職種・業種別バイトの評判

パン工場バイトのおすすめ度は何%?楽?きつい?評判を徹底解説!

菓子パンや惣菜パンなど様々な種類があるパン。スーパーマーケットやコンビニなどで販売されているものの多くはパン工場で作られています。

特にクリスマスなどのイベントシーズンになるとパン工場の求人広告が増えるため、採用情報を見つけて興味を持ったことはありませんか?実際にパン工場でバイトをすることになったら、どんな仕事をするのかは気になりますよね。

そこでパン工場バイトのおすすめ度は何%か、楽なポイントやきついポイント、評判についてまとめたので徹底解説していきます!気になる方はぜひ読んでみてくださいね。

※ なおアルバイトを探すならマッハバイトがおすすめ。マッハバイトなら採用時に最大1万円が受け取れます。

また、アルバイトに応募するなら3件の応募をしましょう。無理のない面接スケジュールで、安心してアルバイトを始められます。

>>祝い金をすぐに貰えるのはマッハバイト。最短1日で受け取れます。

パン工場バイトはぶっちゃけきつい?楽?やりがいやおすすめのポイントとは?

パン工場のバイトといえば、作業着を着た状態で大きな機械の前に立ち、黙々とパン作りの作業をするイメージがあります。

実際にパン工場でバイトするとなるとどういう部分が楽なのか、あるいは大変なのか気になりますよね。そこでパン工場バイトの楽なところや大変なところについて、やりがいやおすすめな部分も合わせてご紹介します!

パン工場バイトのおすすめポイントは普段食べているパンやお菓子の製造過程を知ることができること!

パン工場バイトでは、普段食べているパンやお菓子の製造工程を間近で見て知ることができます。

スーパーやコンビニで販売されているパンやお菓子がどうやって作られているのかは、普通だとなかなか知る機会がありません。

パン工場で作られる商品は、製造工程を進めていくうちに少しずつ見慣れた形になっていきます。大きな機械で大量のパンやお菓子が作られていくところを見るという貴重な経験ができるのでおすすめです!

また、パン工場バイトでは形が崩れてしまったり焼き色が綺麗についていない、などといった理由で商品にならなくなったパンやお菓子を、休憩時間中に無料で食べることができます。たくさんのパンを自由に食べることができるのも、パン工場バイトがおすすめな理由の一つです。

立ち仕事で同じ作業を繰り返すのはパン工場バイトのきついところ

パン工場はライン作業でパンやお菓子を製造していくため、決まった作業を一定のスピードでこなしていく必要があります。

同じ作業を何時間も繰り返して行っていると時間の感覚がなくなってくるため、単純作業が苦手な人にとっては大変なことが多いです。

また、常に立ち仕事な上同じ姿勢で仕事をすることが多いため、パン工場バイトは体力も必要です。

パン工場バイトの楽なポイントは黙々と作業ができるところ!

パン工場バイトは一度ラインに配置されるとノルマの個数が出来上がるまでは黙々と作業をします。

他の人と会話をしながら仕事をする事は少ないため、積極的にコミニケーションをとるのが苦手な人でも楽に働くことができます。

自分が作ったパンを沢山の人に食べてもらえることがやりがいにつながる!

自分が製造に関わったパンをたくさんの人に食べてもらえることは、パン工場のバイトを通して得られる大きなやりがいです。

パン工場では毎日たくさんのパンやスイーツが製造されていて、出来上がったものは全国のスーパーやコンビニなどの店頭に並びます。

自分が製造に関わった商品が全国にある様々なお店で販売され、実際にお客様が購入されているのを見るととても幸せな気持ちになれます。

パン工場のバイトの仕事内容とは?苦労するポイントと慣れるまでの時間を解説!

パン工場のバイトと聞くとあなたはどんな仕事を思い浮かべますか?例えばパンやお菓子の製造補助はパン工場で行われている仕事の一つですが、その他にもどんな仕事をするのか気になりますよね。

ここではパン工場のバイトがする仕事内容について解説していきます。

主な仕事内容はパンやお菓子の製造、材料の仕分け、梱包!

パン工場バイトの主な仕事内容は以下のとおりです。

  • パンやお菓子の製造
  • 原材料の仕分け、運搬
  • 出来上がったパン、お菓子の梱包

パン工場ではパン以外にも洋菓子や和菓子、さらにはクリスマスケーキといった季節商品など様々な商品を製造しています。最初は1つの商品の製造ラインに配置されて作業を続けます。

慣れてくると複数の製造ラインの仕事も担当できるようになります!

