまでも見ている人は、なかなかいないですからね。

髪やメイクが極端に乱れることもありませんから、仕事終わりにそのままお出かけが出来るので、プライベートも充実しますよ。

花の成長や変化がやりがいにつながる!

花屋に勤めている以上、売り物である花の管理は重要な仕事です。

そのため1本1本念入りに花の状態をチェックするので、花の変化には、人一倍敏感になります。

調子が悪かったお花が自分の手で元気になったり、植えた種から芽が生えたなど、花の成長や変化が刺激となり、やりがいを感じさせてくれます!

人間や動物と違って、訴えることがないので、気づけた喜びはとても大きいです!

花屋のバイトの仕事内容とは?苦労するポイントと慣れるまでの時間を解説!

花屋のバイトの仕事内容は、水やりだけではありません。花を配達したり、花束を見立てたりもあります。

苦労するポイントは、力仕事が多いことや虫と格闘することでしょう。

ここからは、仕事内容や苦労するポイントなどを詳しくご説明していきます。

花屋のバイトは、水やりだけじゃない!

どうしても花屋の仕事内容としてイメージするのは、水やりや花植ですよね。

なんだか、か弱い女性がしているイメージまで湧いてきますしね…。でも実際は、その他にも早朝の仕入れや水揚げ(花が水を吸いやすくするための手入れ)、水替え、メンテナンス、花束作り、接客、販売、ブログ更新、掃除、配達など様々。

力仕事がとにかく多いです。男性の従業員も少ない仕事なので頼ることも出来ませんからね。

花束作りは、慣れてきてから与えられる仕事ですが、新人のうちも暇な時間はほぼないと思ってください。

虫の駆除は苦労するかも…でも3ヵ月もあればすぐ慣れるよ!

恐らく虫が好きという人は少ないでしょう。残念ながら花屋の仕事は、虫が出ない日はないというくらいの確率で虫が出現します。

イモムシや毛虫、アブラムシが代表的で、1本の花に虫がいれば他の花にもついている可能性が高いので、チェックし見つけたら駆除せねばなりません。

虫嫌いな人からすれば、かなり苦労すると思いますが、どんなに嫌いであろうがそのうち確実に慣れます。

早い人だと1ヵ月、遅い人でも3ヵ月程度で、声もあげず無心で駆除できるようになるはずですよ!

花屋バイトは実際のところ稼げる?稼げない?平均時給は800円が相場!

花屋バイトの時給は、地域により多少の差はあるものの平均800円程度が相場になります。ですが、大変さ上に辞めていく人も多い業種なので、比較的昇給のスピードは早いでしょう。また最近は花屋だけでなく、花屋と飲食店が一緒になっているエンターテインメント性が高いお店も増えてきているので、そういった場合は900円以上の時給になる場合が多いでしょう。

時給を上げるためにはどうしたらいい?ポイントは知識を高めてアレンジに磨きをかけよう!

時給を大幅に上げるためには、花束作りやアレンジメントに力を入れてみましょう。あなたの個性とセンス溢れるアレンジメントが出来るようになれば、あなたのファンが増え、お店の利益にも繋がり、時給もどんどん上がっていくことでしょう。

だからこそ、お花の種類や基礎知識、花言葉などを覚えて、お客様に花の魅力を最大限伝えられるように勉強しましょう。

花屋バイトの一日をご紹介!

花屋バイトの一日の流れは店舗ごとに異なりますが、大まかな流れとしましては、朝早くから花の仕入れを行い、お店に出勤してからは花を並べ、お手入れ、お店の清掃などをします。

お店がオープンしてからは、接客をしながら花の状態チェックやお手入れをしつつ、花を納品しに自分の足で行くこともあります。

閉店時間になれば、片付けや掃除をし、レジの清算や売り上げ確認・報告を行い1日が終わります。ほぼ1日立ちっぱなしが多いので、1日が終わるころにはヘトヘトなんて日はザラですし、店内の温度も低いので、女性だとむくみが気になるでしょう。

花屋バイトの面接は突破しやすい?合格率向上の秘訣はこれだ!

花屋バイトの面接は、そこまで堅苦しくないので、緊張しすぎなくて大丈夫です。

服装も正社員でない限りはスーツでなくてもOKです。ただ、花屋の仕事は身体を動かすことが多く、汚れ仕事も多いため、華美な服装はマイナスなイメージを与えるため控えましょう。

ただしジーパンなどのラフすぎる服装でも非常識だと思われることもありますから、カジュアルだけどマナーはわきまえている服装が好ましいです。

花屋の仕事は接客業なので、人当たりの良さは必要不可欠です。また花屋自体に華やかなイメージを持って面接に来る人も多いので、花屋の仕事=大変だという点を面接でアピールするのが合格率アップの鍵です。

まとめ とにかく花を育てることが好きならおすすめ度は90%以上!

花屋のバイトは予想に反してつらい点が多く、心から花が好きな人でなければ乗り越えられない部分が多いです。

そのため1ヵ月もしないで辞めていく人が多いように、生半可な気持ちで足を突っ込むと痛い目を見ます…。だからこそ、花屋のバイトを始めてみる前につらい点や仕事内容や苦労する部分を知っておくことが大切です。

不安な方は、母の日やお盆が近くなると短期でバイト募集している花屋も多いので、挑戦してみるのもいいですね。

長く勤めることでセンスが磨かれ、花屋以外にもフラワーデザイナーやカラーコーディネーターなどの専門職への道も広がる夢のある仕事ですから、花を育てることが好きな方であれば、挑戦してみてはいかがでしょうか?心から達成感を感じることができる素晴らしい仕事ですよ!

※ なおアルバイトを探すならマッハバイトがおすすめ。マッハバイトなら採用時に最大1万円が受け取れます。

また、アルバイトに応募するなら3件の応募をしましょう。無理のない面接スケジュールで、安心してアルバイトを始められます。

>>祝い金をすぐに貰えるのはマッハバイト。最短1日で受け取れます。

RELATED POST