職種・業種別バイトの評判

ライブハウスバイトのおすすめ度は何%?楽?きつい?評判を徹底解説!

音楽が好き!ライブが好き!という人なら男女問わず誰もが一度は憧れる、ライブハウスでのバイト。ライブハウスへ遊びに行ったとき、好きなミュージシャンの演奏を聴きながら働けたらなと思ったことはありませんか?お客さんとしてライブハウスに行ったことはあっても、実際バイトするとなったらどんな仕事をするのか気になりますよね。

そこでライブハウスバイトのおすすめ度は何%か、楽なポイントやきついポイント、評判についてまとめたので徹底解説していきます!

ライブハウスバイトはぶっちゃけきつい?楽?やりがいやおすすめのポイントとは?

ライブハウスバイトに憧れる音楽好きの人は多いですが、その実態はあまり知られていません。実際に働くとなるとどういう部分が楽なのか、あるいはきついのか気になりますよね。ここからはライブハウスバイトの楽なところやきついところについて、やりがいやおすすめポイントと合わせてご紹介します!

ライブハウスバイトのおすすめポイントは大好きな音楽に囲まれて働けること!

ライブハウスバイトといえば、好きな音楽に囲まれて働けることが一番のおすすめポイントです。ライブハウスでは毎日たくさんのバンドがライブ行っていて、それらの演奏をタダで聴くことができます。仕事中に見たライブがきっかけで新しい音楽に出会えることも。好きなアーティストのライブをリハーサルから見ることができるのもライブハウスバイトの特権ですよ!

体力仕事が多いのはライブハウスバイトのきついところ

ライブハウスバイトでは出演者の楽器や機材を運んだり、お客様が飲むジュースやアルコールを運ぶことが多いためとにかく体力が必要です。楽器や機材は精密機器なのでただ運ぶだけでなく、壊さないよう丁寧に扱わないといけないので慣れるまでは大変です。またバイト中はずっと立ったままで休憩もまとまっては取れず細切れに取ることが多いため、体力がないとかなりきついバイトです。

ライブハウスバイトの楽なポイントは服装や髪型が自由なこと!

ライブハウスバイトで楽なポイントといえば、服装や髪型を自由にできること!飲食店など他の接客業だと髪型やピアス、ネイルに規則があったり、制服で勤務するケースが多いです。

ライブハウスバイトだと見た目に関する規則はほとんどなく、自分の思い通りの服装や髪型で働くことができます。金髪やツートンカラーの人、ピアスを何個も開けてたり派手なネイルをしている人でも働けることが多いです。

自分のファッションスタイルを大事にして働きたい人、見た目を気にせず働きたい人にとっては楽に働けるポイントです!

ミュージシャンや音楽業界で働く人達とのつながりを増やせるのがやりがいにつながる!

ライブハウスバイトのやりがいは、イベントに出演するミュージシャンをはじめ、音楽業界で働く様々な人との繋がりを持てることです。音楽活動をしている人にとって人脈を増やすことは、ライブの集客増加やデビューのきっかけにもなるためとても重要です。またライブハウスバイトをすることで他のミュージシャンの演奏を毎日聞くことができるため、刺激を受けてスキルアップにも繋がります。

ライブハウスバイトの仕事内容とは?苦労するポイントと慣れるまでの時間を解説!

ライブハウスバイトの仕事内容と聞くとアナタはどんな仕事を思い浮かべますか?チケットのもぎり?ドリンクスタッフ?もちろんこれらの仕事もライブハウスバイトの業務の1つですが、ライブハウスバイトがする仕事は他にもたくさんあります。ここからはライブハウスバイトの仕事内容について、苦労するポイント家慣れるまでの時間を解説していきます!

主な仕事内容は受付、ドリンクスタッフ、音響、照明!

ライブハウスバイトの主な仕事内容は大きく分けると以下のようなものがあります。

●    受付

●    ドリンクスタッフ

  • 音響
  • 照明
  • ホール清掃
  • 楽器や機材の運搬、セッティング
  • ブッキング
  • アテンド(出演者の付き人)

未経験の人がライブハウスバイトを始める場合、まずは受付やホール清掃、ドリンクスタッフをすることが多いです。慣れてくると徐々に他の仕事を任せてもらえるようになります!

