職種・業種別バイトの評判

デザインバイトのおすすめ度は何%?楽?きつい?評判を徹底解説!

将来デザイン関係のお仕事につきたいひとや、おしゃれなバイトがしたい!というひとに特に人気なのがデザインに関するバイトです。

でも、知識がないといけないのかな、と思ったりセンスを求められそう…とも考えてしまいますよね。実際はどうなのかデザインバイトの評判を徹底的に解説します!

デザインバイトはぶっちゃけきつい?楽?やりがいやおすすめのポイントとは?

WEBサイトをいじったりデザインを考えたり、あるいはデザイナーさんのお手伝いをするデザインバイトですが、内容はきついのでしょうか?

おすすめできるポイントや、最初はちょっときついかもしれないところもお伝えします。他のバイトに比べて楽なところもあるのでチェックしてみてくださいね。

デザインバイトのおすすめポイントはイマドキの職場が多いところ!

デザインバイトで特におすすめできるポイントは、明るい雰囲気で社員さんもみんな私服で仕事場もイマドキ!というところが多い傾向にあることです。

他のバイトだと敬語や服装がガチガチでイヤ、というひとも自分の個性を生かした働き方ができるかもしれません。

また、特に将来デザイン系の仕事につきたいひとは他の業界とはちょっと違う仕事場の雰囲気を知ることができるのがいいですね。

意見を持っている必要があるのはデザインバイトのきついところ

言われた通りにやっていれば時給が貰える…とはなかなかいかないのがデザインバイトのちょっときついかもしれないところです。

例えばキャッチコピーを考えたり、ホームページのデザインを組み立てたり、どうしても自分の考えが問われる部分が出てきます。それに、相手の意見と戦わなければいけないことも。

経験などは不問のところが多いですが、ある程度自分の意見が言えるくらいにはセンスなどに自信が持てる必要があります。

デザインバイトの楽なポイントは自由が多いところ!

学歴に始まって、髪型・服装・ネイルなどなど一切不問!というところが多いです。また、働き方にも自由が利く傾向にあります。

もちろんシフトを決めたら守る必要はありますが働いている間も飲み物を自由に飲めたり、楽な雰囲気の職場がたくさんあります。髪色などは制限のあるバイトが多いので、自由なところで働きたいというひとにはおすすめです。

自分の作ったものが使われることがやりがいにつながる!

デザインバイトはバイトといっても自分の作ったものがそのまま使われることも多いお仕事です。自分のデザインしたものが看板になったりHPになったりすると本当に嬉しいですしやりがいにもつながります。

また、自分だけで作業せずにみんなで集まって仕事をしたときの達成感も何物にも代えがたい喜びに繋がりますよ。

デザインバイトの仕事内容とは?苦労するポイントと慣れるまでの時間を解説!

デザインバイトは具体的にはどんな仕事をするのでしょうか。バイトを始めたてだとちょっと苦労するかもしれないポイントもご紹介します。だんだん慣れてくるので慣れるまでの時間も解説しますね。

主な仕事内容は企画やデザイン!

これは仕事をする会社によって変わりますが、WEBサイトであったり看板であったり、他にもチラシなどの紙媒体のものなどなど、いろんなものをデザインするのがデザインバイトのお仕事です。

まずは企画を立ててからOKを貰って作っていくのが基本になりますので、こういうデザインにしたい、という企画をプレゼンする能力が求められることもあります。

コミュニケーションには苦労するかも…でも2週間もあればすぐ慣れるよ!

職場でのコミュニケーションが大事な仕事なので、特に初めてのバイトのひとは人間関係を作るのにちょっぴり苦労するかもしれません。でもこれはどのバイトでも同じなのであまり心配いりません。

2週間もあれば緊張も抜けて仕事の流れも分かってくるので、自然と他の人とのコミュニケーションも取りやすくなりますよ。

デザインバイトは実際のところ稼げる?稼げない?平均時給は1000円が相場!

デザインバイトの時給は都内だと1000円くらいが相場になりそうです。デザインが採用されたり、パソコンの扱いがよくなると時給をプラスしてくれるところも多いですね。

最初の時給でもそれほど低くはないですし、シフトに自由が利くところが多いので上手にシフトを組めば十分稼げる仕事だと言えるでしょう。

時給を上げるためにはどうしたらいい?ポイントは仕事をこなすこと!

デザインバイトで時給を上げたいのであれば、実力を見せることが大事になります。

成果物が目に見える仕事ですし、相手からの評価も下るので、きちんとした仕事をするひとは会社も時給を上げて残したいと考えます。目の前の仕事のひとつひとつを大切にして、自分のできる精一杯のデザインを仕上げましょう。

また、他のひととの共同作業などでも見られているので手を抜かないようにしましょう。

デザインバイトの一日をご紹介!

デザインバイトは会社によって始業時間が違いますが、9時頃など一般的な会社のスタート時間からバイトのシフトが開始するところが多いようです。

バイトに入ったら与えられた仕事を企画書通りに進めることもありますし、企画から任されることもあります。時間帯によってどこが忙しいなどは基本的になく、ずっと目の前の仕事をこなします。

デザインバイトの面接は突破しやすい?合格率向上の秘訣はこれだ!

デザインバイトの面接はスキルのあるひとがどうしても優先される傾向にあります。

今募集が多いのはどうしてもパソコンを使ったお仕事です。そのためデザインに使うソフトの使用経験があったり、HP作成の経験がある場合はアピールしていくといいでしょう。

また、服装自由の会社が多いですがあまりにも清潔感を欠く服装はやめたほうが無難です。

まとめデザインに興味があるならおすすめ度は90%以上!

デザインバイトについてご紹介しましたがいかがでしたか?デザインバイトは自由度が高く、また学歴や経験不問のところが多いので応募しやすいバイトです。

デザインに興味があるひと、特にパソコンなどを使いなれているひとには特におすすめです。少しでも興味がある方はぜひ応募してみてはいかがでしょうか?

※ なおアルバイトを探すならマッハバイトがおすすめ。マッハバイトなら採用時に最大1万円が受け取れます。

また、アルバイトに応募するなら3件の応募をしましょう。無理のない面接スケジュールで、安心してアルバイトを始められます。

>>祝い金をすぐに貰えるのはマッハバイト。最短1日で受け取れます。

RELATED POST