バイトの手引き

今のバイトに飽きた!そんな時にやるべき対処法を解説!

バイトも長い間続けていると仕事にも十分慣れてしまって、「このバイト飽きたな…」と思ってしまうことがあります。バイトが退屈に感じるようになると、やる気がなくなるどころかストレスが溜まってきてイライラしてしまうこともあります。

そして、飽きてしまった状態が長く続いてしまうと「このバイト辞めてしまおうか…」とバイトを辞めることを考えてしまいます。でも、長く続けてきた職場を離れるのはもったいない気がするし、新しいバイトでまた大変な思いをするのも面倒ですよね。そういった悩みを抱えるベテランバイトの人も多いです。

本記事では、もしバイトに飽きてしまった時の対処法や、飽きてしまったバイトを辞めるべきか頑張って続けるべきかについて解説をしていきたいと思います。

※ なおアルバイトを探すならマッハバイトがおすすめ。マッハバイトなら採用時に最大1万円が受け取れます。

また、アルバイトに応募するなら3件の応募をしましょう。無理のない面接スケジュールで、安心してアルバイトを始められます。

>>祝い金をすぐに貰えるのはマッハバイト。最短1日で受け取れます。

まずは「バイトに飽きた原因」を考えてみよう!

「飽きた」という理由でバイトを簡単にやめてしまうのは正直もったいないです。何故なら、しっかりと飽きた原因を理解することでまたバイトを楽しく出来るかもしれないからです。

バイトに飽きた原因がいったい何にあるのか、深く考えてみましょう。バイトに飽きる原因は人それぞれありますが、基本的には「仕事もすべて覚えてしまって新鮮味や刺激がない」「毎回同じことをやっていて退屈に感じる」という意見が挙がります。

新鮮味がない、退屈だという「マンネリ化」は長く続けていけば必ずぶつかる問題ですが、マンネリ化が原因と分かればマンネリ打破するための工夫を行えばまた楽しくバイトが出来るようになります。

次に、新鮮味のなさや仕事の退屈さを打破するために出来る対策法を紹介していきます!

飽きた時の対処法①:より高レベルな仕事に挑戦してみる

バイトに飽きたと感じている時は、実は「成長が感じられない自分自身」に飽きている場合があります。バイトを始めた時は一つずつ出来ることが増えていって、その度に成長の実感という刺激が得られました。しかし、仕事に慣れてしまうと段々と成長が実感できなくなってしまい、刺激が足りないと感じてしまいます。

自身の「向上心」が満たされていないことがマンネリ化につながっている原因であれば、より高度な仕事や質の高い仕事が出来るような目標を設定することがおすすめです。例えば、今まで「これでいいか」と思っていた仕事の基準を高くする、30分かかっていた仕事を仕事の質を落とさずに25分で出来るようにする、などです。

より高い目標を設定することで達成するためのモチベーションが生まれ、仕事にもハリが出てきます。刺激が足りないのであれば、自分で刺激を生み出せる状況を作り出しましょう!

飽きた時の対処法②:初心に帰り、働く目的を考える

バイトに飽きた時は、「初心に帰ってみる」ことが大事です。「飽きた」という気持ちは現状への不満であり、バイトを始めた当初の想いや目的を忘れていることがよくあります。

まずは、今のバイト先で何故働きたかったかを思い出してみましょう。「やってみたい仕事だった」「職場の雰囲気が楽しそうだった」「将来の夢に必要なスキルが身に付く」など人それぞれに目的があったはずです。

次に、思い出した目的に対して「始めた当初に抱いた目的は今も変わっていないのか?」「目的は達成できたのか?」ということについて考えてみましょう。

このように「自分が今の職場に働く意味」を思い出し、あらためて自問自答することでバイトを続ける理由や目的を見出だすことが出来るようになります。

飽きた時の対処法③:掛け持ちで別のバイトをしてみる

今までの対処法とは逆に、あえて仕事から離れてみるというのも一つの手です。今のバイトの入り日数を減らして、他の新しいバイトを初めて見るのも良いでしょう。

他のバイトを経験することで間違いなくマンネリの解消はできますし、辞めることを検討している人は今のバイトと新しいバイト、どちらが良いか比較ができます。逆に、バイトを掛け持ちすることで今のバイトの魅力や楽しさをあらためて見つける良いきっかけになることもあるでしょう。

もちろん掛け持ちすることは2つの職場で働くので、より忙しくなるため肉体的に辛くなりやすいデメリットがあります。しかし、マンネリを脱却したい、刺激が足りないという人にはおすすめの方法ですよ!

飽きたバイトは辞めるべき?頑張って続けるべき?

バイトに飽きてしまった場合は「辞める」という選択肢が浮かんできますが、今の職場にも愛着はあるでしょうし、慣れた職場は退屈だけど楽ではあるので悩む人も多いでしょう。

もし今の職場で働く目的が既に達成されていたり、バイトをやる目的そのものが変わっていたりする場合は、今の職場で働く意味がないかもしれません。その時は「今の目的が新しい職場で実現できるのか」ということを考えて辞めるか続けるかを判断しましょう。

誰かの助言が必要なのであれば、同僚や上司に相談してみることもおすすめです。経験の長い上司や同僚であれば同じような経験をしていても不思議はありません。その上で働いている人はそれなりの理由があるはずです。

相談に乗ってもらうことで何かしらいいアドバイスを貰えたり、場合によっては新しい仕事を任せられることで解決につながったりすることもあります。

もちろんただ愚痴や不満をぶつけるだけでは評価が下がるだけですので「仕事に慣れてしまってあまり集中できないのでどうすれば前向きになれますか?」などの前向きな表現で相談を持ち掛けてみましょう。

今のバイトを辞めることも一つの選択肢です。しかし、辞める選択肢を選ぶ前にやれることがあるのであれば全部やってしまってから決めることが大切な事です。

「飽きたらすぐ辞める」は勿体ない!飽きない工夫が大事!

いかがでしたでしょうか?バイトに飽きてしまうことは長く続けていれば必ず思ってしまうことです。ですが、飽きたからといってすぐにやめてしまうのはもったいないです。

新たにバイトを探したり面接を受けたりするのは労力を使いますし、新たな仕事に慣れることも刺激はあるでしょうが大変なことも多いです。なにより、「飽きた」という気持ちは工夫と考え方次第で何度も解消することが出来ます。その方法を知らずに安易にやめてしまって、後々「やっぱり辞めなければ良かった…」と後悔することも多くあります。

出来るだけ公開をしないためにも、まずは飽きないような工夫や考え方を身につけましょう。そして、自分でバイトを飽きずに楽しいものにしていくことから始めてみましょう!

※ なおアルバイトを探すならマッハバイトがおすすめ。マッハバイトなら採用時に最大1万円が受け取れます。

また、アルバイトに応募するなら3件の応募をしましょう。無理のない面接スケジュールで、安心してアルバイトを始められます。

>>祝い金をすぐに貰えるのはマッハバイト。最短1日で受け取れます。

RELATED POST