製造ラインのスピードに合わせて作業するのは苦労するかも…でも半日もあればすぐ慣れるよ!

パン工場のバイトは、製造ラインの機械が動く速度に合わせてパンやスイーツを仕上げていく必要があります。

1つでも作業が間に合わなかったりミスをしてしまうと稼働しているラインが止まってしまい、製造個数のノルマ達成が遅れてしまいます。

最初の頃は商品が流れてくる速度に合わせて作業を行うのが大変かもしれません。ですが同じ製造ラインで半日作業を続けていれば、慣れてきてテキパキと作業をこなすことができるようになりますよ!

パン工場のバイトは実際のところ稼げる?稼げない?平均時給は1000円が相場!

実際に働くとなると、パン工場のバイトはどれぐらい稼げるのか気になりますよね。地域によって多少差はありますが、東京都内だとパン工場バイトの平均時給は1000円前後です。

製パン・製菓専門学校を卒業している場合、平均時給よりも100円前後高い時給でスタートするパン工場もあります。年末のイベントシーズンのみ勤務する短期バイトも多く募集しているので、冬休みを利用してたくさん稼ぐ学生さんもいます。

時給を上げるためにはどうしたらいい?ポイントは長く働くこと!

未経験の人がパン工場のバイトを始める際、最初は1つの商品を担当します。長く勤めて工場内にある全ての商品の製造作業ができるようになれば時給アップにつながります。

また24時間稼働している工場の場合は早朝や深夜は時給が割増になったり、クリスマスなど人手が足りない時期は特別手当が出ることもあります。

少しでも稼ぎたい人は早朝や深夜、イベントシーズンに積極的に出勤すると良いでしょう。

パン工場バイトの一日をご紹介!

ここでは実際にパン工場でアルバイトとして昼間に勤務している人の、ある一日のスケジュールをご紹介します!

  • 7:00 起床。工場は駅から離れた場所にあるため、通勤時間に余裕を持たせて出勤します。
  • 8:30 勤務開始。自分が配置される製造ラインを確認したあと、作業を開始します。
  • 9:00 ラインに流れてきたサンドイッチ用のパンにフルーツを載せていきます。この時、フルーツがパンの中心からずれてしまうと見栄えが悪くなっているため、載せる位置に注意して作業を進めます。午前中はこの作業を繰り返します。
  • 12:00 休憩。商品にならないパンを無料で食べることができるため、昼食用にいくつか選んで食べます。
  • 13:00 午前中に担当した製造ラインとは別の場所で作業を行います。ここでは出来上がって袋詰めされたパンが一定のスピードで運ばれてくるので、一つ一つ丁寧に箱へ詰めていきます。この時、パンが入っている袋に傷がないかチェックしながら箱詰めしていきます。午後は勤務終了までこの作業を繰り返します。
  • 17:00 勤務終了。

これはあくまでも一例で、バイトをする工場や忙しさ、時間帯によってもスケジュールは変わってきます。

パン工場バイトの面接は突破しやすい?合格率向上の秘訣はこれだ!

パン工場バイトの面接を受ける時は、パンの製造経験があればアピールしておくと優遇されます。

大きな工場だと募集人数が多いため、問題がなければその場で採用というケースも多いですが、食べ物を扱うため特に衛生面は気をつけておく必要があります。面接前に爪を切るなど身だしなみを整えておきましょう。

まとめ パンが好きで単純作業が得意ならおすすめ度は90%以上!

パンが大好きでなおかつ単純作業も好き、という人がバイトを始めるならパン工場のバイトが向いていると言えます。普段自分が食べているパンやスイーツなどが出来上がるまでの工程を知ることができます。

立ち仕事なのは大変ですが、自分が製造に関わったパンを沢山の人々に食べてもらえるなど、やりがいを感じるポイントもたくさんあるので気になる方は応募してみてはいかがでしょうか。

パンが好きならおすすめ度は90%以上!

※ なおアルバイトを探すならマッハバイトがおすすめ。マッハバイトなら採用時に最大1万円が受け取れます。

また、アルバイトに応募するなら3件の応募をしましょう。無理のない面接スケジュールで、安心してアルバイトを始められます。

>>祝い金をすぐに貰えるのはマッハバイト。最短1日で受け取れます。

RELATED POST