職種・業種別バイトの評判

出口調査バイトのおすすめ度は何%?楽?きつい?評判を徹底解説!

みなさんは「出口調査」というバイトをご存知ですか?選挙の投票日に、投票を終えた有権者に投票所の出口でアンケートをとる短期バイトです。

面接や仕事内容の指示を受ける説明会を含めても2、3日程度時間を確保すればいいので、普段別のバイトをしている人の掛け持ちバイトとしても人気があります。

今回はそんな出口調査バイトについて詳しくご紹介します!

出口調査バイトはぶっちゃけきつい?楽?やりがいやおすすめのポイントとは?

出口調査バイトは、「誰に投票したか」「その政党に投票したか」といった投票内容についてアンケート調査をするバイトです。アンケートされる側として出口調査の方と接したことがある人もいるのではないでしょうか。

出口調査をすることによって選挙の結果や得票率を予測することができるため、一早く情報を得たいと考えているテレビ局や新聞社などが出口調査のバイトを募集することがあります。

知っているようで想像できない部分も多い出口調査バイトについて、まずはおすすめポイントなど気になるポイントを一気にご紹介します!

出口調査バイトのおすすめポイントは短期バイトであること!

出口調査バイトの魅力は、短期バイトであるということです。時間の都合をつけやすい短期バイトは臨時収入がゲットできるので嬉しいですよね。

普段は別のバイトをしているけど収入アップのために掛け持ちをする人や、短期バイトを探している学生や主婦の方にも人気があります。選挙は日曜日に行われますので、平日は会社で勤務している人にとっても、時間が確保しやすいでしょう。

立ち仕事なのは出口調査バイトのきついところ

出口調査バイトは、休憩時間以外は基本的にはずっと立ちっぱなしです。

力仕事はありませんが、1日立ったままで働くと、どうしても脚に疲労が出てきます。人によっては全身の疲れも感じるでしょう。そのため、できるだけ痛みの出ない履きなれた靴を履いてバイトすることをおすすめします。

また、バイトする地域の投票所にもよりますが、室外勤務になることが多いので季節に合わせて防寒対策をしたり、風通しの良い服を着るなど工夫するといいでしょう。

出口調査バイトの楽なポイントは仕事内容がシンプルなこと!

楽なポイントは、仕事内容が複雑でなくシンプルであるということです。ほとんどの場合、投票所の出口で有権者の方にアンケートをとること、そしてその結果を報告することに専念できます。

仕事内容については、マニュアルがあるか、事前に担当者からレクチャーを受けてからバイトを開始します。何を質問するのか決まっているため、有権者に声をかけたあとに自分で話す内容を考える必要がありません。

結果が形になることがやりがいにつながる!

選挙の投票日に、開票を開始して間もないのに、テレビで「当選確実」「当確」と報じられているのを見たことがある方も多いのではないでしょうか。

これは、出口調査の結果を反映して報道しています。つまり、出口調査バイトで自分がアンケートをとった結果が一早く報道できる材料になっているということです。

短期バイトは働く期間が短いため、やりがいを感じる前に終わってしまうことも多いですが、出口調査バイトは結果が見えやすく、やりがいを感じやすいバイトと言えるでしょう。

出口調査のバイトの仕事内容とは?苦労するポイントと慣れるまでの時間を解説!

バイトを始める前は、具体的にどんな業務を任せられるのか気になりますよね。ここからは仕事内容について詳しくご説明します。

最初は少し戸惑うことが多いポイントもご紹介し、どのくらいの時間があれば慣れるかも解説しますので、実際に働くイメージを膨らませて見てください!

主な仕事内容はアンケート!

出口調査の主な仕事内容は、アンケートをとって、その結果を報告することです。投票所の出口付近で待機し、有権者の方が投票所から出てきたところで声をかけます。

アンケートのお願いをし、了承していただけた場合はアンケートをとり、ご協力いただけたことにお礼を言います。アンケート結果を集計し、電話やメールで報告をするところまでが出口調査バイトの仕事内容です。

たくさんのことを覚える必要がないので、比較的簡単な仕事内容と言えます。基礎知識として配置された投票所の候補者や政党の名前を把握しておくといいでしょう。

声をかけるのは苦労するかも…でも2〜3時間もあればすぐ慣れるよ!

出口調査バイトで一番苦労すると言われているポイントは、声かけです。

投票所から出てきた人に声をかけるということは、面識のない人に声をかけるということです。これは、なかなか勇気のいることのように感じます。答えてくれる方ばかりでなく、もちろんお断りされることもあります。

でも、不思議なことに2、3時間程度有権者の方に声かけをしているうちに声をかけることへの抵抗が無くなるという方がとても多いです。最初は少し緊張しますが、仕事と割り切ってこなすうちに慣れてきますよ!

出口調査のバイトは実際のところ稼げる?稼げない?平均時給は1000円以上が相場!

バイトする上で一番気になるポイントと言ってもいい、収入面。選挙に関連するバイトは、短期バイトの中でも高給と言われています。

求人時は時給ではなく日給で書かれていることが多く、日給1万円から多いところでは2万円程度で募集していることもあります。勤務時間によってはもう少し安い場合もありますが、時給に換算すると1000円以上稼ぐことができるでしょう。

時給を上げるためにはどうしたらいい?ポイントは求人!

長期バイトのように昇給があるわけではありませんので、少しでも高時給で募集している求人を探すのが一番です。テレビ局や新聞社によって時給が違います。

また、派遣会社などを通して選挙関連のバイトを募集していることもあります。広い視野で求人をチェックすることが高収入に繋がるコツです。

出口調査バイトの一日をご紹介!

出口調査バイトは、投票日以前に説明会や講習のような時間が設けられる場合が多いです。時間としては3時間から半日程度でしょう。その時にマニュアルを読むなど仕事内容の説明を受けます。選挙当日は基本的に朝から夕方もしくは朝から夜まで勤務します。朝の8時半頃から17時半や、朝の8時半から19時半までなど、時間は募集している会社によって違います。

指定された場所で出口調査を開始します。投票を済ませた方に声かけをしてアンケートにご協力いただけた場合はその結果を会社へ報告し、業務終了の指示を受けたら帰宅します。

出口調査バイトの面接は突破しやすい?合格率向上の秘訣はこれだ!

出口調査バイトは幅広い年齢層の成人にアンケートをとる仕事なので、礼儀正しい振る舞いができる人が求められています。面接では、正しい言葉遣いで話すように心がけましょう。

また、アンケートに答えてもらうために積極性も必要です。いくつか事前に質問を用意しておき、タイミングをみて質問をするのもいいでしょう。

まとめ 礼儀正しくて責任感がある人ならおすすめ度は90%以上!

面識の無い方に声をかける仕事なので、社交的な人は向いていると言えるでしょう。ただ、自分は社交的とは言えないと思っている方でも、丁寧な言葉遣いで礼儀正しく声をかけることで、その気持ちが伝わってアンケートに答えてくれる方もいます。

責任感を持って多くの方に声をかけることができる人ならきっと大丈夫です。出口調査のバイトが貴重な経験になったという方も多くいます。まずは、勇気を出して応募してみませんか。

※ なおアルバイトを探すならマッハバイトがおすすめ。マッハバイトなら採用時に最大1万円が受け取れます。

また、アルバイトに応募するなら3件の応募をしましょう。無理のない面接スケジュールで、安心してアルバイトを始められます。

>>祝い金をすぐに貰えるのはマッハバイト。最短1日で受け取れます。

RELATED POST