職種・業種別バイトの評判

葬儀屋バイトのおすすめ度は何%?楽?きつい?評判を徹底解説!

映画などでも話題になったお仕事ですから、バイトの募集で葬儀屋さんが気になって方も多いかもしれません。でも実際どんな仕事を任されるのか不安なところも大きいですよね。

葬儀屋バイトについてどのくらいおすすめなのか、評判を徹底的に解説します!

葬儀屋バイトはぶっちゃけきつい?楽?やりがいやおすすめのポイントとは?

ちょっと難しいイメージのある葬儀屋さんでのバイトは実際の所きついのでしょうか?それとも楽な部分も多いのでしょうか。葬儀屋バイトのおすすめポイントからやりがいまで検証するのでぜひ確認してみてくださいね。

葬儀屋バイトのおすすめポイントは他ではできない貴重な経験ができること!

葬儀屋バイトのおすすめポイントは、葬儀屋さんというある種特殊な環境でないと経験できないようなことに直に触れられることです。人生で人のお葬式に深く関わることが一体何度あるでしょうか。

葬儀屋バイトをすると、バイトであっても遺族の方と対面したり葬儀に関係します。命の大切さや生きている人間がどれだけ他のひとと関わっているのかを知れるでしょう。

対応に悩むところは葬儀屋バイトのきついところ

遺族の方を多く相手にするので、礼儀作法を問われるのはもちろんのこと、どんな顔をしたらいいのか分からない…と最初は特に感じることになるでしょう。

バイトは遺族の方と深くお話しない、というところが基本ですがそれでも顔を合わせる機会はあります。

棺桶を移動するなどの仕事もあり、死者への対応にも悩むかもしれません。ただ、少しずつ慣れていきますし自分の切り替えもできるようになるので安心してくださいね。

葬儀屋バイトの楽なポイントは一気に稼げるところ!

お葬式は通夜から告別式もろもろ終わりまで最大48時間遺族がずっと起きている、ということもあります。

その間待機したりもするので、自然とシフトが長くなり一気に稼げることが多いです。夜間手当も加算して一晩や二晩でかなりの高額に、ということも。

また、待機時間は割合自由だったり暇という葬儀屋さんも多いのでそこも楽なポイントになります。

遺族の言葉がやりがいにつながる!

葬儀屋バイトをしていると、いいお葬式だったね、という言葉をよく聞くことができます。細かいところまで神経を使うお仕事ですが、その言葉を貰えれば本当にやりがいになります。

また、お葬式は人間の感情がよく出る場所です。普段は見られないような場面も見られますので、人間観察や、またそれに伴う社会勉強もとてもやりがいになるでしょう。

葬儀屋バイトの仕事内容とは?苦労するポイントと慣れるまでの時間を解説!

お葬式に関わると言っても想像がつかないことも多いですよね。葬儀屋バイトではどんなお仕事をすることが多いのでしょうか。

最初はちょっと苦労するかもしれないポイントや、バイトに慣れるまでの時間も解説するのでぜひ確認しておいてください!

主な仕事内容は亡くなった方の遺族への対応全般!

バイトさんにどの程度任されるかは葬儀屋さんによっても違いますが、主な仕事内容は次のようなものです。

まず、亡くなったという連絡が入ったらそちらへ向かい今後の対応の相談と葬儀の見積もりをします。相談内容に基づいて故人の処置をしたり、お通夜の準備もします。

告別式の準備もしますし、場所が違う場合は会場であったり火葬場の手配なども代行します。お通夜中など食事の配膳があることもあります。

力仕事や精神面は苦労するかも…でも3週間もあればすぐ慣れるよ!

葬儀に関わるものは重く、力仕事が多いので最初の内は筋肉痛に悩まされることも。

あとは仕事と普段とで上手にメンタルの切り替えができずに最初は苦労するかもしれません。どちらも3週間もすればだんだんと慣れてきてしっかり働けるようになるでしょう。

気持ちの切り替えもいつの間にかできるようになるものですから安心してください。いい意味であまり感情移入し過ぎないのもポイントです。

葬儀屋バイトは実際のところ稼げる?稼げない?平均時給は1000円以上が相場!

どの程度の仕事をするのかで大きなばらつきがあるのが葬儀屋バイトの特徴です。

簡単なお仕事だけの場合は給与は低めですが、しっかり働く場合は2000円程度までいくことも。高時給のところで働けばかなり稼ぐことも可能になるでしょう。

時給も踏まえつつ、自分のしたい仕事に合わせて選んでみると働きやすく稼ぎやすくなります。

時給を上げるためにはどうしたらいい?ポイントはできる仕事を増やす!

葬儀屋バイトで時給を上げたいと思うのであれば、社員さんがしている仕事にも関われるようにまずは自分のできる仕事を精一杯完璧にこなすことを考えましょう。

責任感があるな、しっかりしているなと思われると新しい仕事も任されやすくなりますし、その分時給も上げてくれる傾向にあります。または夜勤をすると深夜割増でてっとり早く時給が高くなることが多いです。

葬儀屋バイトの一日をご紹介!

特にバイトを募集するような葬儀屋さんは24時間動いていることがほとんどです。

朝も夜も関係なく、連絡を受ければお亡くなりになった方の元へ行き、予定が入っている分だけ葬儀やお通夜の準備をしたり順次仕事をこなしていきます。

お通夜中も誰かついていなければならないことが多いのでその間に交代で仮眠をしたりもしますが、仮眠を取らずずっと忙しいということもあるようです。

葬儀屋バイトの面接は突破しやすい?合格率向上の秘訣はこれだ!

葬儀屋さんにも寄りますが、誰でも言い訳ではなくきちんと人を見ている傾向にあります。そのため他のバイトよりは難しめかも。志望動機などはしっかりと纏めていきましょう。

求めている人材は力仕事に耐えられること、色々な遺体を扱ったり日頃目にしない場面に立ち会うことがあるので精神的に強いこと、そして礼儀正しく誠実であることです。しっかりアピールしましょう。

職場もスーツなので面接もスーツで臨む方がいいでしょう。

まとめ興味のあるひとならおすすめ度は90%以上!

葬儀屋バイトについて纏めましたがいかがでしたでしょうか。葬儀屋さんはなかなか普段関わらない世界を知ることができる貴重なバイト先です。

その分きつい部分もありますが、きっと自分にとっていい経験を得ることができるでしょう。自分を見つめ直す機会にもなるかもしれません。少しでも興味のある方はぜひ応募してみてはいかがでしょうか。

※ なおアルバイトを探すならマッハバイトがおすすめ。マッハバイトなら採用時に最大1万円が受け取れます。

また、アルバイトに応募するなら3件の応募をしましょう。無理のない面接スケジュールで、安心してアルバイトを始められます。

>>祝い金をすぐに貰えるのはマッハバイト。最短1日で受け取れます。

RELATED POST