職種・業種別バイトの評判

バーテンダーのバイトのおすすめ度は何%?楽?きつい?評判を徹底解説!

おしゃれなカウンターでカクテルなどのアルコールを作って提供するバーデンダー。とてもすてきな仕事ですよね。イケメンのバーテンダーが結構多いのですが、きれいな女性のバーテンダーもいますよ。

カクテルを作るのが難しそうなので、未経験でも大丈夫なのかが気になるところです。その辺も含めてバーテンダーのバイトについて徹底的に解説していきますので、興味のある人は参考にしてみてくださいね。

バーテンダーのバイトはぶっちゃけきつい?楽?やりがいやおすすめのポイントとは?

バーテンダーの仕事は、ただひたすらカクテルを作っているだけというイメージが強いですよね。

本当にバーテンダーの仕事はそれだけなのか、きつい面はないのかを中心に、やりがいやおすすめポイントも紹介していきますね。

バーテンダーのバイトのおすすめポイントはおいしいお酒を味見し放題!

バーには世界各国のいろいろな種類のお酒が置いてあります。なかには一般人には手が出せない高級なお酒が置いてあることもあるんです。訪問客へ提供するときや、カクテルを作るときは、味見をしてから出すので、ある意味たくさんお酒を飲む機会があります。

作ったカクテルがおいしいかどうかの確認で味見する場合もあれば、お酒本来の味わいを確認するために味わうこともあって、いろいろな種類のお酒が味見できるのがポイントです。

カクテルはリキュールだけではなく、ワインやビール、日本酒を使ったものもあるので、お店にもよりますが、置いてある全種類のお酒を味見できますよ。

酔っ払い相手は少し大変!バーテンダーのバイトのきついところ

おしゃれなバーなので、上品な訪問客ばかりだろうと思いがちですが、酔うと気が大きくなって、わざとけんかを仕掛けてくるような人もいます。バーテンダーはその対応もスマートにこなさなければならないので、そこが少し難しいところかもしれません。

ただし、大事になればバーテンダーの手に負えなくなりますが、店長が助けてくれるので安心してください。いくらお客様でも限度がありますので、しかるべき対処をしてくれるはずです。

なかには愚痴を延々と話す人もいるので、それが原因でストレスがたまることもあります。上手に聞き流せるようになると、いくらかマシになるので、慣れが必要ですね。

バーテンダーのバイトの楽なポイントは力仕事はなし!

お酒を運ぶのは業者の人なので、基本的に力仕事はありません。カウンター内でカクテルなどを作る仕事、片付けくらいで、きつい力仕事がないのが特徴です。ただし、シェーカーを振り続けるのは結構大変なので、上半身を鍛えていると楽になりますよ。

腕立てや背筋、腹筋をしておくと、混雑時のカクテル作りも楽になります。あとは立ちっぱなしですが、移動をすることがあまりないのが楽です。会話が好きな人なら、訪問客と楽しい会話をして、おいしいお酒を提供する仕事なので、あっという間に時間が過ぎていきます。

開店間際は訪問客が少ないので、空いた時間にゆっくりとできて、混雑するまではマイペースに仕事ができますよ。

お酒の勉強ができるのがやりがいにつながる!

バーテンダーのバイトをしている人のなかで、いつかは自分のバーを開業したいと考えている人もいることでしょう。そのためにも、バーテンダーのバイトで経験を積み、バーテンダーの資格を取ってから、自分のお店を持つという夢を持っているかもしれませんね。

そう考えている人にとっては、バーテンダーのバイトはとても有効です。たくさんの種類のお酒を扱いながら、カクテル作りの練習ができます。カクテルを提供するおしゃれなバーで、バーテンダー経験を積んでおくことは、開業を考える人にとって、将来的にとても役立つことなんですよね。

あと時間が空いているときには、オリジナルカクテルを研究できます。いつかは出場するかもしれない「全国バーテンダー技能競技大会」のためにもがんばりたいですね。

バーテンダーのバイトの仕事内容とは?苦労するポイントと慣れるまでの時間を解説!

それではバーテンダーが実際にどんな仕事をするのか、具体的に見ていきましょう。苦労するポイントはどんなところなのか、慣れるまでどのくらいかかるのかもあわせて見ていきます。バーテンダーの仕事自体が未経験の人は、参考にしてから応募してみてくださいね。

主な仕事内容はカクテル作りと会話!

バーテンダーのバイトでは、カクテル作りがメインの仕事になります。カクテルの知識も必要ですし、訪問客との楽しい会話をしつつ、カクテル作りをするので、慣れるまでは少し大変かもしれませんね。もちろん、カクテル作りだけではなく片付けやお酒の補充などさまざまな仕事もあります。

お酒の種類が多いので、特徴やカクテルではどのレシピに使うお酒なのかを覚えなければなりません。あとは、訪問客を楽しませる話術をみがくのも大切な仕事です。とくに1人で来る訪問客で大抵の人は、バーテンダーとの会話も楽しみに来ています。

居心地が悪いと感じれば、カクテルを1杯だけ飲んで帰ってしまうでしょう。カクテルをたくさん飲んでもらうには、巧みな話術が必要です。

バーテンダーのバイトは未経験でもできるの?

