職種・業種別バイトの評判

荷揚げバイトのおすすめ度は何%?楽?きつい?評判を徹底解説!

街中や住宅街など、様々な場所で建築現場を目にすることがありますよね。そこで作業着を来て重たそうな物を運んでいる人達は荷揚げ屋さんです。荷揚げ屋の仕事は、建築の現場において必要な資材を現場に運ぶ仕事です。

荷揚げの仕事のおすすめポイントは、短期間で手っ取り早く稼げることです。人によりますが、1日で1万~2万5千円ほど稼げます。後程詳しく紹介します。

今回は、そんな荷揚げバイトのおすすめポイントや業務内容、平均時給などを紹介します。荷揚げの仕事に興味がある人は必見です!

荷揚げのバイトはぶっちゃけきつい?楽?やりがいやおすすめのポイントとは?

どんなバイトでもきついことと楽なこと、やりがいやおすすめのポイントってありますよね。荷揚げのバイトできつい事と言えば、一日重い荷物を運ばなければならないことでしょうか。

しかし、慣れれば楽して持つ方法も分かってくるので安心してください。

やりがいとしては、これもとにかく稼げることでしょう。建築現場での給料は、時給制ではなく1現場いくらという給料形態が多いです。

1つの現場に決められた数の資材を運べば仕事は終わりなので、現場によっては2時間ほどで終わるところも。1現場8千円~1万円が相場なので、とても割りの良い仕事ですよね。これから詳しく紹介していきます!

荷揚げのバイトのおすすめ・やりがいポイントは短時間で手っ取り早く稼げる仕事だということ!

荷揚げのバイトのおすすめ・やりがいポイントはなんといっても短期間で手っ取り早く稼げることです。

さきほども少しふれましたが、建築現場は1つの現場で搬入する資材の数が決まっており、搬入する資材が少ない現場では2時間ほどで仕事が終わることも。慣れている人は1日に2~3現場をまわる人もいるので、大きい金額を稼ぐことができます。

とはいっても体が資本の仕事ですので、無理しずぎないことが大切でしょう。

荷揚げのバイトのきついところは重労働!

このバイトできついところは、重い物をひたすら運ぶ重労働だということです。

搬入する資材は、石膏ボードと呼ばれる健在で、部屋の壁の内側に取り付けられているものです。基本的にはこの石膏ボードを運ぶのが仕事ですが、現場によっては家具やフローリング材などもあります。どれも持ち上げるのに力が必要なので、若くて体力に自信のある人にはおすすめです!

荷揚げのバイトの楽なところは、リーダーになると重い物を持ち運ばなくてもよくなること!

重い建材を搬入する重労働の荷揚げバイトですが、仕事が長くなると現場のリーダーを任されることがあります。

リーダーは現場のスタッフの安全を管理することも仕事ですので、荷物の搬入を指示する側にまわることも。そうすると新人のころよりものを運ぶ仕事は少なくなりますが、現場に配置されるスタッフは建材の量に見合った最低限の人数であることが多いので、リーダーも建材を運ぶことになることが多いでしょう。

荷揚げのバイトの仕事内容とは?苦労するポイントと慣れるまでの時間を解説!

荷揚げバイトの仕事内容は、現場で指定された資材を搬入することです。苦労するポイントとしては重労働なことと、現場によって厳しい人が多いことです。しかし、最初は怖くても基本的に仕事に慣れれば優しくしてくれる人が多いので、一ヶ月もすれば大丈夫でしょう。これから詳しく紹介します!

主な仕事内容は資材の搬入!

荷揚げバイトの重要な仕事は現場に資材を搬入することです。搬入する資材は石膏ボードと呼ばれる健在で、1枚およそ14kgあります。最初の打ちは2枚持ちで運ばせてもらえることが多いですが、慣れてくると4枚持ち。力自慢の人は6枚一気に持ち上げる人もいます。体が資本の仕事ですので、無理せず自分に出来る範囲で持ち運びましょう。

現場に強面の人が多いので苦労するかも…でも1ヶ月もあれば慣れます!

