バイトの手引き

当てはまったら実行、あなたが考えるべきバイトの辞めどき

学生にとっては収入の柱となるアルバイト。そんなバイトはこの世の中にたくさんあり、皆さんそれぞれでやりたいバイトも違ってくると思います。ただ、「新しいバイトをはじめようにも辞めどきが見つからない」という学生も多いでしょう。そんな学生さんにはバイトを辞める理由となる大義名分を見つけることを心がけていただければと思います。今回はそんな辞めどきを複数ご紹介していきますので、ぜひご自身のバイト事情と比べてみてください。

※ なおアルバイトを探すならマッハバイトがおすすめ。マッハバイトなら採用時に最大1万円が受け取れます。

また、アルバイトに応募するなら3件の応募をしましょう。無理のない面接スケジュールで、安心してアルバイトを始められます。

>>祝い金をすぐに貰えるのはマッハバイト。最短1日で受け取れます。

脱理不尽、無時給で働かせられた時に辞める

大前提としてバイトは時給制で働きますよね。シフトで決められた時間内ではどれだけ忙しかろうと、どれだけ暇であろうと、その時間内に業務に従事していれば決められたお金がもらえます。逆に言えば、この時間外の業務は本来業務に入れるべきではなく、違法であるともいえます。あまりにも時給の発生しない時間外労働が増えるようであれば、それを理由に辞めることをおすすめします。バイト先もバイト料を払っていないのにもかかわらず、強く引き留めることはできません。それに貴重な時間をお金に換えている学生の時間を0円で使うような行為は許して良いものではありません。あなたに非はありませんから、毅然とした態度で辞めることを伝えると良いでしょう。

優先順位を考えて学業が忙しくなった時に辞める

前項でも少しお話しましたが、学生の時間はとても貴重です。「時間はあってもお金はない」とされる学生ではありますが、時間を無駄に使って良いということではありません。お金を手に入れるためにバイトをするのはとても有意義ではありますが、学生の本分は学業であることを忘れてはいけません。その学業が忙しくなった時、バイトなどに時間を使うことはあまりおすすめしません。学業の足枷になるようであれば、辞めるのも1つの手です。学業で得た知識や経験は、その時すぐに役立つものではないかもしれませんが、就職した時や今後の人生のどこかで必ず役立ちます。その機会を大切にしましょう。

起業して自分で稼ぎたいと思った時に辞める

昨今はインターネットを当たり前に使う方が増えてきました。それは学生も例外ではなく、遊ぶ、学び、情報収集などなど様々な部分でインターネットを活用する学生も多いはずです。なかでも起業を考える学生の多くは、そのインターネットによってビジネスチャンスを掴んでいます。このように学生でも起業の敷居が低くなっている今、別にバイトで収入を得ず自分の力だけで収入を手に入れても良いのです。バイトを辞め、起業することに時間を注ぐことは決して無駄ではありません。仮に起業が上手くいかずとも、学生にはやり直す機会がいくらでもあります。そこからまた別のことに挑戦しても良いですし、やはりバイトを始めてみるというのも良いはずですよ。

他に時給の良いバイトが見つかった時

バイトは時給がすべてです。いくら楽しいバイトだとしても、時給が低ければ段々とやり甲斐も失われてしまう可能性があります。であれば、楽しくて時給の金額も良いバイトを探すべきでしょう。今のバイトに満足していたとしても、他に時給の良いバイトがあるかどうかを探すことは常に行っておくべきで、必要があればササッと乗り換えてしまいましょう。バイト情報誌、店頭のバイト募集チラシ、友達のツテを調べてみるようにしましょう。時給が良くなれば、あなたはバイト以外にやりたかったことに使えるお金が増えます。また、時給が良くなることでバイトをする時間そのものを減らして、他のことに使える時間も増えるでしょう。

所詮はバイト、義理を感じる必要はない

バイトはこの世の中に欠かせない仕事ではありますが、所詮はバイトです。バイトに責任感を持ち一生懸命になることは悪いことではありませんが、上記で紹介したような様々な理不尽を押し付けられる必要はありません。また、過度にバイトに対する義理を感じる必要はなく、辞めどきを見つけてしまえばキッパリと辞めることを決心して良いのです。義理を感じて自分ばかりが損をするようなことはあってはなりません。

目を向ければバイトの辞めときはいくらでもある

今回ご紹介したようにバイトの辞めどきというのはいくらでもあります。それは「無時給で働かせられる」、「時給が低い」といったバイト先側の都合もあれば、「学業に集中する必要がある」、「起業など他にやりたいことが見つかった」などの学生側の都合もあります。ただ、どちらに関しても言えるのが、学生側が過度にバイト先に義理を感じる必要はないということです。バイトの辞めどきというのは目を向けさえすればいくらでも転がっているものですから、少しでも現在のバイトに疑問を抱いている方はぜひ考えてみるようにしてください。また、バイトを辞めることは決してネガティブなものではありません。新しい挑戦の機会や自分の生活を充実させてくれるものでもあることを念頭に置いておいてくださいね。

※ なおアルバイトを探すならマッハバイトがおすすめ。マッハバイトなら採用時に最大1万円が受け取れます。

また、アルバイトに応募するなら3件の応募をしましょう。無理のない面接スケジュールで、安心してアルバイトを始められます。

>>祝い金をすぐに貰えるのはマッハバイト。最短1日で受け取れます。

RELATED POST