職種・業種別バイトの評判

警備員バイトのおすすめ度は何%?楽?きつい?評判を徹底解説!

警備員のバイトには3つあります。それは、施設警備のバイトと交通誘導警備のバイト、イベント警備のバイトです。それぞれによって楽なポイントやきついことといったメリットデメリットが存在します。

そのため、おすすめするポイントも変わります。そこで自分に合った警備員のバイトを探しているひとのために、今回は警備員のバイトについて紹介していきます!

警備員バイトはぶっちゃけきつい?楽?やりがいやおすすめのポイントとは?

警備員のバイトは簡単な仕事である一方でやりがいを感じることは難しいかもしれません。警備員バイトでは、誰にでもできる仕事である場合が多いためです。そのため業務の中で特別なスキルが必要になることや、自分のスキルがあがるといったことはあまりないでしょう!

それ故に楽なバイトでもあるため警備員バイトのおすすめのポイントや楽なポイント、やりがいについて紹介します!

警備員バイトのおすすめポイントは誰にでも出来ること!

警備員バイトのおすすめポイントは誰にでもすぐに出来ることです!施設警備や交通誘導警備、イベント警備にしても、特別なスキルが求められる事は少ないです。

そのため、警備員のバイトではただ座っているだけ、ただ立っているだけといった場合もあります。その上拘束時間が長い反面、1日で多くの収入を得ることもできます。勤務形態にもよりますが、夜勤の場合もあり、休憩の時間を考慮したとしてもかなりの時間働くことが出来ますよ!

それに加えてシフトの融通がききやすいといったことがあります。中には毎週シフトを提出する職場もあり、急な予定が入ったとしても対応しやすいといったこともおすすめポイントです!

夜勤は警備員バイトのきついところ

警備員バイトにとって夜勤はきついところといえるでしょう!夜勤のバイトでは、生活リズムが崩れてしまうことで、日常生活に支障が出てしまう場合も少なくありません。

また、深夜になると眠くなってくることや、暇すぎてやることがなく退屈に感じてしまうこともあるかもしれません。こうした意味では深夜に眠くなって暇になっても眠気を覚ますことの出来る人や、ある程度生活リズムが乱れたとしても日常生活に支障が出にくい人にはおすすめのバイトであるといえるでしょう!

また、バイトで忙しいことが嫌な人で暇な時間をぼーっと過ごして稼ぎたいといった人にも向いていると言えます!このように生活リズムが乱れることなど夜勤は警備員バイトのきついところです!

警備員バイトの楽なポイントは簡単な仕事が多いこと!

警備員バイトの楽なポイントとしては、簡単な多い事です。加えて暇な時間も多くぼーっと立っているだけ、あるいは座っているだけといった場合もあります!暇な時間が嫌いな人にとっては逆にきついかもしれませんが、自由な時間が好きな人にとっては楽なポイントであることが言えます。

また、誰にでも出来る仕事が多く、特別なスキルを求められることや、飲食店のようにピークで忙しい時間帯などがあまりありません。

それに加えて、勤務時間も長いため楽に稼げることが楽なポイントです。中には自由な時間で自分の事をする時間が許されている職場もあるため、自由な時間をうまく使える人にはおすすめです!このようにやることが簡単で暇な時間が多い事は、警備員バイトの楽なポイントでしょう!

人々の安全を守ることがやりがいにつながる!

警備員バイトでは、人々の安全を守ることが第一です。警備の仕事の中であまり遭遇しないかもしれませんが、施設警備のバイトでは、不審な人がいた場合や犯罪者がいた場合には即座に捕まえることが仕事です。交通誘導警備のバイトでは、安全な通行が出来るように誘導することが仕事です!これらの安全に対する意識を強く感じることで、警備員のバイトのやりがいにもつながります。

単に退屈だなと思ってしまう人にはあまり向いていないかもしれませんがこうした人々の安全に貢献したい、安全に対する意識を高めたいといった人にはおすすめのバイトであることが言えるでしょう!

警備員のバイトの仕事内容とは?苦労するポイントと慣れるまでの時間を解説!

警備員の業務内容は複雑ではありません。しかしながら、警備の内容によって仕事内容が異なるのと、苦労するポイントなども異なります。またこれらの仕事の前には必ず研修があり、この研修は法律で定められています。

それに加えてロールプレイング形式である場合が多いため、恥ずかしいかもしれませんが、それさえ終わってしまえばすぐに働くことができます!

主な仕事内容は巡回と誘導!

警備員のバイトでの仕事内容は大きく分けると巡回と誘導です。交通誘導警備では、工事現場やショッピングセンターが主な職場です。この交通誘導警備では、安全に交通の誘導することが主な仕事内容です!

イベントの警備業務では、開催場所に多くの人混みができ、混乱を招いてしまうことにもなります。このような事態が起こらないために、イベント警備員のバイトでは来場者の誘導や駐車場管理、立ち入り禁止区域の監視を行います!