楽器や機材の運搬、セッティングは苦労するかも…でも10日もあればすぐ慣れるよ!

ライブハウスバイトの出演者の楽器やアンプ等の機材を運んだりセッティングすることがあります。機材の中にはスピーカーやベースアンプなど大きくて重いものもあるので最初は運ぶのが大変かもしれません。ですが10日ぐらい続けていると慣れてきてスムーズに運べるようになりますよ!

ライブハウスのバイトは実際のところ稼げる?稼げない?平均時給は1,000円が相場!

いざ働くとなると、ライブハウスバイトはどのぐらい稼げるのかどうか気になりますよね。場所によって多少差はありますが、東京都内のライブハウスだと平均時給は1,000円前後です。他のバイトに比べて時給はあまり高くないですが、好きな音楽に囲まれて仕事ができたり音楽好きな人同士の繋がりが増えるなど、やりがいがたくさんあって長く続ける人も多いです。

時給を上げるためにはどうしたらいい?ポイントは全ての仕事ができるようになること!

未経験の人がライブハウスバイトをする場合、まずは受付やドリンクスタッフからスタートすることが多いです。長く勤めて機材のセッティングや音響、照明などライブハウスに関わる全ての仕事ができるようになれば時給アップにもつながります。特にイベントの出演者を決めるブッキングはライブハウスの集客数に直接関わってくるため、ブッキングができるようになると時給も高くなる傾向があります。

ライブハウスバイトの一日をご紹介!

ここでは実際にライブハウスバイトをしている人のある一日のスケジュールをご紹介します!

  • 15:00 起床。前日はオールナイトイベントがあって早朝まで働いていたので遅めの起床です。
  • 17:00 勤務開始。フロア全体の清掃をします。
  • 18:00 ライブ開場。カウンターでチケットのもぎりをします。
  • 22:00 ライブ終演。ドリンクカウンターでお客様にドリンクやフードを提供します。
  • 23:00 ステージ上にある機材の片付け、フロアの清掃。
  • 24:00 勤務終了。自転車で15分かけて自宅へ帰ります。

これはあくまでも一例で、ライブハウスバイトはライブやイベントによって勤務開始時間や終了時間が大きく変わってきます。生活スタイルが不規則になりがちなので、ライブハウスのスケジュールに対して柔軟に合わせられる人が向いています。

ライブハウスバイトの面接は突破しやすい?合格率向上の秘訣はこれだ!

ライブハウスは土日に大きなイベントを行うことが多いので、ライブハウスバイトの面接を受ける時は土日に働けることをアピールしましょう。勤務時間に関してもライブは大抵夜に行われるため、お昼過ぎから仕事を始めても終わるのは深夜前になることが多いです。場合によっては明け方まで仕事をする場合があるため、徒歩や自転車などで通えるぐらい近所に住んでいると有利になりますよ。

数多くあるライブハウスの中でそのライブハウスを選んだ理由は面接時に聞かれることが多いので、はっきり答えられるよう事前に準備をしておきましょう!

まとめ 音楽が好きならおすすめ度は90%以上!

音楽が好きでずっと音楽に触れていたいという人にとってライブハウスバイトは天国と言えます。いち早く新しい音楽に触れられる一方で時給はあまり高くなく、深夜まで働いたり重い機材を運ぶなど体力的にきつい部分もあります。それでもミュージシャンや音楽業界で働く人たちとのつながりが増えるのはライブハウスバイトの大きな魅力であり、やりがいを感じるポイントでもあります。

音楽が好きならおすすめ度は90%以上!

※ なおアルバイトを探すならマッハバイトがおすすめ。マッハバイトなら採用時に最大1万円が受け取れます。

また、アルバイトに応募するなら3件の応募をしましょう。無理のない面接スケジュールで、安心してアルバイトを始められます。

>>祝い金をすぐに貰えるのはマッハバイト。最短1日で受け取れます。

RELATED POST