バイトの手引き

バイトの「シフト制」とは?種類やメリット・デメリットを解説!

アルバイトを探そうと求人誌などを見てみると、求人欄の勤務時間が記載されている部分に「シフト制」という言葉を良く見かけます。初めてバイトをやる人にはあまり耳馴染みのない言葉で、よく意味が分からない人も多いようです。

「シフト制」は現在多くのアルバイト条件として採用されている制度ですので、ある程度知識を持っておくことはバイトを始める上で必要不可欠です。

本記事では、アルバイト求人で頻出する「シフト制」という言葉について詳しく紹介していきます。

※ なおアルバイトを探すならマッハバイトがおすすめ。マッハバイトなら採用時に最大1万円が受け取れます。

また、アルバイトに応募するなら3件の応募をしましょう。無理のない面接スケジュールで、安心してアルバイトを始められます。

>>祝い金をすぐに貰えるのはマッハバイト。最短1日で受け取れます。

シフト制は都合に合わせて勤務スケジュールを決める働き方である

まずは「シフト制」という言葉の意味について説明していきます。シフト制とは、営業時間内で勤務先が働いて欲しいと求める勤務日や勤務時間のうち、自分が働きたい日時の希望に合わせて勤務する日時を決める働き方です。

シフト制にも2種類の働き方があります。都合に合わせて勤務日や勤務時間を決める「自由シフト制」と、曜日や時間帯で勤務日・勤務時間を固定しておく「固定シフト制」です。

自由シフト制は主に居酒屋やファミレスなどの飲食系の店舗やスーパー・コンビニなどの販売系の店舗、テレアポなどの職種で多く採用されています。営業時間が長い仕事や時間や曜日によって忙しさが変動するため人数を調整する必要のある仕事に多い傾向がありますね。

対して固定シフト制は主にデータ入力や受付などの一般事務の仕事がメインで、他にも英会話や学習塾などの講師業などで多く採用されています。しかし、最近は飲食や販売系のアルバイトでも固定シフト制を採用する店が増えてきたようです。

いずれの働き方も一長一短あります。それぞれの特徴を知り、自分の希望や都合に合った働き方を選んでいくことが大切です。

それでは、以下に自由シフト制と固定シフト制のそれぞれのメリットとデメリットを紹介していきます!

自由シフト制のメリット:スケジュールに合わせた休みが取りやすい

部活やサークル活動をしている場合はバイトに行ける時間が限られてきますし、週末はイベントや試合、飲み会などの単発の予定が入る場合もあります。そのような事前にわかる予定に関しては、シフト勤務表を作成する時に休みの希望を出すことで比較的スケジュールにあった休みを比較的容易に取れるのが自由シフト制の大きなメリットです。

また、旅行や試験前などまとまった休みが欲しい時は希望を出しておけば1週間など長期間の休みも比較的取りやすいことや、自分の好みの時間帯を選んで働けることも大きなメリットです。試験や飲み会、イベントなど、社会人に比べて不規則に用事が発生しやすい大学生にとってはかなり相性のいい働き方というのも納得できますね。

自由シフト制のデメリット:先のスケジュールが立てにくい

自由シフト制は希望に合わせて柔軟にスケジュールを組むという性質上、基本的に半月から1ヶ月ごとに毎回新しく勤務表が作成されます。アルバイトは勤務表を作る際に毎回、次回作成期間分の希望をシフト担当者に提出し、シフト担当者が全員の予定を調整して勤務表が完成します。

もちろんですが希望がすべて通るわけではありません。なので、せっかく予定を立てたのにバイトで潰されてしまうという可能性は十分に考えられます。そういったリスクを考えてしまうと、シフトが確定していない状態では先の予定はなかなか立てにくくなります。

また、決まった休みが存在しないため、一般的な休日である土日も働く可能性があり、友人との予定も立てにくいというデメリットもあります。

固定シフト制のメリット:安定した生活リズムと収入が得られる

固定シフト制は、働く曜日や時間が決められていることで安定した生活リズムを構築することが出来ます。そのため、不規則な生活になりやすい自由シフト制よりも健康的な生活を送ることが可能です。休みの日も基本的に決まっているので先々の予定も立てやすくなるのが自由シフト制より優れている点ですね。

また、収入面においても曜日と出勤時間が定まっていれば毎月の出勤日がだいたい決まってくるので安定した収入を得ることが出来ます。

収入の計算もしやすいのでバイト合格時に希望の給与額があれば、希望に合わせた曜日と時間だけ働くようにすることで確実に欲しい収入額が手に入ります。

毎日の生活を送っていく上で安定した収入は生活費の計算も楽になりますので家計的にもメリットがある働き方です。

固定シフト制のデメリット:急な休みが取りにくい

自分が固定の日時で働いているということは、当然他のバイト生も自分の都合に合わせた固定の日時で勤務しています。裏を返せば、勤務日以外は都合が悪い場合が多いため、急な休みやシフト交代が困難です。

そのため、急な体調不良や用事で誰かに交代してほしい事態になった時に、代わりのバイトが見つからない可能性も十分に高いです。また、飲み会や部活など突発的な予定が発生しやすい大学生は泣く泣く予定をキャンセルすることになることも多いです。

突発的な予定に関しては仕方ありませんが、体調不良は替わりが見つからないと辛いため特に注意したいところです。しっかり体調管理をおこない、勤務日にはしっかり出勤できるようにしましょう。

自分の生活スタイルに合わせたシフト制を選ぼう!

いかがでしたでしょうか?お金を稼ぐためにアルバイトをすることはもちろん大事ですが、せっかくの学生生活なので、学業や自分の趣味、やりたいことに時間を使うことも大切です。

プライベートとアルバイトをうまく両立させることできれば、バランスの良い充実した学生生活を送ることが出来るはずです。

シフト制の良いところは、毎日働く会社員と異なり自分が働きたいと思う日時を選んで働けるような仕組みとなっていることです。そのため、自分の好みの生活スタイルを無理に曲げることなく働くことが可能なのです。

本記事でシフト制の仕組みや特徴、メリットとデメリットをしっかり把握して、自身の生活スタイルに合った働き方を選択しましょう!

 

※ なおアルバイトを探すならマッハバイトがおすすめ。マッハバイトなら採用時に最大1万円が受け取れます。

また、アルバイトに応募するなら3件の応募をしましょう。無理のない面接スケジュールで、安心してアルバイトを始められます。

>>祝い金をすぐに貰えるのはマッハバイト。最短1日で受け取れます。

RELATED POST