施設警備員のバイトでは、ショッピングセンターやオフィスビルといった場所で、営業していない時間帯の監視業務が主な仕事内容です。しかし、常に巡回しているわけではなく、決められた時間に巡回するのが仕事です!

長い勤務時間は苦労するかも…でも1か月もあればすぐ慣れるよ!

警備員の仕事は、勤務時間が非常に長い事が特徴です。特に、施設警備員であれば、決められた時間に巡回するだけで、あとの時間は自由な時間である場合が多いです。

しかしながらイベント警備員のバイトや交通誘導警備員のバイトの場合は、勤務中は立ちっぱなしの事が多く、屋外業務であるため、暑い日は厚く、寒い日は寒い事に加え雨が降った場合は常に雨に打たれ続けます。こうした長時間の労働に慣れるには1か月程勤務すれば慣れることでしょう!

また、長時間働くことに慣れている人や1日で多くの勤務時間で稼ぎたい人にとっては向いていることが言えます!

警備員のバイトは実際のところ稼げる?稼げない?平均時給は1000円が相場!

警備員のバイトは稼げるでしょう!平均時給は、首都圏であればほとんどの場合1000円を超えます。警備員のバイトの平均勤務時間としては、イベント警備員のバイトの場合は、イベントの前後だけの勤務になる場合が多く他の警備員のバイトよりも少し時間が短くなる場合がありますが、4時間から5時間程度です。

交通誘導や施設警備の警備員のバイトでは、数時間から8時間まで幅が広いため、応募する際は確認した上で応募することをおすすめします!

このように警備員のバイトでは勤務時間が長くなることに加えて、時給は高いため1日で多くの収入を得ることが出来るのがポイントです!

時給を上げるためにはどうしたらいい?ポイントは資格を取得すること!

警備員の業務には、資格が存在します。一般的な仕事であれば、事前研修を受けることで誰にでもすぐにバイトを始めることが出来ますが、出来る仕事が限られます。警備に関する資格である警備業務検定か警備員指導教育責任者の資格を取ることで、仕事の幅が広がるため、これらの資格を取得すれば時給アップにつながります!

警備業務検定の場合は国家資格ですが、合格率は75%程度で、講習を受ける場合は90%程度であることが言われておりあまり難しい資格ではありません!そのためこの資格を取得するのが時給を上げるには手っ取り早いことが言えるでしょう!

警備員バイトの一日をご紹介!

施設警備員の場合

  • 出勤(9時頃)
  • 休憩(13時から15時頃)
  • 退勤(17時から21時頃)

施設警備員の場合(夜勤)

  • 出勤(20時頃)
  • 途中休憩(24時頃)
  • 退勤(5時頃)

交通誘導警備員の場合

  • 出勤(8時から9時頃)
  • 休憩(工事を行う会社に準ずる)
  • 退勤(17時頃)

交通誘導警備の場合(夜勤)

  • 出勤(17時頃)
  • 休憩(工事を行う会社に準ずる)
  • 退勤(5時頃)

といった流れで行われますが、職場によって異なります。イベント警備員については、イベントの時間の前後2時間から3時間程度で休憩はイベント中といった形です。

このように警備員バイトの1日は長いことがポイントです!

警備員バイトの面接は突破しやすい?合格率向上の秘訣はこれだ!

警備員バイトの面接の合格率向上のためには、体力に自信があることや、多くシフトを入れられること、資格を取得したいといったことをアピールすることで合格率は高まるでしょう!

警備員のバイトは、交通誘導警備やイベント警備においては特に体力が必要になるため、この2つの業務においては特に有効でしょう!また、募集している職場が人手不足である場合には、シフトをたくさん入れられる旨を伝えることで合格率が高まるといえます。

それに加えて、警備員の現場では一定数以上の資格取得者がいることが義務付けられているため、警備の資格取得の意志があればそれを伝えることで合格率は高まるでしょう!

まとめ体力がある人や稼ぎたい人ならおすすめ度は90%以上!

警備員のバイトには楽な仕事が多いですが、体力は必要になります。特に施設警備員であれば座っている時間があり、自由な時間が多いですが、交通誘導警備員やイベント警備員といった仕事の場合は、屋外で立ちっぱなしであるため、体力が必要になります。

また、仕事の時間は長く、時給が高いため、1日でたくさん稼ぎたい人にはおすすめのバイトです!

加えて、警備の資格などを取得することのよって時給が上がるだけではなく、仕事の範囲も広がるためさらに稼げるようになります。

このように警備員のバイトは長時間ですが多くの収入を見込めます!体力に自信がある方や1日で多く稼ぎたい人は警備員のバイトをしてみてはどうでしょうか。

※ なおアルバイトを探すならマッハバイトがおすすめ。マッハバイトなら採用時に最大1万円が受け取れます。

また、アルバイトに応募するなら3件の応募をしましょう。無理のない面接スケジュールで、安心してアルバイトを始められます。

>>祝い金をすぐに貰えるのはマッハバイト。最短1日で受け取れます。

RELATED POST