荷揚げバイトで苦労するポイントとしては、強面の人が多くて厳しい現場があることでしょうか。荷揚げバイトでは1つの現場で搬入する資材の数が決められているため、資材を速く搬入できる人材が多いほど早く現場仕事が終わります。速く資材を運ぶことができないうちははっきり言って足手まといになってしまうので、厳しく接されることも…。1ヶ月もすれば資材を楽に運ぶ体の使い方が分かってくるため、慣れるまでの辛抱です!

荷揚げのバイトは実際のところ稼げる?稼げない?給料の相場は?

荷揚げバイトの給料は、1つの現場につき8千円~1万円が相場です。現場仕事に慣れると、1つ目の現場を終わらせて次の現場というふうに現場を掛け持ちできるので、人によっては1日に2万円以上稼ぐ人も。

仕事はきついですが短時間で手っ取り早く稼げるので、体力に自信のある人はガシガシ稼いじゃいましょう!

給料を上げるためには?ポイントは体力と安全管理!

給料を上げるには、やはり体力があることが望ましいでしょう。

1回の搬入で石膏ボードを6枚持ちできるほどの上級者になれば、現場でもかなり重宝されるようになりますので1つの現場でもらえる給料もあがるでしょう。1日に数ヵ所の現場を回れる人も大変重宝されます。

ただし、現場リーダーなど役職を得るには安全管理が出来る人でないといけません。体力に自信があっても怪我が多かったり、現場のスタッフに自分と同じことを求めて無理をさせる人には役職は与えられない可能性があります。

荷揚げバイトの一日をご紹介!

荷揚げのバイトは一日の業務が重労働です。一日働くと足腰にもかなり負担が来ますので、しっかり体を休めて仕事に励みましょう!

  • 朝の体操(7時~9時)
  • 資材の搬入(午前)
  • 昼食
  • 資材の搬入(野外での作業は暗くなる手前まで)
  • 現場・詰め所の掃除

建築現場の仕事は全員で朝の体操をすることから始まります。一日重労働になりますので、間接を痛めて怪我などをしないようにしっかりと体操をしましょう。

体操後は現場に資材を載せたトラックが来るので、トラックから現場に資材を搬入しましょう。搬入する資材は基本的に石膏ボードと呼ばれる建材が多いですが、現場によっては家具やフローリング材なども搬入することもあります。

石膏ボードは畳1畳ぐらいの大きさがり、持ち上げて運ぶときに建物の壁などに当たらないように気を付けなければ行けません。うっかり搬入している資材を壁などにぶつけてしまうとかなり怒られるので気を付けましょう。

作業時間ですが、野外で仕事が行われる場合は明かりがないと大変危険なので暗くなる前に終了します。作業終了後は現場のほこりを掃除したり詰め所を掃除して仕事終了です。

荷揚げバイトの面接は突破しやすい?

荷揚げバイトは、特に学歴や特別な資格は必要ないため、体力に自信がある人なら誰でも受かるでしょう。

痩せこけている人や病気持ちの人は断られる可能性もあります。体力に自信がある人でも、慣れるまでは重労働で筋肉痛に襲われることは覚悟した方がよいでしょう。

まとめ 体力に自信がある人ならおすすめ度は90%以上!

荷揚げのバイトは重労働であるためかなりの体力が求められます。最近は衛生面での管理が厳しくなっているため現場もきれいにしてあるところが多いですが、現場によっては大量のほこりなどが出るところもあります。

体力に自信があり、かつ自信の体調管理をしっかり行える人は向いているでしょう。気になる人は応募してみてくださいね!

※ なおアルバイトを探すならマッハバイトがおすすめ。マッハバイトなら採用時に最大1万円が受け取れます。

また、アルバイトに応募するなら3件の応募をしましょう。無理のない面接スケジュールで、安心してアルバイトを始められます。

>>祝い金をすぐに貰えるのはマッハバイト。最短1日で受け取れます。

RELATED POST