おすすめバイト

高校生は注目!楽なバイトランキング、トップ5の決定版はコレ!

高校生がバイトをするなら、勉強の妨げにならないような楽なバイトがいいですよね。

しかし、どんなバイトなら楽に働けるかわからずに、困っていませんか?

「バイトしたことないから、どう探すのがいいのかわからない・・・」

「できれば楽してカンタンに稼ぎたい!」

「高校生活と両立できるバイト希望!」

など、高校に通いながら無理なく働けるようなバイトを探しているのではないでしょうか?

バイトは勤め先や仕事内容によって楽だったり厳しかったり様々なので、慎重に選んでいきたいですよね。

この記事では、楽なバイトをランキング形式でわかりやすくお伝えします。

※ なおアルバイトを探すならマッハバイトがおすすめ。マッハバイトなら採用時に最大1万円が受け取れます。

また、アルバイトに応募するなら3件の応募をしましょう。無理のない面接スケジュールで、安心してアルバイトを始められます。

>>祝い金をすぐに貰えるのはマッハバイト。最短1日で受け取れます。

【第1位】ほぼ機械まかせ!スーパーのレジ打ち

楽なバイト第一位に輝いたのは、スーパーのレジ打ちのバイトです。

仕事内容は、スーパーのレジのブースの中に立って商品を買いに来るお客様をむかえ、レジを打ってお会計をするというものです。ずっとレジのブースに立ってひたすら同じような作業をしていればよいので楽です。少し接客も発生はしますが「ありがとうございます」など基本的なことだけでOKなので、接客に自信がなかったとしても問題なくこなすことができるでしょう。

また、お釣りの計算をミスしないか不安に思うかもしれませんが、最近だとレジの機械にバーコードをかざすだけで正確に計算してくれるので心配はいりません。かといって退屈すぎて時間がなかなか経たないということもなく、お客様の流れが常にあるので適度な刺激があり、苦痛を感じるほどの退屈さはないでしょう。

【第2位】慣れてしまえば楽にこなせる!コンビニ店員

コンビニの中で、品出しやレジなどを担当する仕事になります。コンビニ内の雑多な業務は大体バイトがこなすことになるので最初は覚えることが多いですが、いったん慣れてしまえば一つ一つは単純な作業なので楽さを実感できるはずです。

お客様がいない時も、検品や清掃など常に何らかの仕事があるので、暇すぎて苦痛ということはありません。接客も必要とされますが、そう難しいコミュニケーションが発生することもないので不安に思う必要はないでしょう。

コンビニをバイト先として選ぶ際は、その立地によっても忙しさが大きく左右されることには注意しましょう。ただし、大きな駅の近くや、人通りが多い通り沿いなどであれば常にお客様が来店して忙しくなります。逆に、人の流れがなく、あまりお客様がこないような場所だと比較的暇になります。

【第3位】監視されないので精神的に楽!ポスティング

チラシなどをマンションや一軒家のポストに投函してまわるというバイトです。ポスティング会社に登録してバイトをする形になり、会社によって給料が時給で払われる場合と、歩合制としてチラシを配った枚数に応じて払われる場合とがあります。

配るチラシはスーパーやデパート、婦人服、出前など様々なものがあります。一人でマイペースにチラシを民家に配っていけば良いので、とにかく人間関係を避け、精神的な楽さを追求したい人向けです。

また、屋外での仕事となるので、建物の中にいるよりは外を歩き回っているほうが好きだという人にも向いているバイトです。配るエリアに大規模なマンションなどがあれば、数百枚のチラシが一瞬にして投函できるので楽に終わることができます。

しかし逆に、マンションや集合住宅がほとんどなく、民家がポツポツと点在しているような田舎の地域であれば、数十枚投函するのにもかなり広い範囲を歩かなければならなくなるので、注意が必要です。

【第4位】逆に暇すぎるかも!?小規模な本屋の店員

本屋の店員として、レジを担当したり本を棚に出したりするバイトです。小規模な個人経営の本屋だとお客様があまり来ず、ほとんど仕事がないので楽です。特に仕事内容に難しいところはなく、レジの操作や本のラッピング、店内の清掃、本棚の整理ぐらいなので最初にやり方を覚えてしまえば特に苦も無く仕事をこなしていけるでしょう。

また、常に本に囲まれていて新刊情報などもいち早くキャッチできる環境なので、本が好きな人には向いているバイトです。

ただ、逆に暇すぎて時間が経つのが遅く感じるということもあるので、うまく暇つぶしをする工夫は必要になります。暇でやることがないと苦痛で耐えられない、というタイプの人にとっては、辛くなってしまう面もあります。

ただ個人経営だとある程度ルールもゆるいので、もちろんサボりすぎは禁物ですが、お客様がいない時にバイト同士で雑談をしていたりしても大きな問題はないでしょう。

【第5位】ひたすら単純作業するだけ!工場の作業員

工場で部品加工や梱包などの軽作業をひたすらやっていく仕事で、最初に手順を覚えればあとはひたすら繰り返すだけなので楽と言えば楽です。

また、基本的には黙々と一人で仕事をこなしていく形になるので、人とあまり会話をしたくないという性格の人には合っているバイトです。ほぼ頭で考えずひたすら同じ動作を繰り返していく仕事なので、どちらかというと体力に自信がある人向けです。