バーテンダーのバイトは、未経験でもやる気さえあればできますし、バーテンダーの資格がなくても大丈夫です。お酒の知識もバーテンダーのバイトをしながら徐々に覚えていけば問題ありません。一生懸命に仕事をやろうとする情熱と誠実さがあれば務まります。

募集を掛けているページの募集要項に、「未経験・初心者OK」と記載されているところがあるので、そういうところをメインに応募していけば大丈夫です。

「未経験・初心者OK」と記載がなくても、熱心なアピールで働くことができた人もいるので、あきらめないでください。どうしてもここのお店で働きたいという強い意志があれば、願いがかなうかもしれません。

カクテル作りは苦労するかも…でも2週間もあればすぐ慣れるよ!

とにかくお酒の種類が多いので、それを覚えるだけでも少し時間が掛かります。まずはお酒それぞれの名前や特徴を覚えたあとに、何のカクテルに使われているのかを覚えていきます。

リキュールの種類もそうですが、量を間違えると違うカクテルになってしまうので、カクテル作りには最初苦労するかもしれませんね。あとはシェーカーの振り方もコツがあるので、やり方を習う必要があります。

あとはシェーカー以外にも、カクテル作りに必要な道具があります。それらの道具に関しても、名称や使い方を覚えていくことも大切です。道具の使い方は難しそうでも、使っていくうちに慣れて、上手に使えるようになりますよ。

バーテンダーのバイトは実際のところ稼げる?稼げない?平均時給は1300円が相場!

バーテンダーのバイトは、ほかの接客業と違い、少し大変な部分もあります。だからなのか、時給も結構高く設定しているお店が多いです。大体未経験でも1,100円から1,300円となっていて、経験を積めば2,000円以上になるところもあります。

遅い時間帯に働くというのと、仕事内容が専門的なところがあるので、高い時給となっているのでしょう。

時給を上げるためにはどうしたらいい?ポイントはカクテル作りの技術向上と話術!

カクテル作りと話術の力量は、2つともバーテンダーにとって大切な要素です。お酒の十分な知識があり、カクテルをおいしく作れる技術があるだけでも、とてもすごいことなのですが、バーテンダーはホスト的な要素も必要になります。

訪問客を楽しませる話術があると、どんどん時給もアップしていきますよ。訪問客が良い気分でお酒を楽しめると、それがリピーターにつながるからです。そのため、お店にとってなくてはならない存在のバーテンダーとして認識され、店長が時給を上げてでもいてほしいと思ってくれます。

純粋にお酒が好きな訪問客が多いので、お酒について質問をされることもあるんです。そのときに十分なお酒の知識があれば、難しい専門的なことでも答えられるので、時給アップにつながります。

バーテンダーのバイトの一日をご紹介!

開店前は清掃やセッティング、カクテル作りの道具の点検、お酒の補充などをしていきます。開店してすぐには訪問客も少ないので、じっくりと接客ができるでしょう。グラスを磨いたり、道具を洗ったりしながら、様子を見て訪問客との会話を楽しみます。

2人以上いて、会話の必要がない場合は、ときおり何か必要なものはないか、困っていることはないか気配りをしつつ、ゆっくりと時間を楽しむ流れです。ピークは20時過ぎころ、カウンター席も満席になり、とたんに忙しくなります。

慌てずに落ち着いて、カクテル作りと接客対応をしていきます。あとは閉店後に、片付けをして終了です。

バーテンダーのバイトの面接は突破しやすい?合格率向上の秘訣はこれだ!

未経験でも情熱さえあれば面接は通りやすいですが、接客サービス業であり、訪問客をもてなす必要があるため、人好きする人の方が良いです。人付き合いが苦手だと、お酒が好きなだけでは、バーテンダーは厳しいかもしれません。

会話していて楽しくて魅力的な人で、お酒が大好きという人は、合格率が高いです。面接では人懐っこい感じを出して(ていねい語は必須)、バーテンダーになりたいという強い思いがあることを訴えましょう。

あとは将来の夢(バーテンダーの資格取得や自分のお店を出したいこと)を熱く語ることで、合格率があがっていきますよ。

誰とでも会話を楽しめる人ならおすすめ度は90%以上!

お酒の知識やカクテルを作る技術は、未経験でも働きながら覚えていけることです。お酒があまり飲めない人でも、お酒の知識とカクテル作りだけなら、努力すればできます。ただし、人との会話は好きではないと続きません。

とくに苦手な人が多い神経質な人だと、会話自体がつらいと感じてしまうでしょう。バーテンダーになるには、楽しく会話しながらお酒を飲めるタイプの人ではないと長く続けられません。

知識や技術よりも、人好きのする接しやすいタイプの人なら、バーテンダーのバイトはかなり向いています。まずはこの条件をクリアしたうえで、バーテンダーになりたいと強く思う人は、ぜひ応募してみてくださいね。

※ なおアルバイトを探すならマッハバイトがおすすめ。マッハバイトなら採用時に最大1万円が受け取れます。

また、アルバイトに応募するなら3件の応募をしましょう。無理のない面接スケジュールで、安心してアルバイトを始められます。

>>祝い金をすぐに貰えるのはマッハバイト。最短1日で受け取れます。

RELATED POST