逆に体力に自信がなかったり、ひたすら会話もなく同じ作業をし続けることに苦痛を感じるタイプの人であれば、工場バイトは避けたほうが良いでしょう。

ただ、自動車や大型機械などを製造する工場では重いものを扱ったり、作業内容によっては危険が伴うので一概に「楽なバイト」と言い切れないことには注意が必要です。小さな電子部品の組み立てや段ボールの梱包などの軽作業系であれば、得意な人であれば楽にやっていくことはできます。

このように、工場によってどの程度楽なのかが異なってくるので、慎重に選ぶようにしましょう。

実際にコンビニや工場などで楽に働きたい時の注意点とは?

ここまでランキングを紹介してきましたが、同じバイトでも楽と感じる人もいれば、それほど楽に感じない人がいるなど、向き不向きに個人差はあります。

また、コンビニや工場などで高校生が働く場合は、大学生以上の人とは法律的に異なる扱いになる部分があるので注意が必要です。

楽して稼げると思ってバイトに応募したはいいものの、いざ働いてみると「思っていたのとは違った!」というようなこともあるので、気をつけなければなりません。ここでは、実際にコンビニや工場などで楽に働きたい時の注意点をお伝えします。

接客が苦手ならコンビニより工場が楽など、個人差はある

「楽なバイト」とは言っても、人によって何を楽と感じるのかは様々です。

「暇なら暇であるほど楽だ」と感じる人もいれば、「ある程度忙しいほうが時間が経つのが早く感じられて楽」と感じる人もいるでしょう。なので、自分が求める「楽さ」とは何なのかを明確にしてからバイトを選ぶようにしましょう。

例えば、自分にとって楽かどうか実際に判断するときには以下のようなポイントに注意してみてください。

  • 肉体的な負担が多少あっても耐えられるか
  • 接客はストレスなくこなせるか
  • 長時間の勤務を辛いと感じるか
  • 退屈を苦痛と感じるか
  • 家から遠い場所でもしんどくないか

など、自分が楽だと感じるポイントによって「楽な職場」のイメージは変わるので、よく考えてみましょう。

法律により、高校生は夜の時間帯に働くことはできない

バイトの求人票に「夜勤でガッツリ稼ごう!」などと書いてあったとしても、高校生は深夜に働くことはできません。労働基準法という法律によって、午後10時から午前5時までの間は18歳未満の人を働かせてはいけないと決まっているのです。

もし働かせていたとしたら、それは働かせている側が法律違反となりますので、処罰の対象となります。なので、現実的に考えると高校生がバイトできるのは、平日であれば学校が終わった後の午後4時~午後9時の5時間ほどと、あとは休日であれば8時間なども可能というイメージになるでしょう。

もし仮に、バイト先のリーダーなどから午後10時以降もバイトすることを求められたりした場合は、それは法律違反ですので、しっかり断るか保護者や先生などに相談するようにしてください。

雇用契約書をしっかり読み、高校生がどう扱われるか確認しよう

バイトをする時は、バイト先と自分との間で「雇用契約書」という正式な書類を取り交わし、この雇用契約書の内容によって労働条件が定められます。なので、少し内容が難しくて読みづらいかもしれませんが、雇用契約書の内容はすべてしっかり読むようにしてください。

たとえば、面接のときに聞いていたはずの時給の額と、雇用契約書に書いてある時給の額が違うなんてこともあり得ます。大学生以上と高校生で時給が違っていたり、夜勤と昼勤で時給が大きく違うということもよくあるので注意しましょう。

働き始めて給料日になってから「思っていたより時給が低い!」なんてことになっても、雇用契約書をしっかり読んでなかったほうが悪いということになってしまいますので、気を付けてください。

まとめ

ここまで、楽なバイトをランキング形式で解説した後、実際にコンビニや工場などで楽に働きたい時の注意点を解説してきました。

まず、スーパーのレジ打ちやコンビニ店員、ポスティングなどは一般的には楽なバイトになります。小規模な本屋の店員や工場の作業員なども、楽と感じる人は多いでしょう。

ただし、接客が苦手ならコンビニより工場が楽など、個人差がある点には注意が必要です。なので、ランキングにこだわり過ぎず、自分が求める「楽さ」とは何なのかを明確にしてからバイトを選ぶようにしましょう。

また、労働基準法で高校生は午後10時から午前5時までの間はバイトできないと決まっているので、夜勤のバイトをすることはできません。

バイトで働き始める前に雇用契約書にしっかりと目を通し、話に聞いていた時給を間違いなくもらえるのかどうか確認するようにしましょう。

※ なおアルバイトを探すならマッハバイトがおすすめ。マッハバイトなら採用時に最大1万円が受け取れます。

また、アルバイトに応募するなら3件の応募をしましょう。無理のない面接スケジュールで、安心してアルバイトを始められます。

>>祝い金をすぐに貰えるのはマッハバイト。最短1日で受け取れます。

RELATED POST